腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

敷き布団 フランスプレミアムウール100%は腰痛でも利用しやすい

   

敷布団 日本製 フランスプレミアムウール100% シングル

敷き布団は、利用した後に、押入れに上げなくてはいけないので、腰に負担をかけてしまいます。

そのため、腰痛の方には利用しづらくてベッドを利用してみたいと思うでしょう。

それでも、ベッドを購入しようとしたら、お金をかけてしまいますし、デメリットもあるので注意しなければいけません。

そこで、腰痛の方でも利用しやすい『敷き布団 フランスプレミアムウール100%』を紹介するので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

敷き布団 フランスプレミアムウール100%の魅力

敷布団 日本製 フランスプレミアムウール100% シングル

腰痛の方は、腰にかかる負担を軽減する寝具を選びがちですが、それだけでは腰に大きな負担をかけるので注意しなければいけません。

そのため、睡眠の質をキープしやすい製品を選ぶ事が重要になります。

本製品は、腰にかかる負担を軽減できる上に、睡眠の質をキープしやすくなっているので、詳しく紹介しましょう。

側生地の使用感

敷き布団の側生地が、肌触りの悪い物を採用していたら、肌が敷き布団に接した時にチクチク感じてしまうので睡眠の質が低下してしまいます。

もしも、睡眠の質が低下したら、睡眠時間を確保しても、睡眠不足に陥ってしまいます。

私たち人間は、眠る事によって体の疲れを取っているので、睡眠不足に陥ったら腰に疲労がたまってしまうので注意しなければいけません。

そこで、本製品は、密度の高い『200本ブロード』を採用する事によって、なめらかな肌触りを実現しました。

そのため、肌が敷き布団に接しても睡眠の質をキープしやすくなっているので、腰にあまり疲労がたまらないようになっています。

ボリューム

腰に負担をかけやすい寝具で、共通しているのが『ボリューム』の薄さです。

実は、寝具のボリュームが足りなくなっていたら、腰が少し沈み込むだけでも床に近づいてしまうので、底つき感が出てしまいます。

そのような事になれば、腰が痛く感じてしまうので腰痛が悪化してしまいます。

ところが、本製品は敷き布団なのに『ウール』を多く採用した事によって、敷き布団の厚みが80mmもあるのです。

そのため、底つき感を緩和しているので、腰にかかる負担を軽減できています。

湿気対策

本製品は『プレミアムウール』を採用していて、この素材は高い『吸湿性』と『放湿性』を実現しています。

そのため、敷き布団は湿気がたまりやすい寝具ですが、本製品であれば湿気があまりたまらないようになっているのです。

もしも、敷き布団に湿気がたまってしまえば、寝具が湿っぽくなるので寝苦しく感じてしまいます。

実際に寝苦しく感じてしまったら、寝返りを数多く打ってしまう事から、腰に大きな負担をかけてしまいます。

そのような事を考えたら、湿気がたまりづらくなっている本製品は、腰痛の方におすすめの敷き布団です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

敷き布団を利用するメリット

敷き布団よりもマットレスのほうが、ボリュームのある製品が多いので、腰痛の方はマットレスを選びたくなるでしょう。

ところが、敷き布団には、マットレスにはないメリットがいくつかあるので、詳しく説明します。

スペースを有効活用

マットレスを利用する場合には、部屋にベッドを設置する必要があるので、部屋が窮屈(きゅうくつ)に感じてしまいます。

それに引き換え、敷き布団は押入れに上げる事ができるので、利用していない時はスペースを有効活用する事ができるのです。

実際に、部屋に空きスペースを確保しておけば、腰痛に有効なストレッチをする空間を確保する事ができます。

例えば、大きく息を吸い込んで、その後に息を強く吐き出す『ロングブレス』は体幹を鍛える事ができるので、腰痛対策で有効です。

その他にも、踏み台を設置して『踏み台昇降運動』をする事により、腰付近の筋力を鍛える事もできます(踏み台が高すぎたら腰に負担をかけるので注意)。

そのため、空きスペースを確保しやすい敷き布団を利用する事は、大きなメリットがあるのです。

体の沈み込みを抑制

マットレスは、敷き布団よりもボリュームがあるのは大きな魅力ですが、寝心地を優先して柔らかくなっている製品が多いのです。

もしも、柔らかいマットレスを利用してしまえば、腰が沈み込んでしまうので腰痛が悪化してしまいます。

それに引き換え、柔らかい敷き布団は少ないので、それほど腰が沈み込まなくなるので、腰にかかる負担を軽減できます。

製品情報の内容

本製品の魅力や、敷き布団を利用するメリットなどを理解してもらえたところで、次に製品情報の内容も紹介するので、この敷き布団を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

サイズバリエーション

一人で敷き布団を利用する場合であれば、それほどサイズに注意する必要はありませんが、二人で共有する場合には、サイズ選びは慎重に決める必要があります。

そして、本製品は3種類ものサイズバリエーションが用意されていて、シングルサイズ(100×210cm)・セミダブルサイズ(120×210cm)・ダブルサイズ(140×210cm)などがあるのです。

このように豊富なサイズバリエーションが用意されているので、あなたの好みに合うサイズを見つけられる可能性は高いです。

圧縮梱包

敷き布団は体を支える寝具なので、大型サイズになっている事から、自宅に製品が届いても寝室に運ぶ事は簡単でありません。

もしも、中腰の状態で重くなっている敷き布団を運ぼうとしたら、腰痛が悪化してしまいます。

ところが、本製品は『圧縮梱包』の状態で送られてくるので、腰痛の方でも運びやすくなっています。

ただし、セミダブルサイズやダブルサイズになったら、重くなってしまうので、注意して下さい。

低価格な敷き布団

本製品は、腰痛の方でも利用しやすくなっているので、高額な敷き布団というイメージを抱いた方は多いかもしれません。

ところが、本製品は意外にも低価格な敷き布団になっていて、Amazonではシングルサイズが税込価格8,899円・セミダブルサイズが税込価格12,460円・ダブルサイズが税込価格14,642円になっています(2018年7月5日時点)。

そのため、本製品であれば気軽に購入する事ができます。

利用者たちの満足度

本製品は魅力的なポイントが多い敷き布団ですが、意外にも利用者たちの中には満足している方だけではなく、不満を抱いている方もいました。

そこで、本製品を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品は豊富なサイズバリエーションを用意している事もあって、押入れにしまう事ができて、満足している方がいました。

ただし、押入れは自宅によって広さが変わっているので、念のために本製品を購入する前に、敷き布団と押入れのサイズを把握したほうが良いです。

そして、本製品は適度な硬さになっていて、あまり体が沈み込まないようになっている所を気に入っているケースもありました(個人差があるので注意)。

否定的な口コミ

本製品はサイズによって、値段が高くなっている製品があって、利用者たちの中には値段相応の価値がなくて不満を抱いている方がいました。

そのため、セミダブルサイズやダブルサイズを購入しようと考えている方は注意したほうが良いです。

さらに、本製品の厚みは80mmもありますが、その厚みに満足できない方もいました。

そのため、80mm以上もの厚みがある敷き布団を探している方は注意して下さい。

まとめ

敷き布団は、空きスペースを確保しやすいので、腰痛に有効なストレッチを行うスペースを確保しやすいです。

しかし、本製品のように腰にかかる負担を軽減できる敷き布団を利用しなければ、睡眠の質が低下してしまうので注意して下さい。

そのため、ボリュームの足りない敷き布団を利用して腰が痛く感じる場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団