腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

敷き布団『minshiki』の魅力を紹介!腰痛の方は必見?

   

敷布団 100万人のデータから生まれた みんしき minmaku みんなの敷ふとん 敷布団 体圧分散 ふつう かため 選べるかたさ 腰痛 肩こり マットレス ウレタン 三つ折り 日本製(シングルサイズ, 固さ/ふつう)

日本では腰にかかる負担を軽減できるマットレスが数多く販売されています。

そのため、腰痛で悩んでいる方の中には「良質な睡眠を確保するためには、マットレスを購入するしかないのだろうか」と悩んでいるかもしれません。

ところが数多くある敷き布団の中には『minshiki(みんしき)』のように、腰にかかる負担を軽減できる物もあるので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

minshikiの特徴

minshikiは敷き布団なのに、腰にかかる負担を軽減できるような形状になっています。

そのため、腰にかかる負担を軽減できる敷き布団を探してる方には興味深い所だと思うので、詳しく紹介するので、確認してみて下さい。

体圧分散

敷布団 100万人のデータから生まれた みんしき minmaku みんなの敷ふとん 敷布団 体圧分散 ふつう かため 選べるかたさ 腰痛 肩こり マットレス ウレタン 三つ折り 日本製(シングルサイズ, 固さ/ふつう)

minshikiは、体圧を分散できるような凹凸構造になっています。

もしも凹凸ではなく平面になっていれば、体圧を分散する事が難しくなってしまいます。

実際に足や腕よりも腰のほうが重くなっているので、体圧は腰に集中しやすくなっているのです。

そのため、体圧を分散できる敷き布団を利用しなければ、腰痛が悪化する可能性が高くなってしまいます。

そのような事を考えれば、腰痛の方には、体圧を分散できるminshikiはおすすめです。

3種類のウレタン

minshikiには、3種類の『ウレタン』が用意されていて、N(ニュートン)の数値が異なっているので、硬さを選ぶ事ができるのです。

その種類は、100N・120N・170Nなどが用意されているのです。

100Nは適度な硬さになっていて、120Nは少し硬めになっていて、170Nはさらに硬くなっています。

このように3種類の硬さが用意されているので、あなたの好みの硬さの敷き布団を見つけられる可能性が高いでしょう。

ウレタンを活用

minshikiは、1枚で頭から足の先まで支えるような敷き布団ではありません。

その仕組みは3枚によって、身体を支えるように使用します。

1枚目は頭から胸の所まで支えて、2枚目は腰を支えて、3枚目はヒザ下から足先を支えるように使います。

minshikiは硬さが違うので、腰の所だけ硬いminshikiを使用したい場合には170Nを使用して、その他の部分は120Nを利用する活用法があるのです。

この活用法であれば、腰が沈み込むのを抑えながら、その他の部分は柔らかいminshikiを利用する事ができます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

ダニ対策に有効な敷き布団?

腰痛の方が寝具を選ぶ際は、腰にかかる負担を軽減できる所ばかりに注目してしまうでしょう。

しかし寝具にはダニが繁殖しやすいので、通気性も注目しなければいけません。

そこでminshikiを詳しく知りたい方のために、この敷き布団の通気性やダニ対策について紹介するので確認してみて下さい。

優れた通気性

私たちは一晩で寝汗をコップ一杯分もかいてしまうので、一晩で敷き布団には多くの寝汗がしみ込んでしまいます。

さらに、一晩の間に寝ていたら身体と敷き布団は接してるので、熱がこもりやすくなっています。

そのため、敷き布団は湿気が溜まりやすくなってしまうので、ダニが繁殖しやすくなっているのです。

所が、minshikiは凹凸構造の所に隙間があって、通気性を向上しています。

さらにminshikiには通気性を良くするために、多数の穴を作っているのです。

そのため、ダニが繁殖しづらい敷き布団を探している方にも、minshikiはおすすめです。

チリダニに注意

日本には様々なダニがいて、ツメダニのように人間を刺すダニもいれば、チリダニように人間を刺さないダニもいるのです。

敷き布団で繁殖するのはチリダニになります。

多くの方はチリダニは肌を刺してこないので安心するかもしれませんが、敷き布団に多くのチリダニの死骸(しがい)やフンが溜まってしまえば、ダニアレルギーを発症する可能性が高くなってしまうのです。

そのような事もあるので、ダニアレルギーを発症する可能性を低くするために、minshikiを利用してみる価値があるでしょう。

ダニアレルギー

ダニアレルギーを発症した事がない方は、どのような症状を発症するのか分からないでしょう。

実はダニアレルギーの症状は花粉症や風邪に近くて、その症状は、目の充血・くしゃみ・鼻水・ぜんそくなどです。

このような症状なので、ダニアレルギーを発症しても、花粉症もしくは風邪を疑う可能性が高いでしょう。

そのためダニアレルギーを発症しても、対策を講じるのが遅れてしまうので、日頃から通気性の高い敷き布団を利用しておく事は重要です。

体圧分散するメリット

minshikiは体圧分散できますが、そのメリットは腰にかかる負担を軽減できるだけではありません。

そこでminshikiを詳しく知りたい方のために、どのようなメリットがあるのか紹介するので、確認してみて下さい。

睡眠の質

体圧分散できる敷き布団を利用するメリットとして、睡眠の質が低下するのを抑えられる事が挙げられます。

なぜなら体圧を分散できない敷き布団を利用していたら、腰に体圧が集中して、腰が痛く感じてしまうケースがあるからです。

睡眠の質が低下したら、様々なデメリットがありますが、そのうちの一つが薄毛や抜け毛に悩まされる事です。

実は、寝ている時には成長ホルモンが分泌されるようになるので、良質な睡眠を確保する事は育毛する上で重要になります。

そのため、良質な睡眠や成長ホルモンなどを考えたら、体圧を分散できる敷き布団を利用するメリットは大きいでしょう。

寝返りの打ちやすさ

体圧を分散できる敷き布団は、身体の沈み込みを抑えられるので、寝返りが打ちやすくなります。

実際に身体が沈み込んでしまえば、低い位置から高い位置へ身体を転がさなければいけないので、寝返りが打ちづらくなります。

寝返りが打ちづらくなってしまえば、仰向けの状態になっている時間が長くなる可能性が高くなるので、腰が下のほうになっている時間帯も長くなるのです。

そのような事になれば、腰痛の方にとって辛く感じてしまうでしょう。

そのため、寝返りを打ちやすくなっているのは、体圧を分散できる敷き布団の大きなメリットです。

製品情報の内容

minshikiの魅力が分かってもらえた所で、次にminshikiの耐久性やコストパフォーマンスなども説明するので、この敷き布団を詳しく知りたい方は見ていきましょう。

優れた耐久性

体圧を分散できる敷き布団でも耐久性が優れていなければ、体圧を分散する事が難しくなります。

所が、minshikiは高い耐久性を実現するために、数多くの圧縮テストを行ってきたのです。

メーカーの発表によれば、その圧縮テストは約80,000回にも及んで、復元率は98.7%を実現しています。

ここまで圧縮テストを繰り返して作られたminshikiなので、耐久性が優れているのです。

コストパフォーマンス

腰痛の方でも利用しやすい敷き布団ですが、多くの方が気になるのは値段でしょう。

実際にminshikiは、楽天市場では送料無料で税込価格35,640円になります(2017年9月20日時点)。

敷き布団にしてみれば、少し値段が高いように感じるかもしれません。

しかし体圧を分散できる構造になっているので、コストパフォーマンスが高い敷き布団と言えるでしょう。

まとめ

minshikiは敷き布団なのに、凹凸構造になっているので、体圧を分散できるようになっています。

そのため腰痛の方で、敷き布団を利用していて、腰が痛く感じてしまう場合にはminshikiを利用してみる価値があるでしょう。

実際に敷き布団であれば、畳の上でも利用する事ができます。

そのためベッドを置く部屋がなくて、腰にかかる負担を軽減できなかった方には、minshikiはおすすめです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団