腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

授乳クッションにもなる3way抱き枕は産後の腰痛におすすめ?

   

ベビ★ママ 抱き枕 3way 授乳クッション 腰まくら 足まくら お座りサポートクッション 日本製 森とクマ

待望の赤ちゃんを産んだ後は、多くの女性にとって、かけがえのない至福の時でしょう。

所が、赤ちゃんを出産したら、骨盤が広がっていたり傾いていたりするので、腰痛になりやすいのです。

そのため、産後の腰痛に悩んでしまう女性は多くいるのです。

そこで、おすすめしたいのが『授乳クッションにもなる3way抱き枕』です。

このクッションは、産後の腰痛を軽減できるケースがいくつもあるので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

授乳クッションにもなる3way抱き枕の特徴

授乳クッションにもなる3way抱き枕が、産後の腰痛に悩んでいる方におすすめなのは、授乳クッションと抱き枕の2つの機能を備えているからです。

そこで産後の腰痛に悩んでいる方のために、その2つの機能について詳しく紹介するので確認してみて下さい。

抱き枕として利用

ベビ★ママ 抱き枕 3way 授乳クッション 腰まくら 足まくら お座りサポートクッション 日本製 森とクマ

授乳クッションにもなる3way抱き枕は三日月のような形状をしていて、商品名の通りで抱き枕として使用する事ができます。

実は腰痛に悩んでいる時に、仰向けで寝ていたら腰が下のほうになっているので、腰が痛くなりやすいのです。

そこで授乳クッションにもなる3way抱き枕を抱き枕として使用して、横向きで寝れば腰が下のほうにならないので、腰にかかる負担を軽減する事ができます。

そのため産後になってから、腰痛に悩むようになった場合には、授乳クッションにもなる3way抱き枕はおすすめです。

お腹にフィット

授乳クッションにもなる3way抱き枕は三日月の形状をしているので、この抱き枕に抱きつくようにすれば、三日月の形状がお腹にフィットするようになります。

お腹にフィットする抱き枕に抱きついていれば、気持ちを少し落ち着かせる事ができます。

そうすればストレスが溜まるのを少しは抑える効果も期待できるでしょう。

実際に産後のお母さんは赤ちゃんの夜泣きが原因で、ストレスを溜めている場合があります。

そのような事になれば、腰痛を悪化させてしまう場合があります。

なぜならストレスが溜まったら、血管が収縮して疲労物質が溜まるので、腰が痛くなってしまう事があるからです。

そのため、授乳クッションにもなる3way抱き枕を利用して、気持ちを落ち着かせる方法はおすすめです。

授乳クッション

産後の時期に、腰痛に悩まされる原因として『授乳』が挙げられます。

実は、赤ちゃんに授乳しようとしたら、膝の上に赤ちゃんを乗せて、お母さんは背筋を曲げてしまうので腰に大きな負担をかけてしまうのです。

そのような事になれば、腰痛を悪化させやすくなります。

そこで授乳クッションにもなる3way抱き枕の上に、赤ちゃんを乗せれば、それほど背筋を曲げなくて済みます。

そのため、腰にかかる負担を軽減できるので、産後の腰痛に悩んでいる方にはおすすめの授乳クッションです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

授乳クッションのメリット

産後の時期に、腰痛に悩んでしまうケースとして『ストレートネック』が関係している事があります。

しかし、このストレートネックについて、知らない方は多いと思うので詳しく紹介しましょう。

ストレートネック対策

ストレートネックとは、簡単に言ってしまえば、首が真っ直ぐな状態になる事を言います。

実はスマホを見ていたら、顔を斜め下に傾ける事によって首が真っ直ぐにするので、スマホを利用している方でストレートネックになる方が増えています。

所が、このような姿勢は赤ちゃんに授乳をする際でも同じなので、授乳をしている方で、スマホも使用している場合にはストレートネックになりやすいのです。

ストレートネックになったら、首に大きな負担をかけるようになるので、腰にも悪い影響を与えるので注意しなければいけません。

首と腰の関係

首と腰は離れた位置にあるので、ストレートネックになって腰痛が悪化する事は、にわかに信じ難いでしょう。

所が、首と腰は筋肉や背骨で繋がっているので、首に大きな負担をかけていたら、腰痛が悪化するのです。

なぜなら首を痛めてしまえば、首をかばおうとして、背中に負担をかけます。

そうなれば背中に負担をかけてしまって、今度は背中をかばおうとして腰に負担をかけてしまうのです。

このように将棋倒しのように負担の連鎖が続いてしまうので、ストレートネックの対策を講じる事が重要になります。

授乳クッションにもなる3way抱き枕を利用すれば赤ちゃんの位置が少し高くなるので、顔はそれほど傾けなくて済むのです。

そのためストレートネックと腰痛対策のためにも、授乳クッションにもなる3way抱き枕はおすすめです。

授乳クッションにもなる3way抱き枕の商品情報

授乳クッションにもなる3way抱き枕が、産後の腰痛に有効な抱き枕である事が分かっても、商品情報も把握しておかなければ損をする事があります。

そこで授乳クッションにもなる3way抱き枕を詳しく知りたい方のために、商品情報も紹介するので、確認してみて下さい。

豊富なバリエーション

産後の腰痛に悩んでいる方にとって、嬉しいポイントがいくつもある授乳クッションですが、あなたのお好みの合うデザインでなければ購入したくないでしょう。

所が、授乳クッションにもなる3way抱き枕には様々なデザインが用意されているので、あなたが気に入るデザインを見つけられる可能性が高いのです。

そのデザインの種類とは、水玉のデザインが6種類(パープル・サックス・ピンク・ブルー・オレンジ・ベージュ)と花柄のデザインが4種類(パープル・サックス・ピンク・ベージュ)などがあるのです。

高額な枕?

授乳クッションにもなる3way抱き枕は魅力的なポイントが多くなっていますが、値段は少し高くなっています。

実際に楽天市場では、送料無料ですが、税込価格6,723円もするのです(2017年10月1日時点)。

実際に楽天市場では、数多くの授乳クッションが販売されていますが、安い物であれば1,000円以下で販売されている物があるのです。

そのため値段が安い授乳クッションを探している方は、注意したほうが良いでしょう。

利用者たちの口コミ

授乳クッションにもなる3way抱き枕は腰痛でも利用しやすくなっていますが、値段が高くなっているので、購入するべきか戸惑っている方もいるでしょう。

そこで授乳クッションにもなる3way抱き枕を利用している方たちの口コミを紹介するので、この授乳クッションを購入するべきか参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

授乳クッションにもなる3way抱き枕を利用していたら、クッションが少しつぶれてしまうケースがありました。

そのため耐久性はそれほど優れていないので、注意する必要があるでしょう。

そして授乳クッションにもなる3way抱き枕のカーブ形状になっている所の縫製が避けてしまうケースもあったのです。

そのため中材だけではなく、生地も丈夫にできていない可能性が高いので、長い間に渡って使用できる授乳クッションを探している方は注意して下さい。

良い口コミ

授乳クッションにもなる3way抱き枕を授乳クッションとして、使用している方で、適度なサイズになっている所を満足していました。

そのため耐久性は優れていなくても、短期間で使用する際には授乳クッションとして重宝できるでしょう。

そして授乳クッションにもなる3way抱き枕のデザインを気に入っている方もいて、この辺りは豊富なデザインを用意しているのが、効いているでしょう。

まとめ

授乳クッションにもなる3way抱き枕は、産後の腰痛に悩んでいる方にとって、いくつか嬉しいポイントがあります。

ただし産後の時期に、腰痛になってしまうケースは様々な原因があるので、授乳クッションにもなる3way抱き枕を利用しても腰痛に悩まされる事があります。

そのため、授乳クッションにもなる3way抱き枕を利用しても腰痛に悩まされる場合には、しっかり腰痛になっている原因を把握する事が重要です。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション