腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

安眠のためにはまくらが大切!安眠できるまくらのポイントとは?

   

本格的な人間工学に基づき設計された低反発枕 横向き寝こそぴったり枕 頭・首・肩・腕の4点を優しく支える ゆったり・リラックス出来る気持ちの良い安眠枕 カバー付

人にとって睡眠はすごく大切なものです。

そしてその睡眠は、ただしていれば良いというものではありません。

ただ寝るだけではなく、安眠できるかどうか、それがすごく大切だったりするのです。

安眠するためには大切なことは、まくらです。

そこでここでは、安眠できるまくらのポイントについて紹介していきたいと思います。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

横に広いまくらが安眠できるまくら

安眠できるまくらのポイントとしてまず一つ言えるのは、横に広いということです。

まくらといえば、まず高さを気にする人が多いでしょう。

確かに高さはすごく大切です。

高さがあっていないとまず安眠は出来ないでしょう。

では、高さが安眠するためのまくらのポイントだと言えるのではないかと思うでしょうが、高さはそのポイントには入りません。

なぜなら、高さに関しては好みによるからです。

高さは高い方が気持ちよく眠れる人もいれば、ほとんどまくらがないのと同じくらいに低い方が気持ちよく眠れる人もいます。

その様に、人によって全然感覚が違うので、一概には言えないのです。

なので、自分が気持ちよく感じる高さのものを選ぶとしか言えません。

だからポイントにはならないのです。

でも、横は違います。

横は、ほとんどすべての人に等しく、横に大きい方が安眠に繋がると言えます。

なぜ横に大きい方が安眠に繋がるのか?

でも、なぜまくらは横に大きい方が安眠に繋がると言えるのでしょうか?

それは、横に大きい方が寝返りがしやすいからです。

安眠と寝返りはすごく密接な関係にあります。

寝返りを打つことは、体をほぐすことに繋がります。

だから途中で身体が痛くなったりして眠りが浅くなることがないのです。

しかし、寝返りが打てないようだとドンドン身体は痛くなり、安眠できなくなっていきます。

だから、寝返りが打ちやすいと言うのは、まくらにおいてすごく大切なポイントになるのです。

横に小さいまくらは、寝返りを打ったらそのままそこから落ちてしまう可能性があると言えます。

なので、寝返りは打ちづらいと言えるのです。

横に大きければまずそうなることはないので、横に大きいまくらを選ぶべきなのです。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

柔らかい質感のまくらカバーを使う

まくらカバーと言うのは、意外と安眠にも影響を与えるものです。

まくらカバーなんてなんの関係があるのかと思う人もいるでしょう。

しかしそれは意外と大切だったりするのです。

特に、固い質感のまくらを使用している場合にはさらにそれが重要になります。

全体的に固すぎる質感だと、やはりその上で眠っていてもあまり気持ちよくは感じないでしょう。

だから、あまり安眠にはつながりづらいです。

でも、その上に柔らかい膜があれば、それが肌をいたわり、気持ちよく感じるので、安眠に繋がりやすいのです。

たかがまくらカバーかもしれませんが、されどまくらカバーなのです。

安眠のためには、まくらカバーは肌触りの良いものを使用していってください。

季節に合わせることも大切

ただ、それは季節に合わせることもすごく大切です。

たとえば真夏の暑い時期に、毛100パーセントのようなまくらカバーを使っていたら、頭が暑くてたまらなくなるでしょう。

それでは当然安眠に繋がるはずもありません。

逆に冬の時期に、触ると冷たく感じるような接触冷感のまくらカバーをしていたら、頭が冷たくなりすぎて、寒く感じてしまう可能性もあります。

やはりそれでは安眠にはつながらないと言えます。

なので、そうならないようにするために、まくらカバーは季節に合わせて変えていく必要があると言えます。

冬には肌触りが良くて暖かいものを、夏には肌触りが良くてかつ通気性が良いものを選ぶようにするのがおすすめです。

まくらの音がうるさくないもの

安眠の為のまくらとしては、まくらの音がうるさくないものを選ぶということも一つの重要なポイントです。

まくらには、頭を乗せるだけですごくがさがさ言うものもあります。

それは意外と寝心地は良かったりもするのですが、やはり安眠と言う意味ではあまりおすすめはしません。

そうした音がまったく気にならないタイプで、いつでもどこでも気持ちよく眠ることが出来るというタイプの人であればそれでも良いかもしれません。

でも、まわりの音が気になって、静かなところでないと眠れないという方はすごく多いです。

そういう方は実は意外と自分のまくらの音にも眠りを遮られたりするのです。

なので、出来れば寝返りを打ったりしても音がならないまくらを使用した方が正解だと言えるでしょう。

まくらカバーにも言えること

それは、まくらだけではなく、まくらカバーにおいても言えることです。

まくらで、そうして音があまりしないものを選んだとしても、まくらカバーががさがさうるさいものだったりしたら、やはり結局それによって安眠は妨害されてしまいます。

もちろんまくらカバーにはあまりそうしたがさがさうるさいようなものは売っていないと言えるでしょう。

だいたいの物が寝返りをうっても何の音もしないものになります。

でも、中にはシャカシャカしたものもあるはずです。

なので、そういう物は変わらないようにしていきましょう。

ネットで買う時に要注意

まくらでもまくらカバーでも、そうした音のトラブルは、ネットでそれらを買う時によく起こります。

ネットで買う時には、どこで買ってもいちいち「音がうるさいので注意して下さい」というようなことは書かれていないでしょう。

でも、素材感だけ見て音を判断することは難しいところがあります。

たとえばポリエステル一つとっても、がさがさ音がなるものもあればならないものもあります。

ナイロンだったらだいたいがさがさなるでしょうが、中にはならないものもあるかもしれません。

このように、素材だけでは判断しづらいので、実際に触ってみるしかないのです。

そのためにはやはりまくらやまくらカバーはネットで買うよりも店舗で購入した方が良いと言えるでしょう。

洗うことが出来るまくら

洗うことが出来るということも、安眠しやすいまくらのための大切なポイントになります。

洗えるかどうかなんて、安眠とは全然関係ないように思うと言う方もいるでしょう。

でも、それは間違いなのです。

実は洗うことが出来るというのはすごく大切なポイントなのです。

では、なぜ洗うことが出来るのが安眠に繋がるのです。

質感もよくなるし香りもしなくなる

それは、洗うことによって、まくらの素材の質感も良くなるし、香りもしなくなると言えるからです。

毎日頭の重みを支えるまくらは、洗ってリセットしてあげないと、どんどん質感が悪くなります。

それは高さが変わることにもつながります。

つまり、寝心地が変わることになるということです。

そうなったらやはり寝づらくなるでしょう。

さらに、寝ている間はたくさん汗をかきますし、人によっては髪の毛が濡れたまま寝てしまうという方もいるでしょう。

そうしてどんどん湿度を高めていくうちにまくらはドンドン臭くなるのです。

臭いまくらの上で安眠できるでしょうか?

いや、出来ないでしょう。

だから、洗えるというのは意外と大切なポイントなのです。

まとめ

安眠したいのであれば、こうしたポイントを元にまくら環境を整えてみると良いでしょう。

毎日の睡眠を安眠できる環境に整えるだけで、心は前向きになりますし、頭もきちんと働くようになるでしょう。

そして当然身体の疲れなどもとれやすくなるはずです。

だから、まくらの環境を整えることはすごく重要なのです。

是非参考にしてみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら