腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

枕を使うには高さが重要?注目したい4つのポイント

   

枕は、快適な睡眠のためには必須となるものですが、その使い方には注意しなければなりません。

適切な使い方をしていないと、デメリットが発生してしまうからです。

そこで注目したいのが、枕の高さになります。

枕を快適に使うためには、自分に合った高さであることが、とても重要です。

では、枕の高さについて、注目すべき4つのポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

高すぎる枕は体を痛める

枕を使うなら、高さのありすぎる商品を選ぶべきではありません。

もし高すぎるものを使った場合は、首や肩に痛みを感じることがあります。

高すぎる枕を使うと、頭が不自然に持ち上がり、首の角度が急になるものです。

そうなると、首や肩の筋肉には、変に力が入ってしまいます。

常に緊張しているような状態になるので、そのまま一晩過ごすことになれば、どうしても痛みを感じることになるのです。

起きたときに首や肩の痛みを感じるときは、高すぎる枕が原因となっていることも多くあります。

睡眠時は、なるべくリラックスした姿勢をとることが大切なので、高さには十分注意してください。

いびきをかく

高さが合わない枕を使った場合のデメリットは、体の痛みだけではありません。

睡眠中に大きないびきをかいてしまうときは、枕の高さが原因となっていることがあるのです。

高すぎる枕を使った場合、首が前に傾き、顎を引く姿勢になります。

これは、気道を圧迫している状態であり、呼吸に影響を与えてしまうのです。

そうなれば、正常に息ができなくなり、いびきが出るようになります。

したがって、普段のいびきを気にしている人は、枕の高さを見直してみてください。

適切な高さの枕を使っていれば、呼吸が苦しくなる心配はなく、いびきも軽減することができます。

首にシワができる

高すぎる枕で眠ると、首が不自然な角度になり、顎を引くことになります。

このとき、首にはシワができていますが、そのまま一晩過ごしたりすると、起きたあともシワが目立ってしまうことがあるのです。

それが毎日続くようなら、首に残ったシワは、なかなか消えなくなってしまいます。

この点も、高すぎる枕のデメリットのひとつです。

見た目を気にしない人なら問題はありませんが、なるべくシワをなくしたいと考えているなら、高さには注意しておきましょう。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

低すぎる枕は頭痛が起きやすい

高さが合わない不適切な枕は、高すぎるものだけでは限りません。

低すぎる枕の場合も、やはりデメリットが出てくるのです。

枕が低いと、頭が後ろに傾くような状態になってしまいますが、このとき、首を下から圧迫してしまうことがあります。

これは、交感神経を緊張させてしまう原因のひとつであり、そうなった場合、正常な血流を維持することができません。

すると、脳に回る血液にも悪影響を与えるため、頭痛を引き起こすことがあります。

そんな状態では、とても熟睡することはできません。

しかも、それが毎日続くとなれば、体調を崩してしまう可能性もあるのです。

このように、高すぎる枕と同じく、低すぎる枕も要注意なので、選ぶときは慎重に検討してください。

頭に血が上る

低すぎる枕を使っていると、頭部に血が集中してしまいます。

これは、心臓の位置よりも頭が低くなってしまうためです。

その状態で一晩寝ていたりすると、通常よりも多くの血が頭に集まります。

これも、頭痛を引き起こしてしまう原因のひとつです。

頭に血が上った状態では、眠りも浅くなってしまうので、いくら寝ても疲れをとることができません。

また、顔のむくみがひどいときも、低い枕による血流の悪化が関係しています。

むくみは、血液や老廃物がたまることで起こりますが、頭が低くなっていると、それらが蓄積されやすくなるのです。

したがって、起きたときに顔がパンパンになっていることがあるなら、使用している枕を見直してみることをおすすめします。

適切な高さになる枕を見極める

枕を使うなら、合わない高さのものを使うべきではありません。

高すぎるものや低すぎるものを使っていると、上記のようなデメリットが発生してしまいます。

それを防ぐには、適切な高さの枕を選ぶことが大切です。

しかし、枕に詳しい人ならともかく、そうでない場合は、ちょうどよい高さがわからないこともあります。

そこでおすすめなのが、顎の位置で判断する方法です。

仰向けに寝たときの顎の位置は、よい姿勢になっているか確認するときは、とても役立ちます。

例えば、高すぎる枕で寝たときは、頭が下向きに傾いてしまうため、顎は下がっているものです。

逆に、低すぎる枕だと、頭が後ろへ傾くことで、顎の位置はかなり高くなります。

このように、顎の位置が不自然になっているときは、「高さが合っていない」と判断できるわけです。

枕を選ぶときは、この点に注目しておくと、適切な枕を購入することができます。

立ったときに近い角度で

枕を使うときのベストな角度とは、まっすぐ立ったときと同じ状態になります。

姿勢よく立っているときは、顎を引きすぎたり、顔をのけ反らせたりすることはありません。

ちょうどよい自然な角度であり、体に負担をかけない状態になっているものです。

寝ているときも、この自然な角度が重要になります。

無理のない角度になっていれば、首や肩に負担をかけたり、気道を塞いだりする心配はありません。

とてもリラックスした姿勢になるので、ぐっすりと眠ることができるのです。

顎の位置をチェックしておけば、この条件は問題なくクリアできるので、選ぶときは見落とさないようにしましょう。

合わないときは調整しよう

枕は、しっかりと高さを確認して選ぶことが大切ですが、ときには失敗してしまうこともあります。

そんなときには、枕の高さを調整する方法に注目してみましょう。

枕の高さを調整することができれば、高さの合わないものを買ってしまったときも、焦る必要はありません。

また、家にある枕が合っていないときも、自分に合わせて高さを変えてしまえば、問題なく使うことができるのです。

詰め物を出す

枕の詰め物には、独立素材と呼ばれるものがあり、これを使用した商品であれば、簡単に高さを調整することができます。

独立素材とは、そば殻やビーズ、パイプなどのことです。

それらは、小さい素材のひとつひとつが独立しており、中身の量を容易に変えることができます。

したがって、もし高すぎると感じたときは、中の詰め物を少し減らして、ちょうどよい高さに調整すればよいわけです。

低すぎるときは、逆に詰め物を足すことで解決できます。

枕がへたってきたときなども有効な方法なので、ぜひ試してみてください。

タオルを挟む

枕の中には、ウレタンのものなど、中身を出す方法では対策ができない商品もあります。

そんなときは、タオルを挟んで調整するのがおすすめです。

単純な方法ではありますが、最も手っ取り早い方法であり、すぐに実践することができます。

ただし、この方法が有効なのは、低い枕を高くするときです。

高すぎる枕を低くしたいときは、あまり役に立たないので、そのときは別の商品を使うようにしましょう。

まとめ

高さの合った枕を使用することは、快適な睡眠をするためには、とても重要なポイントになります。

合わない枕を使っていると、眠りを妨げてしまい、体調を崩す恐れもあるので、必ず適切な高さを確保しておくことが大切です。

そのためには、ここで紹介したポイントを参考にして、自分にぴったりの枕について考えてみてください。

ちょうどよい高さの枕を使えば、体の負担を減らし、ぐっすりと眠ることができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら