腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

座り心地が良い立体クッションの魅力を紹介!腰痛の方は必見?

   

アイメディア 座り心地が良い立体クッションNV A-02

大人になってから、腰痛に悩まされるようになった方は椅子に座ったら、腰が痛くなってしまうのでクッションを利用する方は多いでしょう。

しかし平らなクッションを利用していたら、腰がホールドされないので、腰が少し動く事によって、腰に痛みを感じてしまいます。

所が『座り心地が良い立体クッション』であれば、腰をしっかりホールドしてくれるので、このクッションについて詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

座り心地が良い立体クッションの機能

座り心地が良い立体クッションは、腰痛の方でも利用しやすいように、4つの機能が備えられています。

そこで腰痛でも利用しやすいクッションを探している方のために、座り心地が良い立体クッションの4つの機能では、どのような働きがあるのか紹介するので確認してみて下さい。

立体構造

座り心地が良い立体クッションは、商品名の通りで『立体構造』になっていて、腰やお尻をホールドしてくれます。

その構造は、座り心地が良い立体クッションの左右に1つずつ凹みがあるので、この穴にお尻がフィットされるような構造になっているのです。

実際に腰痛になってしまった方は、少し腰を動かしただけで、腰に痛みを感じてしまいます。

そのため腰がホールドされて、腰があまりズレないようになっているクッションを探している方には、座り心地が良い立体クッションはおすすめです。

低反発クッション

座り心地が良い立体クッションは『低反発クッション』になっているので、お尻が少し沈み込むようになっているのです。

そのため座り心地が良い立体クッションは、形状だけではなく反発力でも、腰をホールドできるようになっています。

そのようなメリットがあるクッションなので、座り心地が良い立体クッションの形状が身体に少し合わなくても、低反発によって腰がある程度までホールドできるのです。

ただし、あまりにも身体と合わないサイズになっていたら、利用しづらいので注意する必要があります。

座り心地が良い立体クッションのサイズは幅40.5×奥行32.0cmになっているので、このサイズが身体に合う方だけが、座り心地が良い立体クッションを検討したほうが良いでしょう。

厚みでサポート

腰痛の方がクッションを選ぶ際に、重要になるポイントがクッションの厚みです。

なぜなら薄いクッションを利用していたら、クッションが腰やお尻をサポートできないので、クッションを利用しても腰が痛く感じてしまう事があるからです。

しかし座り心地が良い立体クッションは厚みが、約7cmもあるので腰やお尻をしっかりとサポートしてくれます。

そのため、薄いクッションを利用している方で、腰が痛く感じてしまう方は座り心地が良い立体クッションを利用してみる価値があるでしょう。

体圧分散

座り心地が良い立体クッションは、立体構造と低反発になっている事から、体圧を分散する事が可能になっています。

もしも体圧を分散する事ができなかったら、腰にかかる負担が集中してしまいます。

そのようなクッションを利用していたら、腰が辛く感じてしまうので、クッションから立ち上がりたくなるでしょう。

しかし立ち上がる動作は、腰に大きな負担をかけるので、注意しなければいけません。

そのため体圧分散できるのは、座り心地が良い立体クッションの大きな魅力です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

低反発クッションの注意点

座り心地が良い立体クッションは低反発クッションになっているので、腰をホールドする事ができますが、注意すべきポイントがあります。

それは低反発になっている事で、腰痛を悪化させるケースがあるからです。

そこで低反発になっている事が、腰にどのような影響を与えるのか紹介するので見ていきましょう。

腰の負担

低反発になっていたら腰が沈み込んでしまうので、腰に大きな負担をかけるようになっています。

実際に低反発マットレスを使用する事によって、腰痛になってしまった方や、腰痛を悪化させてしまった方たちなどが多くいるのです。

座り心地が良い立体クッションは体圧分散できるので、低反発になっていても、ある程度は腰にかかる負担を軽減できます。

しかし立体構造のサイズが、身体に合わない場合は体圧分散できない可能性もあるので注意する必要があるでしょう。

通気性が悪化?

低反発クッションを利用する事によって、お尻が沈み込んでしまえば、クッションとお尻が接してる所で熱がこもりやすくなります。

そのため、通気性が悪化するので、お尻がムレてしまう事になるのです。

そのような事になれば暑い夏場の季節では、何回かクッションから立ち上がって腰に負担をかけるようになるでしょう。

そのため、暑い夏場の季節には注意したほうがいいでしょう。

座り心地が良い立体クッションの商品情報

座り心地が良い立体クッションの機能や注意点が分かってもらえた所で、次に製品情報について紹介するので確認してみて下さい。

洗濯の方法

座り心地が良い立体クッションは低反発なので、熱がこもりやすいので湿気がたまりやすい可能性があります。

そのため座り心地が良い立体クッションに、ダニが繁殖する可能性があるので、定期的に洗濯する必要があります。

日本には、私たち人間を刺す『ツメダニ』がいるので、ツメダニがクッションに繁殖するようになれば注意しなければいけません。

そして座り心地が良い立体クッションを洗濯する方法は、メッシュ生地の専用カバーだけ取り外して洗濯する事ができます(中材のクッションは洗濯できないので注意)。

コストパフォーマンス

座り心地が良い立体クッションは、腰痛の方でも利用しやすくなっているので、多くの方は「値段が高くなっているのではないか」と思ってしまうでしょう。

所が、座り心地が良い立体クッションは、楽天市場では送料無料で税込価格2,180円になっています(2017年9月20日時点)。

このように低価格になっているクッションなので、多くの方が気軽に購入する事ができるでしょう。

利用者たちの口コミ

座り心地が良い立体クッションは腰痛の方でも利用しやすくなっているので、このクッションを購入しようと考え始めている方もいるでしょう。

所が座り心地が良い立体クッションを利用している方たちの中では不満を抱いている方もいるので、購入した後に後悔しないように、口コミを紹介するので参考にしてみて下さい。

否定的な口コミ

座り心地が良い立体クッションは低反発になっていますが、利用者たちの中にはクッションが硬いように感じてしまう方がいました。

本来であれば低反発クッションは柔らかく感じてしまいますが、この辺りは立体構造になっているのが、関係しているのでしょう。

そのため、硬めのクッションが苦手な方は注意したほうがいいでしょう。

そして座り心地が良い立体クッションのサイズが小さくて、利用しづらいように感じてしまうケースもあったので、気を付けて下さい。

好意的な口コミ

座り心地が良い立体クッションが低反発になっている事から、お尻が安定して満足している方がいました。

そのため、お尻がズレやすいクッションを利用している方は、座り心地が良い立体クッションを検討してみる価値があるでしょう。

そして座り心地が良い立体クッションの立体構造によって、正しい姿勢で座りやすい所を気に入っている方もいたので、姿勢が崩れやすい方にも座り心地が良い立体クッションはおすすめです。

まとめ

座り心地が良い立体クッションは、腰やお尻をしっかりホールドしてくれるので、腰痛の方におすすめのクッションです。

そのため、腰がズレやすいクッションを利用している方は、座り心地が良い立体クッションを利用してみる価値があります。

ただし座り心地が良い立体クッションが、硬く感じてしまう方もいたので注意して下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション