腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

年老いると膝を痛めやすい!膝痛が高齢者に多い理由と予防法について

   

FREETOO 膝サポーター 膝固定 関節靭帯保護 フリーサイズ 怪我防止 ニーガード 登山 ランニング バスケ アウトドアスポーツ

歳を重ねて年老いると、体の様々な部分が衰えていきます。

耳や眼、筋肉や骨など様々な部分が衰えていきますが、膝も衰えていきます。

そのため、膝を痛めている高齢者は多くいます。

膝痛をそのまま放っておくと、歩くことが難しくなることがあるため注意が必要です。

ここでは、高齢者が膝を痛めてしまう具体的な原因や予防法などを解説していきます。

楽しい老後を送るためにも、膝痛の予防や対処をしっかり行うようにしましょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝の仕組みについて

膝痛は多くの人が起こしている症状であり、年齢を重ねていくと膝を痛めやすくなります。

それは、膝の機能の仕組みや、膝には本人の体重がかかっていることなどが関係しています。

膝には、太腿の骨である大腿骨、膝のお皿といわれている膝蓋骨、すねの骨である脛骨と、それらの骨の間にある関節があります。

そして、靭帯や筋肉などは膝を支えたり、膝の機能をサポートしています。

脚が伸びる時は、太腿前面の筋肉(大腿四頭筋)が縮まり、脛骨を引っ張ります。

そして、膝には前十字靭帯と後十字靭帯、内側側副靭帯と外側側副靭帯の4つの靭帯が存在し、これらの靭帯の働きによって膝に安定感が生まれています。

膝蓋骨と大腿骨が接する部分や、大腿骨や脛骨の先端部分には軟骨があり、クッションのような働きをしています。

また、膝関節の内側と外側には、一つずつ半月板という三日月のような形をした軟骨組織があります。

半月板にはクッションのような働きがあり、膝関節に加わる衝撃を分散させたりする他、膝を安定させる役割もあります。

この半月板がスポーツなどにより損傷してしまうと、膝に力が入らなくなったり、膝の曲げ伸ばしが困難になったり、膝に強い痛みを感じるようになったりしてしまいます。

そして、膝関節を覆っているものが関節包になり、関節包の内側には滑膜という滑液(関節液)を分泌する組織があります。

この滑液には膝の動きをスムーズにする潤滑油のような働きがあり、ヒアルロン酸という成分が多く含まれています。

滑液の分泌量が減少すると、膝をスムーズに動かすことが難しくなり膝痛が起きてしまいます。

滑液の分泌量が減少する原因として、老化があります。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

高齢者に膝痛が多い理由とは?

膝痛を起こしている高齢者は多くいます。

では、なぜ高齢になると膝痛を起こしやすくなるのでしょうか?

それには、色々なことが考えられます。

滑液(関節液)の分泌量の減少

膝関節内は関節包という膜で覆われており、その内側にある滑膜から滑液が分泌されています。

前述した通り、滑液には潤滑油のような働きがあり、滑液の分泌量が減少すると膝の動きは悪くなり膝痛を起こしてしまいます。

年齢を重ねると体の様々な機能が衰えていきますが、その中には滑液を分泌する機能の低下もあり、高齢者になるとそれが原因となって膝痛が起きてしまうことがあります。

筋力の低下

歳を重ねて年老いると、筋肉量が減少し筋力が低下していきます。

膝は本人の体重を支えており、膝周辺の筋力が低下すると体重を支える力も低下してしまいます。

そうすると、膝には大きな負担がかかり、それが原因となって膝を痛めてしまいます。

膝に痛みが起きると動くこと自体が辛くなるため、あまり動かなくなります。

あまり動かないと、筋肉や骨などは弱くなっていき脆くなるため、膝痛を悪化させてしまいます。

このように、膝周辺の筋力の低下が膝痛の原因となるため、高齢者だからこそ適度な運動をして膝を強くすることが大切になります。

軟骨がすり減る

加齢や生活習慣などにより、関節軟骨がすり減って変形する「変形性膝関節症」という症状があります。

年齢を重ねると、クッションのような役割をしている関節軟骨がすり減りやすくなります。

そのため、それが影響して膝痛が起きてしまう高齢者は多くいます。

症状が重くなると、歩くのも困難になるほどの痛みを感じてしまいます。

そのため、変形性膝関節症になると、日常生活にも支障をきたす恐れが出てきます。

このようなことから、膝に痛みが起きた時は放っておかないで、適切な治療をすることが大切になります。

膝の痛みを放っておかないことが大切

膝痛を起こしているのに治療も何もせずに放っておくと、悪化してしまう場合があります。

症状が重くなると歩けなくなる場合もあり、精神的にも参ってしまいます。

また、高齢になってから膝痛が悪化するとで、寝たきり状態になる恐れも出てきます。

そのため、膝を痛めたら、なるべく早く適した治療を行うことをおすすめします。

膝痛の症状が重くなるにしたがって痛みは強くなり、行動範囲は狭くなってしまうので、膝痛を放っておくことはおすすめできません。

老化が原因となる膝痛を予防する方法

高齢者だからといって、何もしないと膝を痛めたり悪化させてしまいます。

膝は、筋肉や靭帯や軟骨、大腿骨や脛骨、半月板や膝蓋骨、滑液などによってスムーズに動かすことや、バランスをとることなどを可能としており、膝関節の仕組みは非常に良くできています。

膝痛を防ぎ、膝関節の機能を低下させないようにするには、筋力を強くすることや栄養バランスの良い食事をすることなどが必要になります。

膝周辺の筋力を低下させないこと

年老いても、できる運動は色々あります。

ウォーキングや軽いジョギング、プールでのウォーキングや軽い筋肉トレーニングなどです。

これらは激しい運動ではないので、高齢者でも体に大きな負担をかけずにすることができます。

適度な運動によって膝周辺の筋力を強くすることは膝を強くすることに繋がり、膝痛の予防や軽減になるので、普段の生活に運動を取り入れることをおすすめします。

しかし、無理な運動や激しい運動は、逆に膝を痛める原因となるので、しないようにしましょう。

運動以外にもストレッチをすることもおすすめで、ストレッチをすると膝の柔軟性がアップし、膝痛が起こりにくくなります。

栄養バランスの良い食事をすること

膝痛の予防は運動だけでなく、食生活も大切になります。

体を強くし、膝を強くするには様々な栄養素が必要になります。

そのため、栄養の偏った食事をするのではなく、栄養バランスの良い食事をする必要があります。

野菜やお肉やお魚などバランスよく食べるようにしましょう。

高齢者になると、食事量が減ったり栄養の吸収率が低下します。

その影響で、栄養が十分に摂れない場合があるので、不足している栄養素はサプリメントで補うと良いでしょう。

膝痛が軽減しない場合

膝痛が軽減しない場合や改善しない場合、痛みが強い場合などは整形外科のある病院に行きましょう。

しかし、整形外科に行っても、痛み止めなどを処方してもらって終了してしまうこともあります。

そのため、膝痛の根本的な原因となっている部分が改善しない場合があり、歩くことが辛いままということもあります。

そのような時は、サポーターを使うことをおすすめします。

サポーターは膝にかかる負担を少なくして、動く際サポートしてくれるので、前よりも歩くのを楽にすることが可能となります。

サポーターといっても様々な種類が販売されており、固定力に特化したものや、保温効果に特化したものなどがあります。

そのため、自分に合ったものを選ぶようにすることが重要になります。

また、機能だけでなくサイズにも注意して選ぶようにしましょう。

まとめ

年齢を重ねると、老化現象により膝を痛めやすくなります。

そのため、膝痛の予防をすることが大切になりますが、自分でできる方法としては適度な運動をすることや、栄養バランスのとれた食事、睡眠をしっかりとることです。

それらを心掛けて生活することが膝痛の予防には大切なことになり、健康のためにも必要なことになります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ