腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

冷えにも負けない体つくりのために入浴剤は効果的なのか?検証してみました!

   

HP ドクターアロマバス リラクゼーション 500g

これから秋の季節に入ろうとしています。

この季節の変化で体調を整えることは簡単なことではありません。

日本は4つの季節がはっきりしているからこそ季節に合った対処法が必要とされています。

そこで強い体は誰もが求めるものです。

ではどうすれば強い体を作ることができるのでしょうか?

確かに食事療法や運動それに生活習慣の改善などがありますが、今回は入浴剤でそれが可能なのか検証してみました。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

強い体つくりに体を温めることは重要なポイントなのか?

強い体といえば、なかなか風邪を引かない人など病気になりにくい人を思い浮かべるものです。

このように抵抗力の強さが強い体つくりの基本であるとは確かに言えます。

では、体を温めることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

体を守る大きな役割を果たすのが白血球であってそれはご存知の通り血液中に存在します。

その数は個人差があるものの1兆あるいは2兆も存在しておりこれらが外界から侵入する敵を攻撃してくれて体を守ってくれるような働きを持っています。

ここで、気づいておきたいのが血液の流れが悪くなると当然、白血球の流れや動きも悪くなるという点です。

そうなると体のディフェンス力は下がります。

そして、病気になりやすいわけです。

つまり体を温めるのなら血液の循環が良くなって、白血球が体中を動き回り、体を守ってくれるように助けることができます。

身体を温めることは白血球の動きを活性化させ、結果的には自分自身を守るというサイクルです。

では、体が冷えるとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

体が冷えるとどのようなデメリットが存在するのか?

先ほど、触れたように血液の中で流れて体を守ってくれる白血球の存在は健康を守るうえで不可欠です。

流れが悪くなるということはこの白血球が滞ることになります。

身体のディフェンス力は当然悪くなります。

また、ここで忘れてはならないのが血液の流れが悪くなるとこは白血球だけでなく、酸素や必要な栄養素も運んでくれるということです。

このような必要不可欠な諸要素も身体全体への巡りが悪くなり、健康上の悪化へと繋がります。

さらに老廃物も効率よく排出するという上でも血液の流れが良くなることは重要です。

このように冷えることでこれほどの悪循環があるということは、身体への影響ということでまとめてみると以下のようなコンディションを作り出すこととなります。

風邪を頻繁に引く、いつも元気のないネガティブな思考になりやすいような状況へと陥ります。

日本人は体が冷えやすい環境下にある

上記でご説明した様な人は意外と私たちの周りに多くいるのではないでしょうか?

実は日本はこのようなコンディションをもった若者が多くいます。

体温が35度という方です。

それは、身体が冷えやすい環境に自分の身を置いているからです。

例えば冷房の過度な使用、体の冷えやすい飲食をよく口にする、露出の多い衣服、アルコールを飲む時間が遅すぎる、などがあげられます。

もしかしたら自分の生活スタイルがそれに近いと感じられた方もおられるかもしれません。

これらの生活習慣は体を冷やしてコンディションを悪化させる原因ともなっています。

体が冷えることでどのような病気になる可能性があるのか?

血液の流れが悪くなることで、新陳代謝が悪くなり、体の中に毒素が溜まりやすくなり、腎臓や肝臓の機能にも影響を与えます。

では、実際にどのような病気になる可能性が高まるのでしょうか?

うつ病‐以外かもしれませんが、この病気になるリスクは高まるようです。

もちろん、断定して言えないものの現代の生活習慣からこのタイプの病気を抱える人が増えることを考えるとありうる問題でもあります。

アレルギー‐これもやはり毒素が体内に溜まることから生じる問題であって、現代病の大きな原因へとなっています。

動脈硬化‐血液の流れが悪くなることから起きる問題で、これから寒くなる季節に対してそのリスクは高まります。

まだ、これら以外にも問題は存在しますが、いずれにしても身体を冷やすことは危険で、秋そして冬へと移るこの季節において体を温めておくことは問題の回避のために重要な健康法です。

入浴剤は体を温めるのに効果を発揮するのか?

では、どうすれば体を温めることができるのか?

そしてそれを維持するうえで入浴剤は効果があるのか?

といった疑問を持ちます。

ここで、答えをお伝えすると効果ありと言えます。

しかし、ただ入浴剤の入った浴槽に浸かれば良いというものではないようです。

ここでお伝えしたいのが、正しい入浴方法と正しい入浴剤を選択することです。

というのが熱すぎるお風呂に入ってすぐに浴槽から出てしまうのなら、入浴後に短時間で体が冷えてしまう可能性が高まります。

だからこそ良く勧められているのが半身浴にて20分ぐらいぬるま湯で入浴することです。

また、入浴剤でも炭酸系、あるいはミネラルの豊富な入浴剤は保温効果に加えて保湿効果もあって、これから乾燥する季節にむけて効果的な入浴剤であるといえます。

では、どういった入浴剤が秋にむけて身体を温めるために良いのでしょうか?

いくつかをご紹介します。

ナノ水素H2スパ

ナノH2スパ 水素入浴剤(1キログラム特大パック) 約20回分(50g×20回)

こちらの入浴剤で作られる湯は高濃度の水素を作り出してくれます。

この入浴剤の特徴として下呂温泉の湯の成分に近いものを作り出してくれるようです。

しかも、その水素系の湯の効果は割と長めで2時間以上は効果を維持してくれるようです。

一時期水素の効果は期待をもたれブームとなりましたが、効果そのものを知ると、まだまだ健在でお風呂に入浴後の保温効果を実感されるのならまだ使用する価値があると思われるはずです。

この水素の力はその細かすぎる水素分子が皮膚の中に浸透するからこそ保温を大いに期待できるようです。

発汗作用も期待できるようで、身体が芯から温まっていることを実感できるはずです。

また、この入浴剤を使ったときに気泡があまりにも多く出来上がる様子を見て驚かれるはずです。

一度は試してみる価値のあるおすすめできる入浴剤です。

DR AROMA BATH

HP ドクターアロマバス リラクゼーション 500g

その名のとおりアロマだからこそ香りでリラックス効果も期待できる入浴剤です。

乾燥肌、肌の荒れなどに対して効果的なフランキンセンス、ベルガモット、ローズウッドなどが配合されています。

そして、有効成分として硫酸ナトリウムで体内の血流を良くして体を温めて免疫力をアップさせます。

また、重曹も含まれていることからもちろん温めてくれますが、それだけでなく清浄効果もあって肌を清潔に保つよう促してくれます。

こちらは一日の仕事の疲れやストレスをリセットしたい方に秋のシーズン女性の方におすすめしたい入浴剤です。

生薬のめぐり湯

こちらは5須類の自然由来の生薬で保温するそして身体をケアすることに特化した入浴剤です。

身体をゆっくりと休めたいという方におすすめしたい入浴剤です。

効果にはリウマチ、しもやけ、あせも、痔、にきび、湿疹など皮膚や関節などにも良い効果のある入浴剤となっています。

こちらの商品を開発した松田医品薬が厳格な品質管理のもと出来上がったものなので安全面でも期待できます。

さらに高品質の裏付けとして40年もの研究と開発によって得られたという点も見逃せません。

紅花、生姜、唐辛子、艾葉、ダイウイキョウといった生薬によって血行促進を促し身体を癒してくれます。

芯から温めたい方におすすめしたい入浴剤です。

まとめ

身体を冷やすことが一般的に促進されている現代社会において身体を温めることは容易ではありません。

さらに秋の季節は過ごしやすいですが、夏の疲れが一気に出てくる時期でもあります。

だからこそ体調を管理するために身体を温める意識を持っておきたいです。

この意識を維持し温めることを習慣化するうえで効果的な方法が入浴剤の活用です。

これは賢い方法の一つだと言えます。

入浴剤を使って体調を管理し強い体を維持していきましょう!


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤