腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

枕のカバーはどうやって選ぶ?5つのチェックポイント

   

枕は、ぐっすり眠るための重要な寝具のひとつですが、本当に熟睡するためには、カバーにも注目してみましょう。

カバーにもいろいろな種類があるので、初めて選ぶときは困ってしまうものです。

しかし、だからといって適当に選んだのでは、使いにくいものを購入してしまう可能性があります。

では、枕のカバー選びで失敗しないためのポイントを、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

サイズ

枕のカバーを選ぶとき、まずチェックしなければならないのは、やはりサイズになります。

サイズが合っていないカバーを選んでしまうと、枕に被せることができなかったり、ブカブカになったりするのです。

そのため、「これくらいなら入りそうだな」といった曖昧な考え方で選ぶのはよくありません。

失敗しないためには、適切なサイズがどれなのか、よく考えて選ぶようにしましょう。

そこで注目したいのが、枕本体のサイズです枕カバーのサイズは、基本的に枕と同じになっているので、本体のサイズをしっかり把握して、それに合うものを探すようにすると、間違いは起こりません。

よくあるサイズ

枕カバーで最もよくある標準的なサイズは、43×63cmのものです。

現在の枕では主流になっているサイズであり、バリエーションも豊富なので、自分の好みのカバーを見つけやすくなっています。

それよりも少し大きめになると、50×70cmのものがあり、一般家庭だけでなく、ホテルでもよく見かけるサイズになります。

サイズの大きい枕でゆったり眠りたい人は、ぜひチェックしてみてください。

また、小型のものになると、35×55cmというコンパクトなものがあります。

昔の枕ではよくあったサイズですが、小柄な人などは、それくらいが丁度よいことも多いので、「あまり大きくないものが欲しい」というときはおすすめです。

いずれも枕のサイズと同じなので、自分が使っている枕がどんなものかよく見て、ぴったりなものを購入するようにしましょう。

少し大きいものもある

ほとんどの枕カバーは、枕本体にピッタリ合うサイズになっていることが多いですが、中には例外もあります。

被せてみると、「なんだか妙に余裕があるな」と感じるものがあるのです。

その場合、あえて大きめに設計されたカバーである可能性がありますが、失敗というわけではありません。

大きめの枕カバーは、縮んでしまったときのことを想定して、少し余裕をもたせているのです。

枕カバーは、洗濯しているうちに少し小さくなることがありますが、そうなると、被せるときに窮屈になってしまいます。

その点を考慮して、あらかじめ余裕のあるサイズにしてあるというわけです。

したがって、選んだ枕カバーが微妙に大きいものだったとしても、心配することはありません。

明らかに合っていないサイズはNGですが、少し余裕があるものは、使いやすさを考慮した結果なので、問題なく使うことができるのです。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

装着方法

枕のカバーを選ぶときは、装着方法の違いにも注意してください。

装着方法によって、ファスナー式になったものと、封筒式になったものに分けられるので、自分に合った方を選ぶことが大切です。

そのふたつを比べて、「中身が出てこないものが欲しい」と考えた場合は、きっちり閉じることができるファスナー式がベストなように感じてしまいますが、実際にはどちらでも問題はありません。

中に折り込む封筒式であっても、サイズがまったく合っていないものでなければ、中から出てくるようなことはほとんどないのです。

そのため、中身が出るか出ないかではなく、自分にとって快適に使えることを優先して選ぶようにしましょう。

例えば、金属に触れる感触が気になってしまうのであれば、ファスナー式は避けるべきです。

快適に使える枕カバーなら、ぐっすりと眠ることができます。

素材

枕カバーを選ぶときは、素材をよく見ることも大切です。

素材によって、それぞれ異なる特徴があるので、自分に合わないものを選んでしまうと、睡眠を妨げることがあります。

ぐっすり眠るためには、素材の特徴をよく考えて選ぶようにしましょう。

例えば、コットンの枕カバーは、とても吸水性が高いので、寝ているときの汗をしっかり吸い取ってくれます。

そのため、汗ばむ夏を快適に過ごしたいときにはおすすめです。

また、アミノ酸を使用しているシルクの枕カバーは、肌に優しいという特徴をもっています。

肌が弱い人や、美容に気を使っている人なら、ぜひシルクを試してみてください。

他にも、蒸れを抑えるガーゼや、ひんやりとして気持ちがよい接触冷感素材など、いろいろなものがあります。

使うときのことを想像して、最もメリットが大きいものを選びましょう。

通気性ならメッシュ

枕カバーを選ぶときは、通気性がよいことも重要になります。

通気性が悪く、湿気がこもってしまうようなカバーを使っていると、ジメジメとした不快感を覚えることが多く、快適な眠りを妨げてしまうのです。

特に、湿気が多い夏は注意しなければなりません。

ただでさえ汗の湿気をため込むカバーが、周囲の湿度にも影響され、蒸し暑さをどんどん悪化させてしまう可能性があります。

そんなことになっては、ぐっすり眠ることができません。

夏の寝苦しさを解消し、睡眠不足を防ぐためには、素材がメッシュになっているカバーを使ってみましょう。

メッシュはとても通気性がよいので、湿気による不快感はかなり軽減することができます。

また、サラサラした感触もあるので、肌触りがよいものを求める人にもおすすめです。

枕カバーを選ぶときは、サイズや素材だけでなく、色もチェックしてみましょう。

基本的には好みの色で構いませんが、よりぐっすりと眠ることを考えるなら、アースカラーのカバーがおすすめです。

アースカラーというのは、自然の中に存在している色のことであり、安眠を促す効果があります。

例えば、土や木の色であるブラウンのカバーは、リラックスした気持ちにさせてくれるので、寝つきがよくなります。

また、葉っぱの色である緑は、興奮を抑えることで眠る態勢を整えてくれます。

そして、空や海の青は、心が鎮まり、おだやかな気持ちになるのです。

カバーの色は、自分の趣味だけで決めてしまうこともありますが、こうした安眠のための効果も、しっかり考えておきましょう。

ビビッドカラーに注意

枕カバーの色で注意しておきたいのは、赤や黄色などの彩度の高い色です。

そうした派手な色は、脳の緊張や覚醒を促してしまうため、ぐっすり眠ることを優先したい場合は、あまりおすすめできません。

ビビッドカラーには青も含まれますが、薄い色になっていれば、安眠効果が期待できます。

濃く鮮やかな青だと眠りを妨げることがあるので、注意してください。

とはいえ、色の好みは人それぞれです。

派手な色が好みであれば、柄に少し含まれる程度のデザインを選んでおきましょう。

すべてがビビッドカラーになっていると、どうしても刺激が強くなってしまいますが、それくらい控えめになっていれば、睡眠に影響することはありません。

アレルギー対策

アレルギーが気になる人は、その対策ができている枕カバーを見つけることが大切です。

枕カバーの中には、アレルギー防止加工を施した商品があります。

そうした商品は、ハウスダストや花粉などが付着しにくいので、アレルギーに悩んでいるときは、とても助かるものなのです。

アレルギーの症状も、安眠を妨げる原因のひとつなので、どんな加工がしてあるか、よく見て選ぶようにしましょう。

まとめ

枕のカバーには、さまざまな種類がありますが、ぐっすり眠るためには、適当に選んだりしてはいけません。

サイズが合わないものを選んだり、素材や色が合わないものを選んだりすると、快適に使うことができず、眠りを妨げてしまう可能性があるのです。

しっかり熟睡するためには、ここで紹介したポイントをチェックして、自分にぴったりなものを見つけるようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら