腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

喜ばれるものにしたいなら! プレゼントにまくらを選ぶ際のポイント

      2017/09/08

Haruka・Style(ハルカ・スタイル) ウォッシャブル枕 SZC-005 43×63cm アイボリー

誰かに何かをプレゼントしようと思った時、まくらをプレゼントしようと思う方もいるのではないでしょうか?

でも、まくらをプレゼントする時には、何も考えないでプレゼントしていくと、逆に迷惑がられてしまう可能性もあります。

そこでここではそうならないようにするために、プレゼントにまくらを選ぶ際のポイントについて紹介していきます。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

相手がまくらを欲しがっているかを調べる

まくらをプレゼントする前には必ず、そのまくらを送ろうと思っている相手が、まくらを欲しがっているかどうかを必ずチェックした方が良いでしょう。

それをチェックしないでまくらをプレゼントすると、迷惑になる可能性が高いと言えます。

なぜなら、まくらには合う合わないがあるからです。

自分に合っている、すごく気持ちよく眠れるまくらが、相手にもあうかどうかはわからないのです。

というよりむしろ、合わない可能性の方が高いと言えるでしょう。

そんな合わない可能性が高いまくらを送って来れられても、今使っているまくらに特別不満がない場合は、迷惑になるのも当然です。

だから必ず、相手がまくらを欲しがっているかどうかはチェックしないとならないのです。

欲しがっていれば迷惑にはならない

少なくとも今使っているまくらが合わず、まくらを欲しがっているのであれば、まくらをプレゼントとして送ったとしても、それが相手の迷惑になるということだけはなくなるでしょう。

先述のように、自分にあうまくらが相手にもあうとは限りませんが、今使っているまくらが合わないのであれば、少なくとも試してみる価値はあります。

それで結果的にそのプレゼントされたまくらも合わなかったとしても、こういうまくらは合わないという判断材料にすることは出来るようになります。

それができれば迷惑だと感じる人はいないでしょう。

だから、相手がまくらを欲しがっているかどうかというのは、まくらをプレゼントする上ですごく大切な要素となるのです。

サプライズでプレゼントをしたいにしても、それとなく探りを入れて置くことだけはしておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

好みのまくらのリサーチも欠かせない

まくらには、好みがあります。

たとえば固いまくらでないと眠れないという方もいれば、やわらかいまくらでないと嫌だという方もいます。

或いは、高いまくらでないと深く眠れないという方もいれば、低いまくらでないとツラいという方もいるでしょう。

そんな風に細かく好みがあるわけですから、その人好みに合わせたものを贈らないと、迷惑になってしまう可能性は高いです。

好みでないものは体調不良につながる

好みで無いまくらは、体調不良につながるという問題があるのです。

たとえば高いまくらが好きな人には、高いまくらが良い理由があるのです。

そしてその理由のだいたいは、その方が寝付きやすかったり、目覚めがすっきりするという理由でしょう。

そうして気持ちよく寝られるまくらだからこそ、そういうまくらが好みになるのです。

ではそういう人が好みのまくら以外のまくらを使ったらどうなるでしょうか?

その時にはなかなか寝付けないというだけではなく、寝起きで頭が痛くなったり、首や肩が痛くなったりしてしまうものなのです。

それはいうなれば体調不良と言えるでしょう。

そうして身体に問題が出てしまうわけですから、好みでないまくらを貰っても、それを使うことは出来ないのです。

使うことができないプレゼントはどういう存在になるでしょうか?

それは、まず間違いなく邪魔な存在だと言えるでしょう。

だから、好みでないまくらは贈るべきではないのです。

今使っているまくらでも良し

好みのまくらをリサーチしようとしてもそれが分からないという方もいるでしょう。

その場合、その今使っているまくらをリサーチするのでも良いでしょう。

そういう人は大体、先述のような今使っているまくらが気に入っていないという人になります。

だから、今使っているまくらの条件とは違うまくらを贈ればその人の好みにぴったり合う可能性が出てくると言えます。

そういう風に使えるので、やはり相手のまくらに関する情報というのは、どんなものでも欠かせないと言えるでしょう。

ある程度高いものでないと意味がない

まくらを自分で買う時にはどのくらいのものを買うでしょうか?

だいたいの人が3000円位のものを買うのではないでしょうか?

高くても5000円くらいでしょう。

でもプレゼントとして贈るのであれば、そういう物ではちょっと弱いでしょう。

なぜならそれは自分で買うものと近いわけですから、質があまり今までのまくらと変わらないことになるでしょう。

それではそのまくらを気に入る可能性は低いのです。

別に悪くはないけど良くはない程度にしか思われない可能性は高いです。

せっかく贈るプレゼントがそういう扱いだったらやはり悲しいものです。

だから、出来ればある程度値段のする、質の高いまくらを贈ってあげるのがおすすめです。

もちろん値段が高ければかならずしも質が高いというわけではないのですが、少なくとも同価格帯の物よりはクオリティの高いものに出会える可能性は高いと言えるでしょう。

一緒に探すのが理想

一番失敗しないのは、まくらをプレゼントする相手と一緒にまくらを探すという方法です。

一緒にまくらをさがしていけば、先述のような好みだけではなく、色やサイズなど、その人に完全にあったまくらをえらぶことができるようになります。

まくらはそうして完全に好みに合ったものを選ぶのが一番よろこんでもらえます。

だから、サプライズにしたい気持ちはあるのかもしれませんが、理想は言えば一緒に選ぶのが良いのです。

一緒に行けばオーダーメイドもできる

もし一緒にまくらをさがしに行けば、まくらをオーダーメイドも出来るでしょう。

オーダーメイドならば、そのまくらに特別感はかなり出ます。

だから、プレゼントとして十分なクオリティの物を贈ることが出来ると言えるでしょう。

そしてもちろんオーダーメイドの場合、そうした特別感だけではなく、完璧に好みに合わせたものも作ることができます。

そういう物なので、オーダーメイドのまくらであれば迷惑になるということはまずないと言えるでしょう。

オーダーメイドならそれがサプライズになる

オーダーメイドの場合は絶対に一緒に行かないとならないので、100パーセントサプライズは出来ませんが、その代わりにオーダーメイドに行くというサプライズはすることが出来るでしょう。

ちょっとしたショッピングモールなどに入っていることが多いので、そういうところへ買い物に連れ出して、「今日はここでまくらを作ってあげようと思ってた」と伝えてオーダーメイドのまくらのお店につれていけば、それで立派なサプライズの完成です。

そういうサプライズなら失敗もしませんし、きっと喜んでもらえるはずです。

自分の誰かを祝いたい気持ちもしっかりと満たすことができますし、プレゼントを贈られる側の迷惑にもなりませんし、まさにウィンウィンになるでしょう。

まとめ

まくらをプレゼントする際には、こうしたことを意識していけば、失敗する可能性が少なくなると言えるでしょう。

せっかく贈るプレゼントが逆に相手の迷惑になってしまうことほど悲しいことはありません。

そしてそれほどに無駄なお金の使い方も他にはないと言えるでしょう。

だから是非参考にして、きちんと喜んでもらえるまくらをプレゼントしていってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら