腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

快適なマットレスを選ぶためのコツは?失敗しないための4つの注意点

   

マットレスは、寝るときの必需品となるものであり、ぐっすりと眠るためには欠かせない寝具のひとつです。

ただし、快適に眠るためには、どんなマットレスを使ってもよいわけではありません。

適切なマットレスを選ばないと、快適に眠るどころか、眠りを妨げてしまうこともあるのです。

では、マットレス選びで重要となる4つの注意点について、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

硬すぎるマットレスは避ける

快適なマットレスを選ぶなら、硬すぎる商品に注意してください。

腰痛を防いで楽に寝るためには、硬いマットレスの方がよいと考える人もいますが、むやみに硬さばかりを優先すると、失敗してしまうことがあります。

確かに、腰痛を防ぐには、ある程度の硬さが必要であり、少し硬めの商品を選ぶことは、間違いではありません。

腰に負担をかけずに快適な睡眠をするなら、よい姿勢を維持することが大切であり、体をしっかり支えてくれる硬さがないと、それは難しくなってしまうのです。

ただし、ただ硬ければよいわけでもありません。

硬すぎるマットレスは、体がまったく沈まないことで、逆に体への負担を大きくしてしまうのです。

体が沈まないということは、もはや床に寝ている状態と同じであり、どうしても痛みを感じることになります。

硬いマットレスに寝ると、体とマットレスの間の隙間が多くなり、マットレスに触れている一部分だけで、全体重を支えなければなりません。

そのような圧力の偏りが痛みにつながり、眠りを妨げることになるのです。

背骨の角度も重要

硬すぎるマットレスが体に与える痛みには、背骨の角度も関係しています。

快適に眠るためには、背骨がきれいなS字カーブになっていることが大切です。

背骨がS字のカーブになる状態は、立っているときと同じであり、体への負担が最も少ない理想的な姿勢になります。

その角度を維持することが、質のよい眠りにつながるのです。

しかし、床に寝ているような硬さのマットレスだと、このS字カーブを維持することができません。

背骨の湾曲が通常よりも小さくなってしまい、骨の周辺の筋肉に悪影響を与えます。

すると、腰痛や肩こりといった体の痛みを引き起こし、眠りを妨げてしまうのです。

そのため、快適なマットレスを選ぶなら、硬さには十分注意してください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

柔らかすぎるマットレスもよくない

快適なマットレスを選ぶためには、硬さばかりを求めるのは避けるべきです。

しかし、柔らかいものなら問題ないかというと、そうでもありません。

柔らかすぎるマットレスも、体に負担をかけてしまい、楽に眠ることができなくなるのです。

ここで重要になるのも、やはり姿勢になります。

柔らかすぎるマットレスを使ったときも、背骨をきれいなS字カーブにすることはできません。

というのも、柔らかいマットレスは、体が深く沈み込んでしまうからです。

すると、硬すぎるマットレスに寝たときとは逆に、背骨の湾曲が大きくなります。

体が沈むことで、ぐにゃりと大きく曲がってしまい、腰に多大な負担をかけることになるのです。

柔らかいマットレスは体を包み込んでくれるため、一見すると楽に寝られそうですが、こうしたデメリットがあることも、忘れないようにしましょう。

寝返りの回数

マットレスで快適に眠るためには、睡眠中の寝返りが欠かせません。

人間の体は、長く同じ姿勢でいると、どうしても痛みを感じるようになります。

そのため、まったく同じ姿勢を長く続けないよう、自然に体が動くことになるのです。

少しずつ体を動かし、常に楽な姿勢を保とうとします。

その動きが、睡眠中の寝返りなのです。

しかし、柔らかすぎるマットレスは、この寝返りを制限してしまうことがあります。

あまり深く体が沈んでいると、身動きがとりづらくなり、自然に寝返りをうつことができません。

そして、同じ姿勢を続ける時間が長くなれば、体に負担がかかり、快適さが失われてしまうのです。

寝返りをしっかり行うには、体が沈みすぎるマットレスではなく、体を適度に支えてくれるマットレスが適しています。

体の動きを制限しないためにも、柔らかさばかりを優先しないようにしましょう。

自分に合ったものを選ぶ

マットレスで気持ちよく眠るためには、自分に合ったマットレスを選ばなければなりません。

これは、デザインの好みなどではなく、「体格に合っているか」という意味です。

マットレスは、使う人の体格によって、適した商品が違ってきます。

例えば、体格がよくて体重が重い人の場合、マットレスは通常よりも深く沈むものです。

ただでさえ沈みやすい人が、柔らかいマットレスに寝てしまったときは、さらに沈み方が大きくなり、姿勢の維持や寝返りを正しく行うことができません。

また、体が下のベッドまで近づきすぎることで、底付き感の原因にもなるのです。

これを避けるためには、少し硬めのマットレスを使い、体重をしっかりと支えるようにしましょう。

硬さがあるマットレスなら、体格のよい人でも沈みすぎることはなく、快適に使うことができます。

逆に、小柄な人が使うなら、あまり硬くないマットレスがおすすめです。

小柄で軽い人の場合、硬いマットレスに寝ると、体が浮いてしまうことがあります。

快適に寝るためには、適度に体が沈んでいなければなりませんが、硬さに負けて浮いてしまうと、隙間ができて寝づらくなるのです。

ひどいときは、腰が反ったようになってしまい、腰痛になってしまうこともあります。

そのため、小柄な人は少し柔らかいものを選び、体が浮きすぎない状態で寝るようにしましょう。

このように、マットレスと自分の体格には、密接な関係があります。

快適なマットレスを購入するなら、この点をよく考えて選んでみてください。

厚さも大切

自分の体格に合ったマットレスを選ぶとき、重要になるのは、硬さだけではありません。

厚さもしっかりチェックしておくことが大切です。

かなり大柄な人の場合、十分な厚みのあるマットレスを使わないと、底付き感が気になってしまうことがあります。

大きな体を支えるには、ただ硬いだけでなく、体重を受け止めるための厚さも必要になるのです。

体格がよい人の場合、「自分の体を支えられる商品があるだろうか」といった不安を感じてしまうこともありますが、マットレスには多くの種類があります。

中には、30cmにもなる極厚の商品もあるので、なるべく厚いものを選んでおきましょう。

それなら、かなりの重量にも耐えられるため、大柄な人も安心して使うことができます。

実際の寝心地を確かめる

快適なマットレスを選ぶなら、ある意味ではこれが最も重要なポイントになります。

ここまで説明してきたように、硬すぎず柔らかすぎず、なおかつ自分の体格に合った商品を見極めるためには、実物に触れることが大切です。

いくら商品の情報を確認しても、それだけで決めてしまったのでは、「寝てみたら想像と違う」といった失敗が起きやすくなってしまいます。

それを回避するには、できるだけ試し寝をするのがおすすめです。

試しに寝てみることで、文字だけではわからない実際の感触を確かめることができ、より確実に商品を選別することができます。

お試し期間にも注目

通販でマットレスを買うときは、お試し期間をうまく利用してください。

お試し期間があると、しばらく寝て感触を確かめて、どうしても合わないときには、返品することが可能です。

店頭で試すときは、あまり長く寝ることはできないため、不安が残る場合もあります。

「時間をおいてもう一度寝たら違う感じになるかも」と考えてしまうのです。

しかし、お試し期間を利用すれば、その期間中は何度でも試すことができるので、納得できるまでじっくり検討することができます。

より確実性を高めるなら、ぜひ利用してみましょう。

まとめ

マットレスは、選び方を間違えると、睡眠を妨げるような商品を購入してしまうことがあります。

それでは、睡眠不足で体調を崩してしまう恐れもあるので、決して適当な選び方をしてはいけません。

ここで紹介した注意点も参考にして、自分にぴったりの商品を慎重に選んでください。

よいマットレスを使えば、ぐっすり眠り、毎日を健康的に過ごすことができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団