腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

和楽の雲の魅力を紹介!機能・デザインを両立した座椅子?

   

【日本製】・リクライニング付きチェアー座椅子・和楽の雲・上・タスクネイビー

和室は日本文化の中でも重要な位置を占めていて、その空間には障子・畳・違い棚・掛け軸などがあるので、日本文化を代表するものがいくつもあります(違い棚や掛け軸などがない和室もあります)。

しかし和室は洋室とは違って、ソファーやパソコンチェアーを置く空間とは違うので、多くの方は座布団を利用しているでしょう。

しかし座布団を利用している時にあぐらをかいていたら、姿勢を崩す事によって、腰痛になる場合もあるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『和楽の雲』という座椅子です。

この座椅子はデザインが優れている上に、正しい姿勢をキープしやすくなっているので、詳しく紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

和楽の雲の機能

本製品は『リクライニング機能』を備えている事によって、正しい姿勢をキープしやすくなっている上に、優れた収納性を誇っています。

そこで本製品のリクライニング機能のメリットについて紹介するので、この座椅子を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

背もたれの角度を調整

座椅子を利用すれば、背中を支えてくれるので、ある程度まで姿勢が崩れないように座る事ができます。

しかし背もたれの角度が、あなたの身体に合わない場合には、背中や腰に大きな負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

そこで本製品はリクライニング機能を備えている事によって、自分の身体に合う角度まで、背もたれを調整する事ができるのです。

さらに本製品に座っている時に、腰が疲れてきた場合には、背もたれを180度まで倒して、背筋を伸ばす事もできます。

優れた収納性

座椅子を利用していれば、正しい姿勢をキープしやすくなりますし、背もたれによりかかる事でくつろぐ事もできます。

ただし座椅子を和室に設置したら、掃除をする際に邪魔になってしまいます。

そのため、和室で掃除をする際に、何回も座椅子を移動させなくてはいけないので、手間暇をかけてしまうので注意しなければいけません。

所が、本製品の背もたれは後ろ方向に倒すだけではなく、前のほうへ倒す事もできるので、テーブルの下に収納する事もできるのです(机の下の隙間が狭い場合には収納できない場合もあるので注意)。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

本製品のデザイン

本製品はリクライニング機能を備えているだけではなく、デザイン性も優れています。

そのため、座椅子は地味なイメージしかない方でも、本製品を検討してみる価値があります。

そこで本製品のデザイン性について詳しく紹介するので、参考にしてみて下さい。

3種類の生地

日本には数多くの座椅子が販売されていますが、多くの商品は生地の種類が1~2種類程度しか用意していません。

所が、本製品は3種類も生地を用意していて、ダリアン・タスク・PVCなどがあります。

ダリアンは2色の糸から織られていて、優れた耐久性と高級感を両立しています。

タスクはダリアンよりも線が見えなくてシックなデザインになっていて、PVCは水や汚れに強くなっている素材で高級感のあるデザインになっているのです。

カラーバリエーション

リクライニング機能を備えている座椅子でも、自分の好みに合うカラーを用意してなければ、購入したくない方は多いでしょう。

そこで本製品は、12色ものカラーバリエーションを用意しているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性が高くなっているのです。

その中には、季節限定で『さくらカラー(ピンクに近いカラー)』まであって、日本らしさを感じさせるデザインも用意されています。

そのため、自分の好みに合うカラーの座椅子を見つけられない方には、豊富なカラーバリエーションを用意している本製品はおすすめです。

変化できるデザイン

リクライニング機能を備えている座椅子は多くあっても、角度を調整できる所は背もたれだけの場合が多いです。

それに引き換え、本製品は背もたれだけではなく、足を支える所も角度を調整できるようになっているのです。

本製品はシンプルな形状をしていますが、背もたれや足を支える部分の角度を調整する事によって、自由自在にデザインを変える事ができます。

本製品の商品内容

本製品の機能やデザインを分かってもらえた所で、次に本製品の商品情報も紹介するので、この座椅子を購入するべきか、悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

ウレタンを採用

座椅子を利用する際に、重要になるポイントとして『座り心地』が挙げられます。

実際に硬めの座椅子を利用していたら、短時間でお尻や腰が痛くなってしまうので、注意しなければいけません。

所が、本製品は『ウレタン』を採用する事によって、優れたクッション性と復元力を両立しているのです。

そのため、本製品の金属部分が身体に当たらないようになっているので、あまり硬く感じません。

さらに本製品のウレタンは耐久性も優れているので、あまりへたらないようになっています。

ボディサイズ

機能・デザインを両立している座椅子でも、大きすぎるサイズを購入してしまえば、和室が狭く感じてしまう事があります。

そのため本製品を購入する前にサイズを把握する必要があります。

本製品は『KUMO UE』と『KUMO SHITA』の2種類があって、KUMO UEは幅540×奥行730~1380×高さ119~700mmで、KUMO SHITAは幅540×奥行930~1380×高さ119~700mmになっているのです。

もしも、この程度のサイズで問題がない場合であれば、和室に本製品を設置しても、それほど狭く感じる事はありません。

コストパフォーマンス

本製品は機能・デザインを両立している座椅子なので、多くの方は高額な座椅子というイメージを抱いたかもしれません。

所が、楽天市場では低価格な値段で販売されていて、送料無料で税込価格6,980円で購入する事ができるのです(2018年1月14日時点)。

実際に、高級な座椅子になれば、10,000円以上で販売されている商品もあります。

そのため、コストパフォーマンスが高い座椅子を探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの満足度

本製品はコストパフォーマンスが優れている座椅子という事もあって、楽天市場では4,000件近いレビュー件数を誇っています(2018年1月14日時点)。

そこで本製品を利用している方たちが満足しているのか、知りたい方のために、本製品のレビューを紹介するので参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品に座ってみたら、しっかりと身体を支えてくれる所を満足している方がいました。

そのため、姿勢を崩しやすい方でも、本製品を利用したら、正しい姿勢をキープできる可能性は高いです。

ただし、お尻が前のほうへズレてしまえば姿勢を崩す事になるので、正しい姿勢をキープするように意識して、座ったほうが良いです。

そして本製品は豊富なカラーバリエーションを用意しているので、自分の好みに合うカラーを見つけられて満足している方もいました。

否定的なレビュー

本製品はウレタンを採用していますが、座っている時にお尻がズレたら、パイプがお尻に当たってしまって不満を抱いている方がいました。

実際にパイプがお尻に当たってしまえば、痛く感じやすいので、長い間に渡って、座る事が難しくなります。

さらに本製品を1ヶ月ほど利用していたら、座椅子がへたってしまうケースもあったのです。

本製品は耐久性が優れている素材を採用していますが、使用方法によって、へたる場合もあるので、取り扱いに注意したほうが良いです。

まとめ

本製品はデザイン・機能を両立した座椅子なので、座り心地だけではなくデザインにこだわりたい方にも、おすすめの座椅子です。

ただし本製品を利用していくうちに、クッションがへたってしまうケースもあったので、取り扱いには注意しなければいけません。

そのため、体重が重くなっている方は、本製品を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子