腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

快適に眠りたい方におすすめのまくら!スージーAS快眠枕を紹介

   

スージーAS快眠枕 いびき防止グッズ 快眠サポート

快適に寝てもらえるように作られたのが『スージーAS快眠枕』で、このまくらは、優れた素材や形状で作られています。

そのため快適に寝たい方にしてみれば、購入したい商品と言えますが、なぜ快適に寝られるように作られたのか不思議に思う方もいるでしょう。

そこで、このスージー快眠枕のコンセプトや特徴について詳しく紹介します。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

スージーAS快眠枕の3つの『A』

スージーAS快眠枕は、快適に寝られるように大切にしているコンセプトが3つあります。

そのコンセプトがAdvanced-Sleep(先進的快眠)・Anti-Snore(アンチ・いびき)・Anti-Straight-neck(アンチ・ストレートネック)です。

スージーAS快眠枕を知らない方のために、この3つのコンセプトによって、どのような意図でまくらが作られたのか詳しく説明しましょう。

Advanced-Sleep

快適に寝られるためには、身体に合うまくらを使用する事が重要です。

もしも身体に合わないまくらを使用したら、首や肩に負担をかけてしまい、浅い眠りになってしまいます。

浅い眠りになったら、日中は睡眠不足に悩まされて車を運転する時は集中力が散漫になってしまい、最悪の場合は交通事故を起こす危険性があります。

実際に、睡眠不足により交通事故を起こすドライバーが多くて社会問題になっているのです。

そのような事態を避けるためにも、身体に合ったまくらを作って快適に寝られるように、スージーAS快眠枕は作られたのです。

Anti-Snore

仕事に疲れて夜になり、ようやく寝られるかと思ったら家族でいびきのうるさい方がいて、寝られない日々が続く経験をした方は多いでしょう。

いびきをかいてしまうのは、様々な原因がありますが、気道が圧迫されて狭くなる事からいびきをかく事があります。

気道を圧迫するのは、まくらの高さが合わない場合があります。

そのため高さを合わせたまくらを選ぶ事が重要ですが、仮に高さの合ったまくらを使用しても、仰向きと横向きでは首の角度が変わってしまうのです。

そこでスージーAS快眠まくらは、仰向きや横向きでも快適に寝られるような特殊な形状に作られました。

Anti-Straight-neck

ストレートネックは、パソコンやスマホを長い時間に渡って見続ける事により、首が真っ直ぐの状態にゆがんでしまう症状です。

健康的な首であれば、30~40度の角度が付いていますが、30度以下になったらストレートネックと言われています。

ストレートネックになったら、首に痛みを感じて肩こりになりやすいので快適に寝る事が難しくなります。

そこでスージーAS快眠枕は、ストレートネックになった首に角度を付けられるような形状になっているのです。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

快適な睡眠を確保出来る理由

優れた素材で有名なウレタンを使用しているまくらは多いのですが、実はこのウレタンには大きな弱点があります。

しかしスージーAS快眠枕は、その弱点をカバーして、ウレタンの長所だけを生かせるまくらに作られているので詳しく紹介します。

頭に熱気がこもる可能性

ウレタンは肌触りが良いのですが、熱気がこもりやすい弱点があります。

そのため低反発ウレタンまくらの多くは、頭がまくらに沈み込んだら、頭の周りに熱気がこまってしまい熱く感じてしまうのです。

このような状態になったら、睡眠の質が低下してしまい睡眠不足になってしまうのです。

ウレタンの弱点をカバー

スージーAS快眠枕は、首を乗せる部分の両サイドが高くなっており、真ん中の部分が低くなっています。

この形状のお陰でしっかりと首とホールドしてくれるので、安定した状態で寝る事が出来ます。

さらに、両サイドが高くなっている事により、横向きになっても首や肩にかかる負担を軽減してくれるのです。

そして頭に乗せる部分にむかって低くなっており、後頭部側に隙間が出来るように作られています。

この隙間によって熱気がこもるのを防いで浅い眠りにならないように作られているのです。

さらに通気性があってクッション性のある生地を使用する事によって、熱気のこもりを防ぐだけでなく寝心地がよくなっています。

鼻呼吸がラクになれる理由

スージーAS快眠枕は気道を圧迫しないように作られており、実際にスージーAS快眠枕を利用したら、鼻の通りがよくなったデータもあるのです。

そこで気道を圧迫するといびきをかく仕組みや、気道を圧迫しないように作られたまくらの形状について詳しく紹介します。

いびきをかく原因

いびきというのは粘膜の振動音によるもので、気道が圧迫されて狭くなったら、この振動音が鳴るようになります。

なぜなら気道とは空気の通り道であり、ここが狭くなってしまえば呼吸をする時に、出入りする空気によって粘膜が振動してしまうのです。

しかし身体に合わないまくらを使用しても、いびきをかかない方もいますが、それはまくらを使用しない時は気道が狭くなっていない方といる方の違いがあるからです。

肥満体型の方は、首回りに脂肪が付いており、それが原因になって気道が圧迫されています。

そのため肥満体型の方はいびきをかきやすいのです。

いびきは周りの方に迷惑をかけるだけでなく、ご自分のいびきに気づいて起きてしまう場合もあります。

そうなれば、家族だけでなくご自身も睡眠不足になるので、気道を圧迫しないまくらを選ぶ事が重要なのです。

優れた形状

スージーAS快眠枕は首を支える部分が高くなっており、頭に向かって低くなっている形状なので、気道を圧迫しないようになっています。

それを証明するために、医療機関で20代女性や30代男性に従来品のまくらとスージーAS快眠枕を使用してもらったら、スージーAS快眠枕のほうが115%も鼻が通りやすい結果が出たのです。

ただし、個人差があるので全ての方が、同じような結果が出るという訳ではないかもしれませんが、従来品より鼻が通りやすいのは間違いないでしょう。

さらに首を支える部分の両サイドには『立体サイドバンク』がついており、横向きになっても気道が圧迫されないように出来ています。

ストレートネックに対応した形状

ストレートネックになった方は、なぜパソコンやスマホを見続けたら首が真っ直ぐにゆがんでしまうのか不思議に思う方はいるでしょう。

その原因を理解出来なかったら、スージーAS快眠枕が真っ直ぐに歪んだストレートネックの方に合ったまくらである事が分からないので詳しく説明しましょう。

ストレートネックになる原因

健康的な姿勢というのは、腰から背中になる所でカーブして、背中から肩で逆にカーブしていきます。

これは首も同じ事で、肩から首でカーブが付いて、首から頭に向かって再び逆にカーブするのです。

パソコンやスマホを見る時にストレートネックになるのは、頭だけ前かがみになる事によって、首から頭に付いているカーブがなくなってしまうからです。

そのためパソコンより、前かがみになりやすいスマホを見ているほうが、ストレートネックになる可能性があります。

この症状を治すには、真っ直ぐになったストレートネックに再びカーブする形状のまくらを使用する事がおすすめです。

首にカーブをつける形状

スージーAS快眠枕は首を支える部分が高くなって、頭に向かっている部分が低くなっているので、首にカーブをつける構造として理想的なまくらと言えます。

この構造はまくらの熱気をこもらせない意味もあるので、実はウレタンの弱点を克服するためとストレートネック対応を狙った構造で、正に一石二鳥を狙ったまくらになっているのです。

さらにスージーAS快眠枕は、高さの異なる『ベーシックタイプ』と『ロータイプ』の2種類が用意されているので、出来るだけ身体に合うまくらを選ぶ事が出来ます。

まとめ

スージーAS快眠枕は、気道を圧迫しないように作られており、快適に寝られるようになっています。

いびきをかく方のなかには、いびきを軽く考えてしまう方がいますが、気道を圧迫されて無呼吸症候群になる可能性があるのです。

そのため、まくらによって気道が圧迫されているのではないかと思う方は、スージーAS快眠枕を1度は試してみる価値はあるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら