腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

日常生活でできる膝痛の予防には、どのような方法がある?

   

膝痛でお悩みの方はたくさんいます。

膝痛が起こると、とても辛いですし、慢性的になってしまうこともあります。

場合によっては、治るまでかなり時間がかかってしまうこともあります。

そのため膝痛を、事前に予防していくことも重要になります。

ここでは日常生活でできる膝痛の予防方法について、私の体験談を交えながら、お話していきます。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

体重を減らして、膝に負担がかからないようにする

太ってしまうと、膝に負担がかかる

膝はよく使う関節でもあるので、痛みを感じると、とても辛いです。

そのため膝痛が起こる前に、日常生活の中で、予防をしていくことが大切です。

膝痛の予防には、体重を減らす、という方法もあります。

私は以前准看護師として、働いていたことがあります。

よく膝痛を訴えていた患者さんに会いました。

ドクターからはよく、「まずは体重を減らしていきましょう。」と、指導されていた場面をよく見ました。

やはり太ってしまうと、膝にかなり負担がかかってしまうということです。

適切なダイエットで、膝痛を予防していく

体重が増えてしまった場合は、膝痛を予防するために、ダイエットをする必要があります。

普段から太らないような生活をしていくことが大切です。

でも無理なダイエットは禁物です。

かえって体調を崩してしまうので、少しずつ体重を減らしていくようにしましょう。

ダイエットと言っても、いろいろな方法があります。

中でも日々の食生活を見直して、カロリーコントロールをしていくことが大切です。

でも極端に食事量を減らして、一度に体重を減らすのは良くありません。

効果を実感しやすいですが、空腹感を感じて、リバウンドも激しくなります。

また一食の量を増やして、後は全く食べない、というのも良くありません。

三食しっかりと食べながら、痩せることが重要です。

低カロリーでありながら、バランスのとれた献立にしましょう。

小鉢を多くすると良いです。

しっかりと体重コントロールをしていくことで、膝に負担をかけないことが重要です。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

膝の筋肉を鍛えて、膝痛を予防していく

普段から膝の筋力アップに努める

膝痛を予防するには、膝の筋肉を鍛えておくことも重要になります。

膝の屈曲や伸展にかかわる筋肉は、保護する役目をしているからです。

特に高齢になると、普段から鍛えていないと、筋力が低下しやすくなります。

そのため膝の筋肉を鍛えるストレッチなどを行って、筋力をアップさせるようにしましょう。

膝痛予防のストレッチを行っていく

私がよく行っている、膝のストレッチを紹介していきます。

まずリラックスした状態で、仰向けになります。

片膝を曲げておき、もう一つの膝を少しだけ上にあげるようにして、しばらくそのままの状態を保ちます。

これを何回か繰り返します。

私の場合は、夜寝る前によく行っています。

膝痛がなければ、それほど苦痛ではないので続けられます。

手軽なストレッチで膝痛を予防していきたい、というような人におすすめします。

でも膝痛が起こっている人は、無理に行わない方が良いです。

ドクターと相談しながら、治療を最優先にしましょう。

膝に負担がかからないような生活を心掛ける

身体を荷物に近づけてから持つようにする

膝痛を予防していくには、普段から膝に負担がかからないような生活をすることが大切です。

だからと言って、膝の屈曲や伸展をできるだけ行わないようにする、というのも良くありません。

特に気をつけなければいけないのは、荷物を持つ時です。

私は腰痛が持病になっているので、膝をできるだけ使って、荷物を持つようにしていたことがあります。

また腰痛があることで、無意識にかばってしまい、膝にかなり力を入れていたこともあります。

すると今度は、膝が痛いと感じるようになったことがあります。

できるだけ重い荷物を一人で持たないことも大切ですが、状況によってはそうはいかない時もあります。

そのため荷物を持つ時は、様々な工夫が必要です。

荷物を持つ時は、膝を曲げて腰を下ろすようにして、荷物に身体を近づけることが重要です。

私も急いでいる時は、荷物が身体から離れた状態で持ってしまうことがあります。

これでは身体に負担がかかってしまうので、注意が必要です。

一部分だけ力を入れるのではなく、分けるような形で、荷物を持つことが重要です。

片側だけ荷物を持つと、負担がかかる

私は出掛ける時、バッグや買い物袋など、片側だけで荷物を持つ癖があります。

場合によってはその方が、片手を使えるので安心なこともあります。

でもこれでは片側の膝に、負担がかかってしまいます。

力を分けるという意味では、できるだけ両手で荷物を持った方が良いです。

状況に応じて、考えていくようにしましょう。

膝に負担がかからないような靴を履く

クッション性のある、靴がおすすめ

膝痛の予防には、靴にこだわっていくことも重要です。

できるだけクッション性のある靴を、履くと良いでしょう。

歩く時に、膝への負担をある程度軽くすることができます。

ウオーキングをする時は、クッション性のある、ランニングシューズなどをおすすめします。

靴が消耗したら、早めに買い替える

私はランニングシューズを履いて、よくウオーキングをしたり、ランニングをしたりしています。

特にランニングをしていた時に、何度か膝痛が起こったことがあります。

いろいろなことが考えられますが、その一つにランニングシューズが原因であったこともあります。

ランニングシューズはクッション性がありますが、使い続けていると、その分消耗が早くなります。

靴底はすぐに減ってしまいます。

私の場合、靴底の減りに気づいていましたが、無理に履いてランニングをしていたことで、膝痛が起こりました。

また靴底が減った状態で無理に履き続けてしまうと、身体のバランスも悪くなります。

そのため靴の消耗に気づいたら、早めに買い替えることも大切です。

自分の足のサイズに合った靴を選ぶ

クッション性のある靴を選んだとしても、自分の足のサイズに合っていないと、良くありません。

知らず知らずのうちに、膝に負担がかかってしまうことがあります。

靴を購入する時は、必ず試着することをおすすめします。

靴によって大きさに、多少の違いがあります。

靴の長さだけでなく、幅も違います。

そのため店員さんにいろいろなサイズを出してもらって、試してみましょう。

また実際に試着してみたら、可能であれば店内を歩いてみると良いです。

通信販売であっても、サイズ交換を無料で行ってくれる場所もあります。

自分の足にしっかりフィットするような、靴を選ぶようにしましょう。

ヒールの高い靴はできるだけ控える

極端にヒールの高い靴は、膝痛を引き起こす恐れがあります。

私は背が低いので、以前はよくヒールが高い靴をよく履いていました。

でも家に帰って来ると、膝のあたりが疲れていたり、痛かったりしたこともあります。

ヒールの高い靴を長時間履いていると、知らず知らずのうちに力が入って、膝に負担がかかっていることがあります。

ヒールの高い靴は、とてもおしゃれに見えます。

でも膝痛が気になる時は、できるだけ安定感のある靴を選んだ方が良いでしょう。

まとめ

体重を減らし、膝の筋肉を鍛えることで、膝痛の予防につながっていきます。

また普段から膝に負担がかからないような生活をし、クッション性のある靴を選ぶことも大切です。

膝痛が起こってしまう前に、しっかりと意識して予防することが重要です。

日々の生活に気を配りながら、健康的な膝関節を維持していくようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ