腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

快適な眠りにこだわりたい枕 高さ・硬さで選ぶ快適枕

   

まくらにこだわりたいという方も多く、今では自分の体に合わせたオーダーメイドの枕を取り扱っている枕専門のお店があるほど、「眠り」にこだわっているという方も多いと思います。

「枕にはこだわりたいけど、オーダーメイドのものはちょっとまだ・・・」と思っている方も少なくないと思います。

そんな方でも「枕の高さ」「硬さ」「素材」から選べるなら買ってみたいというかたも多いのではないでしょうか。

そこで、枕を自分の好みの高さから素材で選べるものを見てみたいと思います。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

フェザーとダウンから選べるインテリアショップ「アクタス」の枕

まくらにはいろんな素材でできているものがありますが、中でも柔らかさ・弾力にこだわるなら「フェザー」「ダウン」だという方も多いと思います。

インテリアショップ「アクタス」ではさまざまなこだわりのインテリア・雑貨を取り扱っていますが、中でも「枕」もこだわりを持ったラインナップが展開されています。

アクタスのオリジナルピローがリニューアルし、素材だけでなく高さ・硬さから選べるようになり、ぜひ注目したいベッドファブリックです。

フェザーとダウンの素材の違いは?

フェザーとダウンの大きな特徴としては、フェザーのほうはハードな手触り、ダウンはソフトな手触りが特徴です。

フェザーは吸湿・放散性にすぐれた素材で、頭をのせたときでもサポート力のある素材です。

ダウンは柔らかい手触りが特徴であることから、頭をのせると深く沈み込む心地よさが魅力の素材です。

フェザーとダウンはどちらも手触り・弾力にそれぞれの魅力がありますが、使い心地は人によってそれぞれだと思います。

フェザーとダウンの手触りの違いを使い分けて、好みの枕の硬さはどちらがいいか、を選ぶといいですね。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

アクタスの「NOSTAGE」ピロー ラインナップは「高さ」「硬さ」「素材」にこだわり

リニューアルしたアクタスの「NOSTAGEピロー」は、高さ・硬さ・素材から選べるこだわりのラインナップです。

1つ1つ丁寧なつくりのNOSTAGEピローは、毎日使う枕だからこそ、枕カバーの付け替えのことまで考えられた枕のつくりとなっています。

枕カバーを何回付け外ししてもほつれない、丈夫なつくりを目指したNOSTAGEピローは、長く清潔に愛用できるこだわりの枕です。

高さは3段階から選べます

NOSTAGEピローは3段階の高さから選べる枕になっています。

「HIGH」「MIDDLE」「LOW」の3段階から選べるようになっています。

枕の高さの好みは、人それぞれで違うので「低い方が好き」「高い方が眠りやすい」「ちょうど中間が良い」という方もたくさんいると思うので、こういった3段階から選べる枕の高さが展開されていると自分に合う高さに合わせて選べるのでいいですね。

好みの高さと素材で理想の硬さを 自分に合った枕を手軽に選べます

このような3段階の高さの違いを選んで、それに合わせて、フェザーとダウンの素材の特徴を踏まえた硬さを選ぶことで、枕の高さ・理想の硬さを実現することができるのではと思います。

例えば、枕の高さは少し高めがいいけど、あまり高さがあると首が痛くなる・・・でも少し高めにしたい、という場合は、フェザーで高い枕にしてしまうとサポート力のあるフェザーでは少し首に負担がかかってしまうことも考えられます。

そういった場合には、素材をダウンにすることで、高さはあるけど、頭をのせるとふわっと沈み込む手触りが特徴のダウンを選ぶことで、高さはあるけど手触りがやわらかい分、頭が沈み込むことでほどよい高さを実現することができます。

このように、微妙な高さの違いをフェザーとダウンの素材の違いで調節することができるので、まるでオーダーメイドの枕を使っているような使い心地を体験することができるかもしれません。

フェザーとダウンでは価格にも違いが

枕選びで気にかかることに、価格も1つ挙げられると思います。

枕選びにはこだわりたいけど、やはりいいものを選ぼうとすると価格があがってしまう、というのも確かにあります。

特にオーダーメイドの枕はこだわればこだわるほど、価格も高くなるので、価格はどれだけかかっても「自分に合ったこだわりの枕を作りたい」という方にはぜひおすすめなのがオーダーメイド枕ともいえます。

アクタスのNOSTAGEピローは、高さによって価格も若干の差がありますが、高さが同じでもフェザーかダウンかによっては数千円の違いが出てきます。

サポート力のあるフェザーよりも、柔らかさが特徴のダウンのほうが数千円ほど高い傾向にあるようです。

これは素材の柔らかさ・ダウンを使うことによる枕のつくりの違いによるものでもあると考えられ、ダウンは羽毛の本場であるドイツの高級ホテルでも使われているほどの柔らかさを持つ素材なため、このような価格の違いが出てくるようです。

ですが、フェザーもダウンも、どちらも優れた特徴のある素材であることは確かなので、快適な眠りのためにも、高さ・素材を選んで理想の硬さをぜひ実現した枕を使いたいですね。

睡眠のときになぜ枕が大切なのか

人は寝るときに枕を使いますが、なぜ枕が大切なのでしょうか。

それは、人はほかの動物に比べて頭の重さが重い傾向にあることから、背骨の形が横から見るとゆるいS字カーブ型になっています。

その状態が頭を支えた自然な状態でもあるのですが、睡眠の時にこの姿勢が保てなくなると、体の痛みやや違和感を感じる要因にもなるため、睡眠時には枕を使うことが必要となったと考えられています。

そう考えると、枕を使うときに、体に合わない高さ・硬さの枕を使っていると枕としての役目を十分に果たせず、快適な睡眠を実現できなくなります。

その結果、起きたときに肩こりや体の痛みを感じたり、しっかり眠ったか感覚が得られず、疲れが残った状態になってしまうということになるそうです。

このように考えると、睡眠の時に使う枕が意外と大事なこと、自分に合った高さ・硬さの枕を選ぶことの大切さを感じることができます。

人によって違う体格や体の大きさ 一人一人に合ったものを選びたい枕

頭を支えて体を自然な状態にして眠るためといわれる枕ですが、なぜ高さや硬さに違いがでるかというと、人によって体格や体の大きさが違うことから一人一人に合った枕を選ぶ必要があると考えられます。

家族で使う場合でも、子どもとお父さんの枕は同じものを使っているという方は少ないと思いますし、大人同士でも枕の好みが違うのはごく自然なことだと思います。

アクタスでは、子ども向けの枕も展開されているので、子どもも枕選びに迷っている方にぜひおすすめしたいです。

体格のいい男性は比較的高さのある硬めの枕を好む傾向にあるので、枕を使う理由を理解するとなんとなく納得できます。

子どもでもキッズ向けの枕でなく、高さ低めの枕で素材を選んでみると、ちょうどいい高さの枕を見つけることができると思います。

「最近なかなか寝付けない」「起きてもなんだか疲れた表情をしている」といったことが気になるときは、使っている枕が合っていないことも考えられるので、一度枕を変えてみるのもいいかもしれないです。

まとめ

枕について改めて考えてみると、なぜ「睡眠では枕が大切」と言われているのかが分かったという方も多いと思います。

枕は寝ているときの頭を支える重要な役割をしているとも言える、睡眠時の大切なアイテムです。

今回はアクタスの「NOSTAGEピロー」についてみていきましたが、もちろんオーダーメイドの枕も自分のこだわりに合わせた枕を作ることができるので、とても魅力的です。

ぜひ、一度睡眠のときの「枕」について見直してみると今までの眠りが変わるきっかけになるかもしれません。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら