腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

座椅子は長時間座っていても疲れにくいと感じるタイプを選ぶ

   

サンワダイレクト ふあふあフロアチェア 低反発ウレタン マイクロファイバー生地 42段階リクライニング オレンジ 100-SNC041D

座椅子にはさまざまなタイプがありますが、選ぶ上で重要なポイントは長時間座っていても疲れにくいタイプを選ぶことなのです。

座椅子に座っているときには、できるだけリラックスしたいと感じるでしょう。

しかし、リラックスできない座椅子も多く、長時間座っていると体の痛みが出てしまうようなタイプもあります。

しっかり吟味してみましょう。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

腰痛にならない座り方

腰をしっかり固定させる

腰痛は一度発症してしまうと、なかなか完治しない症状です。

とくに慢性的な腰痛になってしまうと、完治までには相当の時間がかかってしまいます。

腰痛になってしまう原因はさまざまですが、中でも椅子に座っているときに腰痛になってしまうリスクはかなり大きいのです。

とくに座椅子は注意が必要であり、リラックスさせるために座る座椅子にも関わらず、腰痛のリスクが潜んでいるのです。

こうした状況を回避させるためには、まずは正しい座り方から身につけることが一番です。

椅子へ正しく座る、最も基本的なことは椅子にしっかり体を固定させることです。

多くの人は、椅子の腰の部分に空間がある状態で座っています。

中でも座椅子の場合には体をリラックスさせるために、体自体をリクライニングさせたような状態で座ってしまいます。

こうした状況を続けてしまうことで、確実に腰痛のリスクは高まってしまうのです。

腰自体をしっかり固定させ、できるだけ空間ができないように座ることが基本です。

座る立つの動作を意識する

また、腰痛は座ったり立ったりする動作のときに起こりやすいとも言えます。

座る瞬間や立つ瞬間は、腰にとても大きな力が起こります。

こうした瞬間を意識しておかなければ、腰痛のリスクは確実に高くなってしまいます。

意識をするときには、腹筋に力をいれ、椅子に手をかける箇所があれば迷うことなく体を支えながら座るようにしましょう。

座椅子の場合には、この座る立つと言う動作がとても大きくなってしまいます。

そのため、一般的な椅子よりも腰痛のリスクが大きくなってしまいますので注意が必要です。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

座椅子は選び方に気をつける

リクライニング機能

座椅子の多くは、リクライニング機能が付いています。

このリクライニング機能はとても便利ですが、使い方や座椅子のタイプによっては腰を痛めてしまう可能性がありますので注意が必要です。

リクライニングをした場合、上半身は座椅子の背面に体重をかけることになります。

上半身の背面は、横から見ると直前ではなく曲線になってることが分かりますが、この体の曲線に合わせることができる座椅子を選ぶことがポイントになってくるのです。

そうすれば上半身を座椅子の背面に預けるような姿勢にした場合でも、体に負担がかからない、長時間でも楽な姿勢を維持できるようになります。

こうした部分まで意識をして設計されている座椅子は少ないので、しっかり吟味して選ぶことが重要です。

硬すぎず柔らかすぎず

座椅子に限らず、椅子はできるだけ硬すぎず、そして柔らかすぎない座り心地であることが大切です。

とくに柔らかさについては注意をする必要があり、腰を含めて体が沈み込みすぎれば体に負担がかかりやすくなってしまいます。

座り始めは気持ち良い感覚になりますが、長時間座り続けた場合には、確実に体に負担がかかってきます。

また、硬すぎれば当然接している部分に負担がかかってきます。

ちょうど良いバランスの硬さを持ってる座椅子を選ぶことをおすすめします。

体を支える部分が多いタイプ

座椅子を選ぶときには、自分の体を支えてくれる部分が少しでも多いタイプであることも重要なポイントになります。

体を支えることができれば、当然それだけ体の体重も分散され、体の痛みが発生する可能性が低くなります。

体の痛みは体重を支えることができず発症してしまうことが多いため、こうしたポイントはとくに重視しましょう。

例えば、アームレストは体を支える機能としてはとても優れています。

また、足を支える部分はできるだけ広い面になっている方が有利になります。

トータル的に考慮して選ぶことが最大のポイントになってきます。

おすすめの座椅子3選

ふあふあフロアチェア

サンワダイレクト ふあふあフロアチェア 低反発ウレタン マイクロファイバー生地 42段階リクライニング オレンジ 100-SNC041D

サンワダイレクトのふあふあフロアチェアは、低反発機能により、適度な弾力感を得ることができます。

表面がワッフル加工されていますので、体重をバランス良く受け止めてくれます。

また、マイクロファイバー生地を採用している部分もおすすめのポイントです。

最高の座り心地を得ることができるおすすめの座椅子です。

美姿勢座椅子リッチ

背筋がGUUUN美姿勢座椅子リッチ カバーセット ピスタチオグリーン

正しい姿勢を常に保ちたいと考えている場合には、美姿勢座椅子リッチはおすすめです。

腰痛などを改善させる座り方をするには、まずは正しい姿勢で座ることを覚えることが一番です。

正しい姿勢になれる美姿勢座椅子リッチは、しっかりとプロが設計していますので、楽な姿勢を整えることができます。

さらに14段階ものリクライニング調整機能が付いていますので、自分が楽だと感じる高さに調整が可能なだけではなく、作業をするときにも最適な角度に調整させることができるようになります。

カバーは取り外し可能なので、いつでも清潔な座椅子を保つことができます。

3Dヘッドレスト座椅子

LOWYA (ロウヤ) 座椅子 ソファ 42段ギア 3Dヘッド リクライニング ポケットコイル ファブリック ベージュ おしゃれ 新生活

3Dヘッドレスト座椅子は、その名のとおりヘッドレストに力を入れている座椅子になります。

左右から頭を包み込んでくれるような形状になっていますので、横になって寝るような姿勢になっても頭がしっかり固定できとても気持ち良い眠りに導いてくれます。

また、座面部分にはポケットコイルを採用しています。

ポケットコイルはベッドなどにも採用されている、高い安定感とちょうど良い弾力性が期待できる素材です。

このポケットコイルを36個も使用していますので、座った感覚がとても安定することがすぐに分かります。

体にかかる体重が分散されると言う効果もありますので、痛みが出にくい長時間座っていても安心できる座椅子だと言えます。

完璧なリクライニング機能で選ぶなら

低反発入りレバー付きリクライニング座椅子

低反発入りのレバー付きリクライニング座椅子【-WARAKU-ワラク】(ワイドタイプ)(ブラウン)

WARAKUの低反発入りレバー付きリクライニング座椅子は、ガス式の無段階リクライニングを実現しているタイプになります。

止まる部分が固定されていませんので、自分の好きな角度でリクライニングを行うことができます。

座椅子によっては、どうしても自分が理想としている部分でリクライニングが止まってくれないと感じてしまうことがあります。

この座椅子はこうしたストレスから解放させてくれるタイプだと言えます。

また、座る部分がワイドタイプになっていますので、大柄の人でも安心して長時間座り続けることができます。

しっかりとした素材が使われているので、重たい衝撃が加わっても形状が変化することなく安心して座ることができます。

また、この低反発入りレバー付きリクライニング座椅子は、カラーにもこだわっています。

シックなカラーから目立つ赤まで揃えてありますので、自分の部屋の雰囲気に合わせやすい座椅子だと言えます。

年齢と問わず、さまざまな人におすすめの座椅子です。

まとめ

座椅子で重要なポイントは、しっかり体を支える能力があるかどうかです。

座っている面だけではなく、背面についても体をカバーしてくれる能力があるかどうかがポイントになってきます。

また、座椅子によってはヘッドレストにまで力を入れているタイプもあります。

こうした座椅子をしっかり選んで、快適なリラックスタイムを得るようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子