腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

枕は快適な睡眠を実現させるとても重要なアイテムになる

   

枕によって眠りが変わってくることは、間違いありません。

快適な眠りを実現させることができる枕は、慎重に選ぶことが重要なのです。

まずは、枕の特徴について理解をしていきましょう。

特徴が理解できれば、自分に合った枕が自ずと見えてきます。

さまざまな角度から検証して、実際に枕を頭に当ててみて慎重に選んでいきましょう。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

枕で眠りは大きく変わる

使用している枕を見直してみる

普段使用している枕は、本当に快適な枕だと言えますか。

こうした質問をした場合、多くの人は快適な枕だと答えます。

しかし、実際はしっかり安眠できているつもりでも、日中眠気に襲われてしまったり、体の疲れが思うように取れないと言うことになってしまっていることがあります。

こうした状況は、枕が原因から起こっていると考える人は少なく、他のゲンインヲイメージしてしまっていますが、実際は枕が大きな原因を生んでしまっていることが多いのです。

もう一度、枕を一から見直してみて、快適な睡眠についてしっかり検討してみましょう。

今までに得たことがないような、快適な睡眠を実現できる可能性があります。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

快適な睡眠とは

体をしっかり休めることができる体制

快適な睡眠とは、どういったことを言うのでしょうか。

睡眠は、疲れているときには自然と眠りに付くことができますが、眠りが浅い状態のときには、寝苦しい環境だと感じてしまいます。

どういった状況でも快適だと言える睡眠でなければ、それは快適な体制だとは言えません。

重要なことは、体を休めることができる体制なのです。

体をしっかり休めるには、体の多くの部分を寝具に預けることができる体制になります。

例えば、体の一部分が浮いているような状態では、一時的にはそれほど不快には感じないかもしれませんが、長い睡眠時間の中では確実にその部分に大きなストレスを感じることになってしまいます。

つまり、体を休めることができる体制とは、体を寝具にできるだけ密着できる体制ということになります。

中でも枕はとても重要な寝具

寝具に体をしっかり預ければ、快適な睡眠を実現させることができますが、寝具の中でも枕はとても重要なアイテムになります。

枕は重たい頭を直接支えている寝具であり、この枕が合っていなければ肩こりや腰痛、さらには頭痛を引き起こしてしまう原因になってしまうのです。

快適な睡眠がなかなか実現できないと言うときには、まずは枕を疑ってみることも重要なのです。

快適な枕の特徴とは

弾力性に優れている

では、一般的に快適だと感じることができる枕とは、どのような特徴を持っているのでしょうか。

一口に枕と言っても、とても多くの種類がありますが、一般的には弾力性に優れている枕が快適だと感じることができます。

反対に弾力がなく極端に沈み込みが大きい枕は、頭や肩を支えることができないだけではなく、寝返りの妨げにもなってしまうのです。

沈み込みが大きい枕は、一見とても快適な枕のように感じますが、実はそうではないことを理解しておきましょう。

耐久性に優れている

枕は購入したばかりのときには、とても快適だと感じることができても、長期間使用することで確実にヘタリが生じてきます。

重たい頭を眠っているときには常に支えている状態なので、遅かれ早かれ枕にはヘタリが出てしまいます。

しかし、耐久性に優れている枕であれば、こうしたヘタリのタイミングを大幅に遅らせることができます。

自分では気が付かないうちに、枕のヘタリは進んでいきますので、眠りの質が低下することなく長期間使用できる枕を選ぶことも大切なのです。

通気性や抗菌作用も大切

また、快適な枕は通気性や抗菌作用のある素材を使用していることもポイントです。

中でも通気性については、必ず重視するようにしましょう。

枕は湿気などを含んでしまうと、ヘタリの原因になります。

とくにお風呂から出た後に、まだ髪の毛が濡れている状態で枕を使用した場合には、枕はとても多くの湿気を含んでしまいます。

こうした状況でも通気性が良い枕であれば、すぐに快適な状態になります。

そして、枕は厚みがあればあるほどダニが入り込みやすい環境になってしまいます。

抗菌作用がある枕であれば、こうした害虫が入りにくいようになっていますので快適な枕だ言えるのです。

枕の基本的な選び方

サイズから選ぶ

実は枕にはさまざまな大きさがあります。

本当に自分に合っているサイズであるかどうかは、実際に使用してみなければ分からないと言えますが、枕にも多くのサイズがあることは理解しておきましょう。

一般的な枕のサイズは43センチ×63センチです。

このサイズを基本としてサイズ選びを行うことが重要であり、大きなサイズになれば50センチ×70センチと言うサイズもあります。

頭の大きさだけではなく、体の体格に合わせてサイズを選ぶことで、枕としての性能を十分に発揮させることができます。

安易に一般的なサイズを選ぶのではなく、じっくり自分の体格と合わせて選ぶことが重要なのです。

素材から選ぶ

枕はメーカーなどによりさまざまな素材が使用されています。

ポリエチレンわたから、羽毛、クラッシュラテックスやスノー低反発まで、幅広い素材があるのです。

こうした多くの素材がある理由は、素材によって好みが分かれるだけではなく、快適だと感じることができる素材自体も人によって大きくことなるからです。

低反発はもちもととした感覚から、頭をしっかり支えることができ、快適な睡眠だと感じることができますが、人によってはこうした素材は不快に感じてしまうこともあることを理解しておきましょう。

重要なことは、実際に頭に当てて確かめてみることなのです。

安易に流行りなどで決めるのではなく、自分の体で確かめることが大切なのです。

おすすめの枕3選

アンミンピロー男の枕

アンミンピロー男の枕は、2段階で高さ調整ができる枕です。

快適な位置にしやすく、横になって本などを読むときには高めに設定ができるため、さまざまな状況で活躍させることができます。

また、そばがらの香りを含んでいますので、自然と快適な眠りに導いてくれることも大きな魅力です。

今までの枕に快適性を感じないと言う人にはアンミンピロー男の枕はおすすめです。

ウォッシャブルパイプ枕

ウォッシャブルパイプ枕は、簡単に水洗いや天日干しができる枕として人気を得ています。

いつでも清潔に枕を保つことができますので、自然と快適な眠りを行うことができます。

また、充填物を中に詰めて高さ調整ができるようになっていますので、自分に合った高さを簡単に調整することができます。

夢屋空間fitの夢まくら

夢屋空間fitの夢まくらは、粉砕低反発ウレタンやマイクロファイバー綿、さらにビーズを含んでおり、自分の頭を優しく包んでくれる能力があります。

自然な眠りを行いやすく、体圧を分散してくれる効果もありますので、シンプルな枕ですが効果はとても高いと感じることがで今までにない感覚を得ることができますので、どうしても自分に合った枕がないと感じたときにはおすすめです。

まとめ

快適な眠りを実現させるには、まずは枕から見直してみることをおすすめします。

しかし、自分に合った枕を選ぶことは簡単なことではありません。

今まで自分に合った枕がないと感じている人は、まずは枕の特徴などについて学んでいきましょう。

枕がどのような影響を及ぼしているのかを理解できれば、自ずと選ぶべき枕が分かってきます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら