腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

加齢によって起こる膝痛を和らげる秘訣はサプリメントの活用法にあった

   

オリヒロ 高純度 グルコサミン 徳用 900粒(90日分) [機能性表示食品]

年齢と共に体のあちこちに衰えが出てきて、膝などの関節痛を抱えている方もたくさんいらっしゃいます。

関節痛の中でも、負荷がかかりやすく動かす頻度が高い膝の痛みに悩む方がかなり多くを占めています。

最近では膝痛を和らげてくれるサプリメントがありますから、上手に活用していきましょう。

そんな膝痛の原因やサプリメントの働きなどについて紹介します。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝の痛みが起きる原因

膝軟骨の磨り減り

ただ歩いているだけでも膝には負荷がかかっていますし、立ったり座ったりの動作は日に何度も行われています。

これだけ動かす機会の多い膝は年齢と共に老化の影響を受けやすいのです。

膝がスムーズに動いてくれるのは骨と骨とをつないでいる関節のおかげです。

その関節の周りには軟骨があり、関節が滑らかにスムーズに動けるよう潤滑油のような役目をしてくれたり、衝撃を吸収してくれたりしています。

日々の生活で酷使されがちな膝は年齢と共に軟骨が磨り減ってきて、関節同士がダイレクトにこすれるようになり、炎症や腫れが起きて痛みを感じるようになります。

足や膝周辺の筋肉の衰え

膝周りを支えている筋肉も加齢によって衰えてきてしまいます。

通常だと膝周辺の筋肉は膝にかかる負荷をサポートしてくれています。

しかし、筋肉が衰えてしまうことで負荷が余計に膝にかかるようになり、膝痛が起きてしまいます。

また、加齢によって足全体の筋肉が衰えてしまいます。

膝は歩行にも重要な役割を果たしていて、太ももなどの大きな筋肉の衰えで歩行時の負荷が膝にかかってくるようになります。

その結果、膝の痛みを感じやすくなります。

加齢による体重増加

30代40代と年を取るにつれ体の代謝が悪くなってしまいます。

ライフスタイルが変化していないのに消費されるカロリーが少なくなりますから、内臓脂肪や皮下脂肪が付きやすくなります。

お腹周りを中心に下半身に脂肪が付いて体重が増えてしまうと、当然膝にかかる負担も増えることになります。

体重が1kg増えてしまうと膝にかかる負担は3kg増えると言われていますから、膝痛改善には体重を減らすのが効果的です。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛サプリメントの働き

膝痛の主な原因には軟骨の磨り減りや筋肉の衰え、体重増加などがあることが解りました。

このうち、筋肉の衰えは自分で少しずつ運動をしていけば筋肉を鍛えることができますし、体重も一緒に減ってくれて一石二鳥です。

しかし、軟骨の磨り減りを自分で何とかしたくてもなかなか難しいのです。

軟骨成分のグルコサミンやコンドロインチンを食事で補ってあげればいいのですが、なかなか食品からは取りにくい成分なのです。

また、頑張って食品から取ったとしても、体には吸収されにくいですから、食べた分が無駄になってしまう可能性もあります。

そこで、関節痛用のサプリメントの登場です。

膝痛を始めとして肩や腰など体のあらゆる関節痛や神経痛などを和らげてくれて、スムーズに関節が動くようサポートしてくれます。

関節痛用のサプリメントには食品からは取りにくい軟骨成分が豊富に含まれていて、1日に必要な摂取量をしっかり取ることができます。

また、体に吸収されやすいように作られていますから、食品のように有効成分が無駄になる心配もありません。

毎日サプリメントを飲んでいくと軟骨の再生や修復をサポートしてくれますから、軟骨の磨り減りが防止されて痛みが緩和されるという仕組みです。

膝痛用サプリメントの有効成分

グルコサミン

オリヒロ 高純度 グルコサミン 徳用 900粒(90日分) [機能性表示食品]

グルコサミンは膝などの関節痛のためのサプリにはだいたい含まれている成分で、軟骨の中に含まれている成分の一つです。

加齢によって少なくなってしまいますから、サプリメントで補ってあげるのが効果的です。

主に軟骨の修復や再生を活性化してくれて、軟骨の柔軟性を保っているプロテオグリカンという物質を作り出す元にもなっています。

軟骨そのものを健やかに保つためには必要不可欠な成分で、まずはこれが含まれている膝痛サプリメントを選ぶのがおすすめです。

コンドロイチン

【第3類医薬品】コンドロイチンZS錠 270錠

軟骨のクッション性を保つのに重要な役割をしているのがコンドロイチンです。

水分をたっぷりと蓄えて軟骨をみずみずしく保ち、軟骨の柔軟性を司る重要な物質です。

軟骨がクッション性を保っていられるのも、保水力の高いコンドロイチンがあるおかげです。

また、軟骨のすみずみに栄養などを運んだり、軟骨が分解されるのを防いだりする役目もしています。

グルコサミンとこのコンドロイチンは加齢によって量が減ってしまい、軟骨の磨り減りが起こりやすくなりますから、外からサプリなどで補ってあげると良いでしょう。

その他の保湿成分

メインとなるグルコサミンとコンドロイチン以外にも、関節痛に役立つサプリメントには豊富な保湿成分が含まれています。

ヒアルロン酸やプロテオグリカンは水分を蓄える作用を持っていて、軟骨のクッション性を高めて衝撃から関節などを守る役割をしています。

また、Ⅱ型コラーゲンも関節痛のためのサプリによく含まれている成分です。

軟骨の約2割を占めていて、肌や髪の毛などに含まれるコラーゲンとは少し違った構造をしています。

グルコサミンなどの軟骨成分の働きを高める作用がありますから、サポート成分として役立ってくれます。

膝痛用サプリメントの選び方

膝痛などの関節痛を和らげるためのサプリメントを選ぶ時にはまず、必須成分とも言えるグルコサミンとコンドロイチンが含まれているものを選びましょう。

それぞれに働きが異なっていますから、両方含まれているものの方が効果的です。

また、グルコサミンとコンドロイチンの配合量が多いものほど膝痛緩和にも期待できますから、配合量をポイントに選ぶと良いでしょう。

体への吸収力も重要なポイントです。

グルコサミンなどはそのままの形だと体に吸収されにくいですから低分子化されているなど、吸収力が高まるような工夫がされているものがおすすめです。

そして、プロテオグリカンなど、前述の保湿効果やサポート効果に優れた成分が一緒に入っているものほど、相互作用によって膝の炎症をやわらげてくれて、痛みを緩和するのに役立ってくれます。

ネットで公式サイトをチェックしてみて、サプリメントにどんな成分がどのくらい含まれていて、特殊な加工などがされているかどうかを調べてみましょう。

その中から、自分に合いそうだなと感じたサプリメントを購入して、続けて飲んでいくのが重要です。

適度な運動をプラス

膝痛の原因のところでも説明しましたが、軟骨の磨り減り以外にも筋肉の衰えや体重増加なども膝の痛みを強めてしまいます。

サプリメントを飲みながら適度な運動を取り入れることで、さらに膝痛を良くするのに役立ちます。

体に負荷が軽くて筋肉の衰えを改善できる適度な運動を行ってみましょう。

ウォーキングなら誰でもすぐに始めることができて、足腰を鍛えられますから、いつまでも元気な歩みができるようになります。

また、ウォーキングは有酸素運動ですから脂肪燃焼効果が高く、体重を減らすのにも役立ってくれます。

筋肉を鍛えながらダイエットまでできてしまって、膝の痛みの軽減にも役立ちますから、まずは短時間からでも始めてみましょう

まとめ

どうして膝痛になるのか、関節痛用のサプリメントがどう膝痛に作用するのかなどを見てきました。

サプリメントに含まれている主な有効成分はどれも、年齢と共に減少してしまいます。

そのため、外から効率よく補うためにはサプリメントを活用するのが一番ですし、適度な運動を取り入れるとますます効果が発揮されやすくなります。

自分の足でいつまでも元気に歩くためにも、サプリメントを上手に取り入れてみましょう


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ