腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

冷え性なのに猛暑は普通の人と同じようにアツい!そんな悩ましい体質の人にピッタリの入浴剤、冷却入浴剤について

   

クナイプ バスソルト ミントの香り 850g

冬の寒い時期には冷え性の人にとって、身体の芯から温まり湯上りもホカホカする入浴剤はまさに必須アイテムですが、猛暑が来るとこのような温浴効果と湯冷め知らずのホカホカした効果のある入浴剤では熱中症になってしまう、と思っている人も多いのではないでしょうか?

そこで夏には夏にふさわしい入浴剤を使用するのがおすすめです。

今回は冷え性なのに猛暑は普通の人と同じようにアツい!

そんな悩ましい体質の人にピッタリの冷却入浴剤について紹介したいと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

冷え性を改善したいけど、真夏の入浴は暑過ぎて…

冷え性を改善したいと思っていても、真夏に長時間湯船につかっているのって結構体力消耗してしまいます。

できればさっさと湯船から上がりたい、そう思う人も多いでしょう。

しかし冷え性の人がシャワーだけで済ますのは良くありません。

また外は暑くても室内は冷房が効いていて、身体はどんどん冷えを加速してしまいます。

では冷え性の人が湯船につかっても苦にならない入浴剤には、どのようなものが良いのでしょうか?

検証してみたいと思います。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

深部体温を正常値にすることが大切!

皆さんは深部体温という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

深部体温とは身体の中心部の体温のことで、皮膚の体温を示す表面体温とは温度に違いがあります。

人の深部体温は39.6度くらいと言われていますが、表面体温はこれより温度が低くなっていて手や足の温度はさらに低くなる傾向にあります。

人間は冷気に触れるとまず手や足の表面体温が下がり、深部体温を高めようとします。

反対に暑くなり過ぎて表面温度が上がると汗をかいて深部温度を低くしようとしますが、深部体温が高くなり過ぎて正常値を超えると熱中症を発症する危険性が高まります。

ただし猛暑の暑さにガマンができないからといって入浴をシャワーで済ませたり冷たいものを摂り過ぎたりすると、深部体温を高めようとして手足の表面体温が下がったままになり冷え性の原因になってしまいます。

従って深部体温を39.6度前後と正常値に保っておくことが、冷え性を解消する大切なポイントになのです。

深部体温を下げ過ぎず、上げ過ぎない入浴の仕方

夏の暑い時期の入浴は、冬よりもお湯の温度を低めにして入るのがおすすめです。

温度は38℃から40℃くらいにして、半身浴と全身浴を交互にすると身体に負担が掛からず、お風呂上がりに汗が止まらない!

アツい!

と不快な思いをせずに済みます。

また半身浴も暑い時期には15分から20分程度にとどめておきましょう。

あまり長湯をし過ぎると深部体温が上がり過ぎて、熱中症の原因になるので要注意です。

ところで暑さをしのぐのに水風呂に入ったり、水のシャワーを浴びたりする人も中にはいるようですが、長時間すると冷え性が悪化してしまいますので5分前後とごく短時間で済ませるのが望ましいでしょう。

冷却入浴剤で、涼しげな入浴タイムを!

夏の暑い時期には湯船で過ごす入浴タイムが苦痛にさえ思えることもありますが、冷却入浴剤を入れたぬるめのお湯に入れば涼しげな入浴タイムを過ごすことができます。

お風呂上がりも発汗する時に涼感を得ることができるので、いつまでもダラダラとした不快な汗に悩まされることがありません。

さらに涼感を得ながら温浴効果と血行促進効果が得られ、深部温度も適切に保つことができるので冷え性の改善にもつながります。

また冷却入浴剤の中には発汗作用があるだけでなく、発汗後の肌をサラサラさせる作用のある入浴剤も登場していますので、より夏の入浴タイムを快適に過ごすことができます。

猛暑も何のその!選りすぐりの冷却入浴剤を4つ紹介!

それでは夏の快適なお風呂のおともとして最適で、冷え性の人にもおすすめの冷却入浴剤を4つ紹介したいと思います。

今から紹介する冷却入浴剤を使用すれば、きっと夏バテ知らず、冷え知らずのステキな夏が過ごせるでしょう!

クナイプバスソルトミントの香り

クナイプ バスソルト ミントの香り 850g

天然ミネラルをたっぷり含んだ岩塩を使った、日本でも人気のドイツ製バスソルトクナイプ。

ミネラルの優れた温浴効果と血行促進、発汗効果で冷え性の症状が緩和されると同時に、天然ハーブミントのエッセンシャルオイルが汗でべたべた・ねっとりしがちな肌を清潔にしてすべすべ素肌に仕上げます。

また入浴後はスーっとした清涼感が広がり、肌がキュッと引き締まって心地良い涼しさが得られクーラーも必要ないほど。

天然ハーブミントの作用で肌はスーッとしますが、刺激は少なく保湿効果があるので日焼けでダメージを受けた肌にも安心の冷却入浴剤です。

きき湯冷泉炭酸湯スパリラックス

きき湯 冷泉炭酸湯 スパリラックス ウォーターリリーの香り 360g 入浴剤 (医薬部外品)

バスクリンから発売されている濃厚な炭酸ガスが冷え性に効果バツグンと好評の入浴剤で、夏の入浴にピッタリの冷泉炭酸湯が楽しめる処方になっています。

温泉ミネラルの重曹・ミョウバンに加え、細かな泡が無数に発生する炭酸ガスが温浴効果を高めて血行を促進して、頑固な冷え性を改善していきます。

38℃のぬるめのお湯でも血行がかなり良くなるうえに、茶エキスと清涼剤のメントールが湯上りの肌をさっぱりさせ、汗が出てくると同時にすがすがしい冷感を感じることができます。

またミョウバンには消臭効果もあることから、発汗後は肌がサラサラして体臭も気にならなくなります。

入浴中も身体が温まり過ぎず、スパに入っているような快適なひとときが過ごせます。

薬用バブ メディケイティッド冷涼クール

バブ メディケイティッド 冷涼クール 6錠入

通常のバブに比べると炭酸ガスの泡の数が10倍あるという、高濃度炭酸ガスの効果が冷え性のつらい症状を緩和してくれる冷却入浴剤です。

清涼剤のメントールに加えてレモングラスのさわやかな香りが、夏の入浴を快適にしてくれます。

こちらの入浴剤もお湯の温度を38℃にして入浴するのがおすすめ。

ぬるめのお湯でも高濃度炭酸ガスの効果で深部体温を高め過ぎずに血行を促進し、冷え性をしっかり改善できるような温浴効果を実感することができます。

入浴後は清涼感と同時にだるさも解消されて、身体が軽くなった感じが実感できます。

バスロマンスーパークールタイプ

アース製薬 バスロマン スーパークール タイプ 850g

冷え性だけれども暑がりなので夏場はあまり長く湯船に入っていられない…そんな人にぜひおすすめしたいのが、アース製薬のバスロマンスーパークールタイプです。

バスロマンスーパークールタイプを入れたお湯だと、38℃くらいのぬるめのお湯に10分ほど入るだけで冷却効果と同時に温浴効果が十分実感できます。

この冷却入浴剤にはひんやり冷感メントールが一缶の中に8500mgとたっぷり配合されているので、入浴後はスーッと汗が引くような格別な涼しさを実感できます。

猛暑で汗が止まらないような時にはまさにピッタリで、眠る前に入浴すると汗で肌がべたつくのも解消されるので寝苦しさも回避できそう。

さらに炭酸水素ナトリウムの働きで温浴効果もしっかり得られるので、暑がりで冷え性の人にはまさにうってつけの冷却入浴剤です。

ところでメントールがたっぷり配合されていると肌に刺激を感じないかと心配されるかと思いますが、バスロマンスーパークールタイプはアレルギーテスト済みで、お湯の塩素を除去する成分も含まれていますので、肌に刺激を与える心配もなく快適な入浴タイムが過ごせます。

冷却入浴剤を使用する時に気を付けたいこと!

冷却入浴剤を入れたお風呂に入った後は、涼感を得られるためにエアコンが必要ない時間が結構過ごせるようになります。

しかし涼感はあくまでも体感的なもので、エアコンを使用しなければいけない場合は適切につけることが大切です。

涼感だけに頼って高温の室内で長時間過ごしていると熱中症にかかる危険性もありますので、たとえ冷え性の人でもエアコンが必要な時は我慢し過ぎずに使用するようにしましょう。

まとめ

冷え性を改善しようと思っている人の中には、冬場使用していたのと同じ入浴剤を使用しているという人も少なくないと思います。

ところが夏場はいくら冷え性でも、暑さから入浴するのがおっくうになるという人も多いようです。

そこで冷却入浴剤を使用することで、ずいぶん入浴タイムが楽になります。

温泉ミネラルを配合した冷却入浴剤を入れれば38℃くらいのお湯でも湯冷めしにくく、冷え性も改善されるうえに

メントールやミョウバンの働きで汗がスーと引き涼しく過ごすことができます。

いままで冷却入浴剤を使っていなかった冷え性の人は、この機会に使ってみて快適な入浴タイムを体感してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤