腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

敷き布団の選び方で腰痛や肩こりの悩みから解消される

   

敷き布団は、眠れたら何でもよいというわけではありません。

敷き布団によって、素材や硬さ、分厚さが変わってきます。

体に合わない敷き布団を選んでしまうと、寝ている間に腰痛や肩こりになってしまい、慢性化してしまいます。

自分の体に合った敷き布団を選んで、気持ちよく睡眠に入り、熟睡できる快適な環境を作りましょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

寝ている間の腰痛対策

腰痛があると、朝起きたときに腰に痛みを感じます。

寝ている間に体が固まってしまうためで、腰に痛みがあると思うように体を伸ばすことができません。

人は、寝ている間に何度も寝返りをします。

自然に体勢を変えることで、血行が良くなり体が固まりにくくなります。

寝返りをうちやすい布団を選ぶことで、体が固まるのを防ぐことができます。

朝起きたときに腰痛を感じる場合は、敷き布団が体に合っていなかったり、敷き布団が古くなって寿命が来ていたりすることが原因です。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

高反発マットレスと低反発マットレス

高反発マットレスは、表面は硬めではねる感じがします。

寝姿勢はくずれにくく、寝返りがうちやすいというところがあります。

一度体が沈み込んでも、マットレスの持つ弾性で一定のところまで沈んだら体を押し返してくれるので、沈み方が少なくなります。

低反発マットレスは、ソフトで体圧分散良好です。

しかし、柔らかくて気持ちが良いのですが、身体を支える力が弱いので寝姿勢がくずれやすく、寝返りがうちにくいというところがあります。

マットレスが柔らかいので、体が沈み込んでしまうとそのままの状態が続きます。

腰痛のことを考えると、寝返りをうちやすい高反発マットレスがおすすめになります。

敷き布団は使い続けると弾性が低下する

敷き布団は、使い続けることで変形して弾性が衰えてきます。

見た目では変化が無い場合でも、弾性が低下してくると敷き布団に寝た時に一番重いおしりの部分が重みで沈みます。

寝ているときに、身体にかかる圧力のうちで最も大きいのがお尻の部分だからです。

全体重の約半分の重量がかかっています。

弾性の衰えは、体の重みで敷き布団の沈み込み方が変わることです。

せっかく腰痛対策に良い敷き布団を購入しても、弾性が衰えてしまうと腰痛対策にはなりません。

購入時のポイントとして、長く使用できるものを選ぶことが大切です。

敷き布団で腰痛を防止したい

上を向いて寝ているときに、布団に重みが一番かかる場所はおしりです。

次に背中、ふくらはぎ、頭の順番になります。

寝る時の理想的な姿勢は、背中と腰とおしりがS字を描いている感覚です。

しかし、敷き布団に体が沈み込んでしまうと、背中からおしりまでまっすぐになってしまい、腰が沈みすぎて重みがかかってしまいます。

腰に負担をかけないためには、体が沈み込みすぎないように、体に合ったマットレスの敷き布団を選ぶことで腰痛を防止できます。

体重によって体に合うマットレスが変わる

腰痛を持っている方全員が、同じ敷き布団を選んでも体に合うとは限りません。

それは、体重が違うからです。

体の重みで布団が沈むので、適度な沈み方になるマットレスを選ぶ必要があります。

腰痛には高反発マットレスが良いのですが、体重によってマットレスの反発力の感じ方が違ってきます。

高反発マットレスといっても、反発力は商品によって異なります。

反発力が大きいものから、少ないものまであります。

体重が重い方は重い分沈みやすくなるので、反発力が大きなものがおすすめです。

反対に、体重が軽い方は反発力が少ないものがおすすめです。

低反発ではなく、高反発のマットレスの反発力が少ないものを指します。

せんべい布団は腰痛に影響するか

敷き布団を長く使っていると、徐々に薄くなりせんべい布団と呼ばれるようになるまで使っている方もいます。

物を大切にすることは素晴らしいことなのですが、せんべい布団は腰痛には悪影響を与えてしまいます。

床に薄い布団を敷いて寝ているので、弾性はありません。

体の一部に負荷がかかっている状態になり、背中とおしりに重荷がかかってきます。

腰が浮いてしまいます。

体のゆがみで、腰痛が悪化してしまいます。

せんべい布団をそのまま使用したい場合は、下に低反発のマットレスを組み合わせることがおすすめです。

弾性ができて、理想的な体勢で寝ることができます。

敷き布団を長持ちさせるためには

体に合う敷き布団が見つかったら、気持ちよく長く使い続けたいものです。

そのためには、清潔に保つことが求められてきます。

敷き布団は寝ている間に、たくさんの汗を吸っています。

通気性が良いものが適しており、湿気を早く外に出してしまうことが長持ちさせる秘訣です。

外に干したり、部屋の中でも風通しを良くしたりするなどします。

カバーをかけることも効果があります。

こまめにカバーを交換し、洗濯することでいつまでも清潔に使用できます。

腰痛持ちの方に人気のある敷き布団は雲のやすらぎ

雲のやすらぎは、腰痛対策ができる高反発敷き布団として人気があります。

この敷き布団で眠ると、まるで雲の上で寝ている寝心地がすると評判になっています。

様々なテレビでも紹介されており、5層構造で体圧を分散できるので、体が軽く感じるからです。

同じ敷き布団でもどうして違うのか、とても気になるところです。

敷き布団の厚さは、17センチととても厚みがあり、それだけでも気持ちよさを感じます。

高反発スプリングマットを凸凹アルファマットで支えています。

秋冬用と春夏用に、両面を違う素材で作られており、季節に合わせて使い分けることができます。

寒い秋冬には温かく眠れることができ、暑い春夏には通気性がよく快適に眠ることができます。

雲のやすらぎの寝返りはどうか

上を向いて寝ているときは体圧がかかるために、敷き布団のスプリングで体圧を跳ね返してくれます。

寝返りをして横向きになったときには、緩やかに体圧を逃がしてくれます。

腰に負担がかからないために、腰痛対策ができるようになります。

体の重みを体で感じる量を減らして、アルファマットの力で外に逃がしてくれます。

そのため、楽な体勢で寝ることができて、腰にかかる負担がぐっと減ります。

雲のやすらぎは長持ちすることも人気の秘密

どんなに腰痛対策ができても、耐久性の悪い敷き布団では困ってしまいます。

雲のやすらぎは、耐久性にも優れており、弾性がいつまでも続くことが人気です。

快適な眠りと、腰痛対策が、この敷き布団を使うことで可能になるからです。

長持ちすることは80,000回行った圧縮試験で実証されています。

データがきちんと出ているので、信頼性があります。

腰痛が緩和するためには、敷き布団選びは大切です。

いつまでも健康で長生きするためにも、腰痛がなくなることで楽しい人生を送ることができるようになります。

腰痛で悩んでいる高齢者の方にも、おすすめしたい敷き布団です。

また、赤ちゃんにも最適です。

腰痛に効果があるだけでなく、保温性や通気性に優れているので子供用の布団としても使用できます。

腰痛対策ができる布団は、気持ちよく眠れる布団でもあります。

まとめ

腰痛を改善するためには、体に合った敷き布団を選ぶことが大切です。

体型は人によって違います。

高反発のマットレスで、反発力が体に合うものを探します。

敷き布団は、使い続けることで反発力は衰えてきます。

体が沈みがちになってきたら、新しいものとの交換時期です。

体に合う敷き布団で寝ることで、腰痛から解放されます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団