腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

意外としている人が多い!マットレスの上に布団を敷いてあるのはアリ?

   

日本製 マットレス 低反発マットレス シングル 訳あり 厚みムラ NEW-WAKE

マットレスは、基本的にはマットレスの上にそのまま寝るモノになります。

そもそもそういうことを想定して作られているものになりますから。

でも世の中にはマットレスの上に布団を敷いて寝るという方も一定数います。

それは、実際のところどうなのでしょうか?

アリなのでしょうか?

それともナシなのでしょうか?

ここではそれについてみていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

基本的にはなしだと言える

マットレスの上に布団を敷いて寝るというのは、基本的にはナシだと言えるでしょう。

マットレスの上に布団を敷くと、確かに布団で寝ているような感覚があじわえて、布団派だけでベッドでねるしかないという方にとっては、それはすごく効果的だと言えるでしょう。

しかし、基本的にはマットレスの上に布団を敷いて寝るのは良くないのです。

それには当然理由もあります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

マットレスに湿度がこもってしまう

マットレスの上に布団を敷いて寝るのが良くない理由としてまず挙げられるのは、マットレスに湿度がこもってしまうと言うことです。

マットレスの上に布団を敷くということは、マットレスの上に厚めの布をかけるということになります。

そうして布で蓋をされていたら、当然マットレスにはかなりの湿度がこもるでしょう。

湿度が抜けていきづらくなりますから。

布団からの湿度はうける

そうしてマットレスからは湿度が抜けて行きづらいのに、布団からの湿度はうけることになると言えるでしょう。

そもそも布団は厚みがないことが多いですから、その上に寝ている方の湿度も下に伝えてしまいます。

だからマットレスには湿度が届いてしまうのです。

そして、布団の上には人が寝ているわけなのですから、その布団はマットレスを強く押していることになります。

ということはつまり、その分だけしっかりと蓋をされることになるのです。

そうなればやはりマットレスの湿度は抜けづらくなるでしょう。

湿度が溜まるとカビたりへたったりする

ではそんな風にマットレスの上に布団を敷いて寝て、そのせいでマットレスに湿度が溜まってしまったらどうなるでしょうか?

そうしてマットレスの上に布団を敷いて寝て、そのせいでマットレスに湿度が溜まってしまったら、マットレスはカビたり、あるいはへたったりする可能性が高くなります。

湿度がこもるとカビが発生しやすい環境になりますから、カビるのは仕方ないです。

また、湿度が高くなると、弾力性もなくなりがちになるので、その分マットレスがへたりやすくなるのも仕方ないと言えます。

いずれにしても、マットレスの寿命が短くなってしまうことは間違いないでしょう。

マットレスの上に布団を敷くと腰が痛くなる

また、マットレスの上に布団を敷くことがおすすめできない理由として、マットレスの上に布団を敷くと、腰が痛くなってしまうということも挙げられます。

マットレスの上に布団を敷くと、そのせいで身体がしっかりと包まれるように沈むという事が無くなります。

そうではなく全体がアーチ状に沈むことになるでしょう。

丁度「ヘ」の字を逆にしたようなかたちになってしまうことでしょう。

もちろんここまで急激なアーチではありませんが。

そうして全体がアーチ状に凹んでしまうことになると、そのアーチの頂上時点である腰のあたりに、すごく体重の負荷が掛かるようになります。

だから、マットレスの上に布団を敷いて寝ると、そのせいで腰が痛くなってしまうと言えるのです。

マットレスだけならば体重を分散できる

これがマットレスだけだったらまた話が違います。

もしマットレスの上に普通に寝ていたら、きちんと体の形に沈むようになるでしょう。

そうすると腰のあたりに全体重がかかるのではなく、むしろ体重の負荷を、マットレスに増えている部分全体に分散できるようになると言えます。

もちろんそれでも、腰にあたりにかかる負荷は大きい方であることは間違いないのですが、少なくとも分散出来ないで体重を受けてしまうよりは、はるかに腰の辺りは楽になる可能性が高いです。

マットレスの強みがなくなる

こうして体重を分散することが出来るというのが、一番のマットレスの強みだと言っても過言ではないでしょう。

それなのに、マットレスの上に布団を敷いて寝ていたら、そのせいでその一番の強みがなくなってしまいます。

そうして一番の強みがなくなれば、せっかく買ったマットレスがすごく勿体なくなると言えるでしょう。

それは残念なので、やはりマットレスの上に布団を敷いて寝るというのは、おすすめできません。

ただアリな場合もある

基本的にはこのようにマットレスの上に布団を敷いて寝るのはなしだと言えます。

でも、必ずしも全てのパターンでナシかと言うと、そんなことはありません。

マットレスの上に布団を敷いて寝るのが、アリになるパターンがあります。

それがどんなパターンかわかりますでしょうか?

マットレスが異常に固い場合

それは、マットレスが異常に固い場合です。

マットレスは基本的には固めという表記であったとしても、それなりに柔らかいです。

マットレスには先述のような体重の分散をさせるという目的があるので、あまり固いとダメなのです。

だから、基本的にはそこまで固いものはありません。

しかし中には、ものすごく固い、フローリングの上で寝ているのと大差ないような質感のマットレスもあります。

なので、そういうマットレスを使用している場合には、その上に布団を敷いて寝るのもアリでしょう。

デメリットは一つ消えるし寝心地も良くなる

そういうすごく固いマットレスの上に布団を敷いて寝るのであれば、マットレスの上に布団を敷くことのデメリットが一つ消えます。

なぜなら、そもそもそういう固いマットレスでは、体重が分散されないからです。

むしろ逆にある程度身体が沈む布団を上に敷くことで、ほんの少しだけ体重の分散が出来るようになると言えるでしょう。

また当然ながらそういうすごく固いマットレスで寝ているよりも、布団で寝ていた方が寝心地は良いはずです。

なので、固いマットレスの上に布団を敷いて寝れば、その分だけ良い睡眠を手にすることが出来るようになるでしょう。

湿度がこもりやすいというのは、たとえ固いマットレスでも変わらないので、その点はデメリットになりますが、その点も固いマットレスの場合はそこまで気にすることでもないでしょう。

固いマットレスはすごく安いことが多い

なぜなら、そこまで固いマットレスはそもそも、すごく安いものであることが多いからです。

なのでたとえ湿度が高まったせいでダメになってしまったとしても、そこまでダメージは受けないのです。

そうしてダメになってしまうまでのスピードが早くなるということよりもむしろ、寝心地が悪いことの方が問題だと言えます。

だから、こういう固いマットレスで寝ている場合には、その上に布団を敷いて寝るのは全然アリです。

アリと言うかむしろそれはもはや、おすすめだとも言えるでしょう。

そういうすごく固いマットレスで寝ている場合には、是非その上に布団を敷くことを試してみてください。

まとめ

基本的には、マットレスの上に布団を敷いて寝るというはナシになります。

それをすることでマットレスの大きな強みを失ってしまいますし、特にメリットもありません。

でも、今すごく固いマットレスを使用しているという場合だけは別です。

その場合にはむしろマットレスの上に布団を敷いて寝るのはおすすめになるので、それは覚えておくと良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団