腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

冷えると関節痛が起こる!?冬に膝痛が起こる原因や膝が冷える原因とは?

   

HEATKING サポーター 膝 関節 温熱 カイロ ウォーマー 左右セット 軽量バッテリーで 発熱 あったか 4段階温度調整 遠赤外線 防寒 温め 【PSE適合】

膝の冷えは膝痛に繋がることがあります。

そのため、寒い時期になると膝が痛くなるという方は少なくありません。

膝の痛みは辛く感じてしまうことがあるため、少しでも軽減させることが大切になります。

それでは、なぜ膝が冷えることにより、膝痛が起きてしまうのでしょうか?

ここでは、そのことを詳しく解説していきますので、冷えで膝が痛むという方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝が冷えて膝痛が起きる原因

自律神経の影響

人間には自律神経という神経があり、交感神経と副交感神経で成り立っています。

主に、活動的になる時や緊張状態、ストレスを受ける時などに優位になるのが交感神経になります。

それに対し副交感神経が優位になる時は、くつろいでいる時などリラックスをしているときです。

そして、自律神経が乱れたり、ストレスを受けたりして交感神経が優位になると、関節痛が起きてしまうことがあります。

それは、交感神経が優位なると、筋肉が固まってしまうことがあるからです。

筋肉が固まると血管が細くなり、血液の流れは悪くなります。

血液は酸素を運ぶ役割をしているため、血液の流れが悪くなると筋肉にしっかりと酸素を届けることができなくなります。

筋肉に酸素がしっかりと届かなくなると、筋肉はさらに固まり縮まってしまいます。

そのことにより、血管が筋肉に押し込まれ、膝痛が起きるということになります。

血管の太さが変化すると血液の流れも変化します。

そして、血管の太さに影響を与えているのが自律神経になります。

自律神経は、気温や気圧の変化で影響を受けやすく、冬の時期は気温が低いので交感神経が刺激されてしまうことがあります。

このようなことから、膝が冷えて膝痛が起きる原因の一つに自律神経の乱れが考えられます。

ここまでの解説を読んで分かるかと思いますが、冷えの他にもストレスが膝痛の原因になってしまうこともあります。

それは、ストレスを受けると交感神経が働き、筋肉が固まりやすくなってしまうからです。

運動不足が原因

冬のような寒い時期は、体を動かすのが面倒になります。

そのため、朝起きる時、布団から出るのに時間がかかるという方もいることでしょう。

あまり体を動かさずに運動不足になると、筋肉は硬くなりやすくなります。

前述した通り、筋肉が固まってしまうと血管は細くなり、血液の流れは悪くなってしまいます。

そのため、膝などの関節痛の原因になってしまうので、寒い時期でも適度に体を動かして運動不足を防ぐことが必要になります。

変形性膝関節症の初期症状が原因

夏のような暑い時期には膝痛が起こらず、冬のような寒い時期に膝痛が起こるというのは、変形性膝関節症の初期症状が原因として考えられます。

膝が冷えると当然血液の流れは悪くなり、筋肉は硬くなります。

そうすると膝への負担は大きくなります。

血液は栄養や酸素を運んでおり、血液の流れで老廃物を排出する働きを高めていますが、血液の流れが悪くなるとそれらの働きは低下してしまいます。

また、血流が悪いと痛み物質が流れにくくなるので、炎症が悪化してしまう恐れがあります。

このようなことから、変形性膝関節症の初期症状になっていると、膝が冷えることにより膝の痛みを強くなってしまうことがあります。

厳冬になると体調を崩す人が増えるくらい、体が冷えることは健康に深く関係しています。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝が冷えてしまう原因とは?

寒い環境にいるのが原因

膝が冷えてしまう原因の一つは当たり前のことになりますが、寒い環境にいることが原因となります。

寒い時期はただでさえ膝は冷えやすくなりますが、ミニスカートを穿いていたり薄着をしていると余計冷えやすくなります。

また、夏のような暑い時期でも、エアコンがによって膝が冷えてしまうことがあります。

そのため、寒い環境では膝がなるべく冷えないように服装に気を使ったり、温熱効果に優れたサポーターを使ったりすることをおすすめします。

膝周辺の筋肉量が少ないのが原因

筋肉が少ないと血行は悪くなり、代謝も悪くなります。

筋肉が多くついていた方が血流は良くなり新陳代謝も上がり、太りにくくなります。

このようなことは、身体の熱量にも深く関係しており、筋肉量が少ないと身体は冷えやすくなります。

そのため、膝周辺の筋肉量が少ないと膝が冷えやすくなるのです。

自律神経の乱れが原因

前述した通り、ストレスを感じて交感神経が刺激されると、血流が悪くなり膝痛を起こすことがあります。

そのため、ストレスや疲れなどで自律神経が乱れると、膝の冷えに繋がることもあります。

姿勢が悪いのが原因

猫背のような悪い姿勢は、血流が悪くなる原因となります。

姿勢が悪いことにより、余計な部分に負荷がかかり続けて筋肉が固まりやすくなります。

膝は本人の体重を支えている関節なため、姿勢が悪いと膝関節に負担はかかりやすくなります。

バランスの悪い姿勢は膝に余計な負担をかけ、血液の流れを悪くし、膝が冷える原因となります。

体が冷えやすい食べ物を多くとっているのが原因

体を冷やす食べ物は、トマト・キャベツ・レタス・きゅうり・こんにゃく・梨・スイカなど色々あります。

これらは、身体に良い栄養素が含まれているので適量食べることは大切なことですが、アイスクリームや冷たい飲み物などは体の中から冷やしてしまいます。

そのため、アイスクリームの食べ過ぎや冷たい飲み物の飲みすぎは、胃腸を冷やして全身が冷える原因となるので注意しましょう。

膝を冷やさないようにする生活について

サポーターを使用する

サポーターといっても、固定力に優れているものや、温熱効果に優れているものなど色々あります。

その中でも、膝の冷えには温熱効果に特化したサポーターがおすすめで、膝が冷えるのを防止する効果があります。

そのため、膝が冷えると痛みを感じるという方は、温熱効果に特化したサポーターを使うと良いでしょう。

また、体が冷えにくい服装をすることも大切になります。

お風呂で温まる

現在は、湯船に浸からずにシャワーで済ませてしまう人は多くいます。

ですが、湯船に浸かることは冷えには有効になります。

37~39度のぬるめのお湯で、比較的長い時間半身浴するのがおすすめで、そうすることにより体の芯から温まることができます。

そして、お風呂から上がったら、体が冷えないように注意しましょう。

変形性膝関節症の予防について

冬のような寒い時期に膝が痛む原因の一つとして変形性膝関節症があります。

変形性膝関節症は、加齢や生活習慣などによって関節軟骨がすり減り、変形してしまう症状になります。

変形性膝関節症の予防としては、生活習慣を改善することが大切になります。

肥満の人は膝に負担がかかりやすくなるので、肥満を解消するように努め、栄養不足の人は膝が脆くなり膝痛を起こしやすくなるので、栄養バランスの良い食生活を送ることが必要になります。

そして、運動不足の人も、膝が弱く脆くなっているので、適度な運動をして膝を強くする必要があります。

その際、激しい運動は禁物です。

激しい運動は逆に膝を痛めてしまう原因となるので、ウォーキングや軽い筋トレなど適度な運動をしましょう。

また、悪い姿勢を直すことも大切になります。

まとめ

冷えは体に悪い影響を与えてしまうことがあり、膝痛を悪化させる原因にもなります。

普段の服装や食生活、お風呂など色々な方法で体が冷える対策をすることができるので、できることから始めてみましょう。

もし、膝の痛みが酷い場合は、放っておかずに整形外科のある病院に行くことをおすすめします。

それは、放っておくと、膝痛がどんどん悪化していく恐れがあるからです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ