腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

天日干しできないマットレスの湿気はどうする?日光がいらない5つの対策

   

マットレスの湿気対策をするのであれば、干すことはとても重要ですが、中には天日干しがNGとなる商品もあるため、注意しなければなりません。

そんなときは、「どうやって湿気をとるの?」と困惑してしまうこともありますが、日光に当てることができなくても、有効な対策はいろいろとあります。

では、日光に頼らない湿気対策について、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

陰干しにする

マットレスにはさまざまなタイプの商品がありますが、ウレタンを使った高反発マットレスの場合、普通に天日干しすることができません。

ウレタンは、日光に晒し続けることでどんどん劣化してしまうので、「しっかり干して長持ちさせよう」と意気込んでいても、逆に寿命を縮める結果になってしまうのです。

そうなると、湿気をとばす方法がないように思えてしまいますが、マットレスの干し方は、日光に当てるだけではありません。

風通しのよい場所を選べば、日陰であっても乾燥させることができるのです。

日陰に置いて乾かす方法なら、高反発マットレスを使っていても、ウレタンが劣化することはなくなります。

余計なダメージを与えることなく、湿気だけを確実に抑えることができるのです。

そのため、説明書を見て、陰干しができないマットレスであることがわかっても、がっかりすることはありません。

日光を必要としない陰干しで、どんどん乾かしていきましょう。

風通しのよさは必須

陰干しは、日光に弱いマットレスでも、しっかりと湿気をとばすことができますが、やり方を間違えると、乾燥させるのは難しくなってしまいます。

確実に乾燥させるなら、「風通しのよい場所」というポイントを外さないようにしましょう。

日陰に置いたとしても、その場所の風通しが悪く、空気の流れがほとんどなかったとしたら、干したことにはなりません。

風通しの悪い日陰は、薄暗い密室と変わらないので、何かを干すにはまったく向いていないのです。

したがって、マットレスに蓄積された湿気を日陰でとばすためには、必ず空気の流れを確保してください。

室内で干すのであれば、窓を開けて換気しましょう。

風通しをよくすることで、日光を使わない湿気対策が可能になるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

部屋の湿度を下げる

日光に頼らない湿気対策を考えるのであれば、部屋の中の湿度に注目してください。

マットレスを置く部屋がジメジメしていたのでは、とても湿気の対策をすることはできません。

陰干しにしてしっかり乾燥させたとしても、それを湿度の高い場所で使えば、たちまち湿ってしまい、干した意味がなくなってしまうのです。

したがって、マットレスの湿気をできるだけ少なくするためには、部屋の中の湿度を低く保つ必要があります。

そのためには、部屋の換気を忘れないようにしましょう。

ずっと閉めきっていたのでは、空気の流れがなくなってしまうので、湿気を逃がすことができません。

部屋の中の湿気をとばすためには、ときどき換気をして、室内に空気の流れをつくることが大切なのです。

普段から部屋の湿度を下げておけば、マットレスに蓄積される湿気も少なくなるため、陰干しによる乾燥もより確実になります。

日光を当てずに湿気を防ぐなら、ぜひ試してみてください。

マットレスの下に空気を入れる

マットレスの湿気対策では、裏面の通気性の悪さが問題になります。

ベッドにマットレスを敷いたとき、裏面は空気に触れることがないため、どうしても湿気がたまりやすくなってしまうのです。

日光に頼らない対策を考えるのであれば、この点もきちんと解決しておかなければなりません。

そこでおすすめなのが、部屋の換気をするとき、マットレスを少しだけ浮かせることです。

マットレスを浮かせれば、ベッドとの間に隙間ができるため、普段は隠れている部分を、空気に晒すことができます。

それなら、裏面にこもっていた湿気をとばすことができるのです。

ベッドを浮かせるために使うものは、読まなくなった本や丸めたタオルケットなど、どんなものでも構いません。

とにかく隙間をつくって、空気を送り込むようにしましょう。

窓を開けて空気を動かすだけでなく、扇風機を隙間に向けて、直接風を送るのもよい方法です。

すのこベッド

マットレスの下に空気の流れをつくるためには、すのこベッドを使う方法もあります。

すのこベッドなら、普通のベッドと違って下に隙間ができるため、普段から湿気の逃げ道を確保しておくことができるのです。

それなら、マットレスに蓄積される湿気はより少なくなり、確実な対策ができます。

これからベッドを購入する予定がある人は、ぜひすのこベッドをチェックしてみてください。

ローテーションで裏を表に

普段は裏になっている部分を空気に当てる方法としては、敷き方をローテーションさせる方法もあります。

裏表や上下を定期的に入れ替えて、同じ面だけを使わないようにするのです。

そうすれば、ずっと同じ面を裏にしておくより、よほど湿気を抑えることができます。

また、体重をかける部分がときどき入れ替わることになれば、マットレスがすぐに凹んでしまうこともありません。

長持ちさせるためにも、しっかりローテーションを行いましょう。

ベッドの位置を変える

日光を当てずにマットレスの湿気を抑えるなら、ベッドの設置場所を工夫することも忘れてはいけません。

空気の通り道がないことで湿気がたまってしまうとすれば、壁にぴったりとくっつけて設置する方法も、NGということになります。

壁際に設置する方法だと、マットレスが壁に密着するため、風通しが悪くなってしまうのです。

そうなれば、どうしても湿気の蓄積は多くなります。

とはいえ、ベッドを壁に寄せる配置は、特に珍しいものではなく、壁際でないと設置できない場合も多いものです。

そこでおすすめなのが、壁から10cmだけ離す方法になります。

空気の通り道を確保するためには、なにも部屋の真ん中に置く必要はありません。

壁際に寄せたとしても、少しだけ離して隙間をつくれば、湿気を逃がすことができるのです。

床に敷かない

天日干しできないマットレスを使うなら、床に直接敷かないいことも、大切な湿気対策になります。

フローリングの床にマットレスを置くと、裏面にまったく空気が流れないため、湿気を防ぐことが困難になってしまうのです。

また、冬には結露の問題もあります。

寒さで床が冷えると、体温で温まっているマットレスとの間に、結露が発生することになります。

そんな状態では、湿気が増えるばかりであり、カビやダニが繁殖してしまう可能性もあるのです。

日光に晒せないとマットレスだと、紫外線によるカビやダニの対策もできないので、そんな使い方は避けなければなりません。

マットレスを劣化させないためには、床に敷くのではなく、ベッドと組み合わせるようにしましょう。

除湿シート

マットレスを使うときの基本は、床ではなくベッドに敷くことですが、睡眠のための環境は人それぞれです。

場合によっては、床に敷く方法しか選択できないこともあります。

そんなときは、ただ敷いてしまうのではなく、除湿シートを利用しましょう。

除湿シートは、マットレスの下に置くことで、湿気を吸い取ることができるため、ジメジメしがちな床敷きには、最適な対策になります。

普段から湿気を少なくして、日光がなくても快適に使えるようにしましょう。

まとめ

マットレスを日光に当てることは、湿気をとばすためには最適な方法ですが、すべての商品が天日干しに対応しているわけではないので、安易に干してはいけません。

本当に天日干しができるか、よく確かめるようにしましょう。

そして、もし日光がNGだった場合は、ここで紹介した対策をしっかり行ってください。

日光がなくても、工夫次第で湿気は抑えられるのです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団