腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

枕をプレゼントにする時に気を付けるべき4つの注意点

      2017/09/08

自分がつかっていて、すごく品質が良いと感じた枕は、誰かにプレゼントしたいと思う事もあるでしょう。

でも、そうして枕をプレゼントする時には、気をつけないとならないポイントが意外とたくさんあります。

それに気を付けておかないと、せっかくのプレゼントが無駄になる事もあるでしょう。

ここではそんな、枕をプレゼントする際の注意点について見ていきます。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

異性相手には避けた方が良い

枕には、枕営業などの言葉がある通り、あまり良くないイメージもあります。

だから、だれかれ構わず枕をプレゼントしていくというのは避けた方が良いのです。

特に異性に枕をプレゼントするというのは、あまりおすすめしません。

それには特別な意味がない事もほとんどでしょう。

今ではプレゼントにそこまで意味を込めないことも多いでしょうから、なんとなくでそれを贈るものです。

でも、やはり今でにそれに勝手によからぬ意味を感じて、ちょっと不快に感じられてしまうと言うことはあります。

せっかくプレゼントを贈るのに、そうして勝手に変な勘違いをされて、それでひかれてしまうというのは良くありません。

だから、枕をプレゼントする際には、異性に贈るというのは避けた方が良いと言えるでしょう。

関係性やシチュエーションにもよる

ただもちろんそれは、関係性やシチュエーションにもよると言えます。

たとえば、枕が欲しいと言っているのを聞いたというシチュエーションであれば、別に枕を異性にプレゼントしても、対して悪いイメージは与えないでしょう。

むしろそもそも欲しがっているのですから、きちんと喜んでもらえる可能性も高くなると言えます。

或いは、いつも何かを贈ったりもらったりするような親しい間柄であれば、その流れの中に枕が入ってきたからと言って、特別変な感じにはならないでしょう。

なので、こういう場合には、枕をプレゼントするというのはアリになります。

もちろんそういう場合でもひかれてしまうことはあるかもしれませんが、少なくとも何もない状態でいきなり枕をプレゼントするよりははるかにそうなる可能性は少ないといえるでしょう。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

病気の人には贈らない

枕を病気の人に贈るというのは、ずっとそうして寝ていろというメッセージになってしまいます。

もちろん贈る方としてはそんな気はさらさらないでしょう。

寧ろ、質の良い枕を利用して、質の高い睡眠をとって、その分だけ早く病気を治して欲しいという思いすらあるはずです。

でも、受け取る方にはその思いは届かない事が多いです。

受け取る方にしてみると、上記のような悪いメッセージにとってしまうものなのです。

最近ではプレゼントに何らかの意味を込めることは少なくなってきたとは言いましたが、こういう縁起的なことに関してはとかくうるさいひとも多いのが日本と言う国の特徴になります。

なので、病気の人に枕を贈るのは避けた方が良いでしょう。

退院後や回復後に贈るのが最適

もし、その病気をしている人に枕を贈りたいのであれば、退院後や回復後に贈るのがベターでしょう。

退院後や回復後に枕を贈れば、今度はもう病院の枕なんてつかわないようにと言うメッセージになります。

つまり、入院中や病気中に贈る時とは真逆のメッセージになるのです。

そうなれば、喜んでもらえる可能性も高くなると言えるでしょう。

だったらやはりそのタイミングで贈るのが効果的だと言えます。

同じプレゼントでこうも印象が変わるのですから、当然ながら良いタイミングで贈るべきなのです。

自分の好みでプレゼントしない

枕をプレゼントする時には、自分の好みで選ぶことは避けた方が良いでしょう。

というのも、枕の好みと言うのは本当に千差万別になります。

すごく固い枕が好きな人もいれば、低反発のようなすごく柔らかい枕が好きな人もいます。

あるいは高い枕がしっくりくる人もいれば、低い枕でないと寝られないという方もいるでしょう。

では、高い枕が好きな人が、これおすすめだからと、低い枕をもらったらどうでしょうか?

せっかくもらったわけですから、少なくとも1度くらいはそれを試してはみるでしょう。

でもやはり好みにあわないわけなのですから、次第に使わなくなります。

そうして使わなくなれば、それはもはや邪魔になるのです。

つまり、せっかく良かれと思ってプレゼントした枕が、迷惑になってしまうことになるのです。

幅もとるけど処分もしづらい

やはりプレゼントとしてもらった物は、処分もしづらいと言えます。

なので、たとえ好みに合わないから要らないと思っても、そのまますぐに処分するということはあまりないでしょう。

しかし、枕はどこにおいて置いても意外と幅を取るものです。

それをしまうのはやはりクローゼットなどになるのでしょうが、クローゼットにそれをしまうと、やはりすごく邪魔になります。

なのでやはり好みに合わないものは迷惑になりがちになるのです。

好みを聞いてから贈るのが吉

では、どうすれば迷惑にならないようになるのかと言うと、それはやはり相手の好みを聞いてから贈るということでしょう。

高めがすきとか、やわらかめが好きとか、そういう枕の好みについてしっかりと聞いてから買うようにすれば、最低限趣味と全然違うということはなくなります。

もちろん枕なんて実際にしばらく使ってみないと合う合わないはわかりませんから、結局のところプレゼントしてみないと分からないものではありますが、それでも何も考えずに自分の好みだけでプレゼントをする時よりは、はるかに喜んでもらえる可能性は高くなると言えるでしょう。

サイズ感に気を付ける

枕をプレゼントする時の注意点として最後に言えるのは、サイズ感です。

枕にはサイズ感があります。

たとえば横に長いような枕もありますし、縦に長いような枕もあります。

そんな風に意外と色々なサイズがあるわけなのですから、その人に合わせたサイズ感の枕を贈らないとなりません。

たとえば、シングルサイズのマットレスで寝ている人に、ダブルサイズの枕を贈っていっても、はみだしてしまう可能性が出てきます。

そうなると当然それは使えませんから、ただただ邪魔なだけになるでしょう。

では、どうすれば適切なサイズ感の物を選べるでしょうか?

聞くかあるいは小さめを選ぶ

適切なサイズ感の枕を選ぶためには、やはり一番は直接聞くということです。

直接聞けば、どういう寝具で寝ているのかがしっかりと確認できるので、枕のサイズ感選びで失敗するということはまずなくなります。

ただ、聞こうとしても聞けない人もいるでしょう。

そもそもその位の中なのであれば、枕は贈るべきではないと言えますが、それでもどうしても枕をプレゼントしたいというのであれば、その時には、小さめのサイズの枕を選ぶと良いでしょう。

その人が1人で使うのであれば、寝具のサイズがどうであれば、その人1人に合わせたサイズの枕があれば良いことになります。

なので、いちかばちかで寝具のサイズの合わせようと大きめのサイズの枕をプレゼントしていくよりは、小さめのサイズの枕をプレゼントしていくのが良いでしょう。

まとめ

もし誰かに枕をプレゼントするのであれば、これらの注意点についてしっかりと気をつけていってください。

それだけ、枕をプレゼントするというのはデリケートな問題になるのです。

誰かの迷惑になったり、或いはせっかく贈ったプレゼントで印象を悪くしてしまうのは残念過ぎるので、そうならないように是非しっかりと注意して下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら