腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

昔ながらの天然素材!夏でも快適なそばがら枕を使ってみよう!

      2017/09/08

精選除湿そば殻枕 チェック ブルー 32x44cm mo-2060-C-B

すっきりした睡眠をとれていないと感じる方は、どんな枕をつかっていますか?

大した役割が無いように見えて、枕は快適な睡眠のための大きなファクターとなります。

あってもなくてもかまわないと思わず、自分にあった枕をさがしましょう。

ここでのおすすめは、昔ながらの「そばがら枕」。

枕の役割とそばがら枕についてみてみたいと思います。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

枕を使用するのは何のため?

遥か古代より人間は枕を使用してきました。

それは「人間はもともと反射的・力学的に体にとって楽な姿勢を保とうとするから」です。

枕を使用するのは、睡眠中もその方が身体にとって楽な姿勢をとりやすいからです。

枕は健康を維持するためのツールとして必然的に生まれてきたのです。

人間にとって楽な姿勢とは?

枕は睡眠中も楽な姿勢をキープするために必然的に生まれてきたもの。

それでは人間にとって楽な姿勢とはどんなものなのでしょうか。

それは、背骨と大きく関係があります。

人間は二足歩行を始めて以来、重たい頭や上半身を腰や背中の骨で支えなければなりませんでした。

背骨が垂直にまっすぐ伸びていたら、その負荷は腰部分の一点に集中してしまいます。

頭や上半身の重みを受け続ければ、腰は耐えられずに傷んでしまうことでしょう。

しかしそうならないのは背骨がまっすぐではないから。

背骨は緩やかなS字カーブを描いています。

これは「生理的湾曲」と呼ばれ、このカーブのおかげで腰一点にかかるはずだった負荷を全体に分散させているのです。

特に重要なのが腰椎と脊椎の間をつなぐ角度。

この角度が十分に取られていることで腰におおきな負担がかからないようになっているのです。

ですから、人間にとって一番楽な姿勢と背骨のS字湾曲がきちんとキープされた状態。

全体に負荷が分散している状態です。

この姿勢を保ちやすいのがたっている時。

人間にとっては座ったり寝たりしているのが一番楽な姿勢だと考えがちですが、実は座ることは腰にとって大きな負担がかかります。

寝ている時も寝方によっては負荷が一転に集中し、身体を悪くしてしまうこともあります。

立っている時のようなS字カーブをキープすることが大切なのです。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

背骨のS字カーブが崩れるとどうなる?

身体の理想的バランスを保ってくれる背骨のS字カーブ。

この生理的湾曲がきちんとあれば、身体にかかる負荷は分散し快適な状態で過ごすことが出来ます。

しかし、現代の生活によってこのS字カーブが崩れてしまっている人が多いのが実情です。

デスクワーク、パソコン画面の見過ぎやスマホの見過ぎも注意

現在、仕事と言えばパソコンなしで済むものはあまりありませんよね。

事務的な職業の方なら、一日中パソコン画面とにらめっこしているという方も多いのではないでしょうか。

そんな方は姿勢に注意が必要です。

まず、座っているという行為そのものが腰に負担をかけます。

さらに、パソコンの画面を見つめるため、首は前に、肩も内側に入りがちになってしまいます。

いわゆる「猫背」というやつですね。

猫背になると首が前に出てしまい、人間の身体にとって理想とされるS字カーブは崩れてしまいます。

身体の負荷バランスが崩れるので腰に負荷が集中し、腰痛・背中痛の原因になります。

仕事以外でも、スマホ画面ばかり見ている人も要注意。

下を向いて首を突き出すような恰好になりがちなので、猫背やストレートネックと言われるものになってしまいます。

これも腰痛・背中痛を引き起こす原因となります。

寝ている間も注意!S字カーブ!

睡眠中もS字カーブをキープする事が大切です。

寝たつもりなのに身体が痛い、重いと感じる人は寝る時の姿勢がわるいからかもしれません。

寝ている時も背中のS字カーブはとても大切です。

寝ている間に、身体の一点に負荷がかかることを防いでくれるのです。

この背中のS字カーブをキープするためにおすすめなのが枕。

枕を使うことにより、身体が不自然な姿勢になることを防ぐことが出来ます。

仰向けになると、首とマットレスの間には空間ができますよね。

このままですと、首や後ろ頭は負担がかかり、緊張してしまいます。

そこで、枕を使います。

枕で首と後頭部をしっかりと支え、包み込むようにすることで、身体はリラックスして寛ぐことが出来るのです。

身体のために選びたい枕とは?

人間の正しい姿勢をキープするために必要な枕。

快適な睡眠を得るためにはどんなことに気をつけて選べばいいでしょうか。

きちんとした枕を選ぶことで、睡眠の質が各段にアップします。

なんとなく気に入ったからではなく、きちんと考えて選ぶことがおすすめです。

個人にあった高さがある!

仰向けになった時に首とマットレスの間に隙間ができるのは前述の通りです。

その隙間の大きさは人によって異なります。

ですから、個人にあった高さの枕を選ぶこと。

高すぎると首が緊張して眠れません。

また、低すぎると頭が沈み込んでしまうのでこれも×です。

どちらも身体のS字カーブを崩してしまうため、身体におかしな負荷がかかることになります。

高すぎず、低すぎない枕を選びましょう。

通気性が大切!

枕は頭部に敷くもの。

ですから、頭部に熱をこもらせるものでは困ります。

人間は頭を冷たくした方が快適な睡眠を得ることが出来ます。

足は暖かく、頭は冷たく、が理想なのです。

ですから通気性が良く、湿度をためこまない素材が使用されているものが望ましいのです。

日本古来の枕!そばがら枕とは?

世界の古代文明でも枕が見つかったように、日本でも昔から枕は使用されてきました。

日本の場合、江戸時代以前は髷の形を保たなければならないため、高さのあるものが使用されていたそうです。

そばがら枕はその後、一般庶民の枕として流通してきたもの。

日本の枕といえばそばがら枕、と連想できるほどに広まりました。

「そばがら」ってどんなもの?

低反発枕や高反発枕など、枕の種類は様々あります。

そんな中、日本で昔から使われてきたのが「そばがら枕」。

「そばがら」とは「蕎麦殻」と書きます。

文字通り蕎麦に関係するもので、「蕎麦」という植物を収穫し、数日間天日干しした後、蕎麦の実を取り去った後の殻の事を指します。

そばがら枕のいいところは、とにかく通気性・放湿性に優れていること。

天然素材のため、熱がこもりにくく快適に使用できるのです。

湿度や気温が高い日本にはぴったりの枕と言えますね。

今でも愛用者多数!そばがら枕

現在枕の中材としては、ウレタンやパイプ系のものが一般的。

天然素材を使用したものはあまり一般的とは言えません。

しかし、それでもなおそばがら枕を愛用し、好んでいる人もいます。

そばがらのメリットとはどんなものなのでしょうか。

使い心地がいい!

そばがらは通気性と放湿性に優れた天然素材。

熱がこもらないので、夏でも安心して使用することができます。

また、耳当たりもいいので、横向き寝の人も顔が痛くなることはありません。

安定感があるのでしっかりと頭と肩を支えてくれるのも魅力です。

頭部が沈み込むことがないので、安定した姿勢で眠ることが出来るのです。

前述の背骨のS字カーブをキープするのにも役立つので、楽な姿勢で眠れます。

また、ほのかな天然素材の香りもリラックス効果をあたえてくれます。

自分で作れる!

ネット通販などを見ると、「枕用そばがら」を販売しています。

ですから、自分で好みの枕を作ることが可能なのです。

自分で枕を作れば高さ調節も可能。

首とマットレスの隙間に合った、ピッタリの枕で眠れます。

これで睡眠の質がぐっと上がるかもしれません。

まとめ

古来より日本で愛されてきた「そばがら枕」。

天然素材で、暑い夏にもおすすめの枕です。

さらっとした使用感で人気ですが、覚えておきたいことがあります。

それはお手入れ。

そばがらは天然素材ですから、水で洗うことはできません。

湿気を吸うと虫がわくこともあるので、かならず天日干しを行ってくださいね。

また、そばの殻を使用しているので、そばアレルギーの方は絶対に使用してはいけません。

アレルギーのない方で、天然素材のものを使用したいという方は是非、そばがら枕を試してみて下さいね。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら