腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

枕を快適に使うには? 体に負担をかけないための4つのポイント

   

枕は寝るときの必需品であり、うまく使えば、快適に眠ることができます。

ただし、そのためには、いくつか重要なポイントを押さえておかなければなりません。

高品質な枕を使っていても、場合によっては、体に余計な負担をかけてしまうのです。

ここでは、枕で体に負担をかけないための4つのポイントについて、詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

硬い枕と柔らかい枕

楽に眠るためには、枕の特徴をよく知っておくことが大切です。

枕には、それぞれの商品で硬さに違いがありますが、硬い枕も柔らかい枕も、メリットとデメリットがあります。

それを把握しておき、自分に合ったものを使うようにしましょう。

硬い枕

硬い枕のメリットは、なんといっても、その硬さで頭が支えられることです。

頭を支えることができず、深く沈んでしまう枕では、首の角度が不自然になってしまい、快適に眠ることができません。

しかし、適度な硬さがある枕なら、頭の重さをしっかり受け止めてくれるので、沈みすぎる心配はないのです。

なるべく姿勢をよくして眠れば、肩や腰にかかる負担も軽減できるため、起きたときの体の痛みもなくなります。

また、適度な硬さがある枕は、寝返りがしやすいことも大きなメリットです。

人間は、ずっと同じ姿勢でいると疲れてしまうため、無意識に寝返りをうっています。

これは、頭が沈んで固定されたようになっていると、うまく行うことができません。

頭を正しく支えてくれる枕なら、すんなりと動くことができるため、寝返りをうつには最適なのです。

ただし、硬い枕であっても、自分に合わない硬さだと、デメリットが出てきます。

硬すぎるものは、頭の沈み込みが極端に少ないことで、グラグラと動くようになってしまうのです。

これは、枕による支えがほとんどない状態であり、なんとか安定させようとすれば、首や肩に余計な力を入れることになります。

すると、首の痛みや肩こりの原因になってしまうのです。

体の負担を減らすなら、必ず自分に合った硬さの商品を使うようにしましょう。

また、硬い枕の場合は、寝心地に関しては弱い面があります。

硬いとゴツゴツした感触になってしまうことも多く、人によっては、かなり気になるものです。

柔らかい感触が好みの人は、硬いと眠れないこともあるので、十分注意してください。

柔らかい枕

柔らかい枕のメリットは、フワフワした包み込むような柔らかさで、心地よい感触を与えてくれることです。

これにより、リラックスして熟睡することができます。

枕の感触は、安眠のためには欠かせない要素であり、快適に眠るためには、ある程度の柔らかさも必要になるのです。

また、頭が適度に沈むものであれば、首や肩の筋肉を酷使しなくても済むため、痛みの軽減にもつながります。

先述のように、柔らかさが足りない場合、代わりに筋肉で支えなければならないため、体に大きな負担をかけてしまうのです。

しかし、頭の重さを受け止める柔らかさがあれば、無駄な力を入れる必要はありません。

この点も、リラックスできる理由のひとつです。

ただし、硬すぎる枕にデメリットがあるように、柔らかい枕の場合も、むやみに柔らかいものを使うと失敗してしまいます。

柔らかすぎるものは、頭が必要以上に深く沈み込むため、硬すぎる枕と同様に、安定性の面では期待できません。

頭がすっかり傾いてしまい、首に負担がかかるだけでなく、呼吸が妨げられることで、いびきも出やすくなります。

また、頭が枕に深く埋まった状態だと、無意識に動きを制限してしまい、寝返りが少なくなるのも問題です。

同じ姿勢を長時間続けることは、腰痛の原因になります。

柔らかい枕の場合も、自分に合った柔らかさを重視し、適切な商品を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

高さを合わせる

枕で楽な姿勢をとるためには、その高さも重要になります。

高さが合っていないと、首の角度が不自然になってしまうため、体に負担をかけてしまうのです。

まず、高すぎる枕を使った場合、首に急な角度がつくことで、首や肩の筋肉が緊張した状態になります。

すると、気道が狭くなることで、いびきが大きくなってしまう他に、血流が悪くなるという悪影響もあるのです。

また、低すぎる枕の場合は、頭の位置が低くなることで、老廃物などがたまりやすくなり、むくみの原因になります。

こうした体への負担を軽減するためにも、適切な高さの枕を使うようにしましょう。

高さを合わせるコツ

体に負担をかけない枕を見極めるなら、仰向けに寝たときの視線を確認してみましょう。

目線が足の方に向いていたり、後ろに近い方を向いていた場合は、高さが合っていない証拠です。

ちょうどよい高さであれば、その目線は、真上よりも少し下くらいになります。

また、高さが合わない枕は、顎が上がったり下がったりしますが、目線が正しい位置にあれば、無理のない角度で安定するものです。

こうしたポイントに注目して、ぴったりな高さの枕を探しましょう。

姿勢に注意

枕を使う際、体にかかる負担を軽減するなら、寝ているときの姿勢も重要です。

寝るときは、うつ伏せで寝る場合がありますが、これはよくない姿勢になります。

なぜなら、うつ伏せで頭を枕に乗せる姿勢は、体が反ったようになってしまい、背骨などにかかる負担が大きくなるからです。

寝るときの理想的な姿勢とは、立ったときと同様に、背骨がS字のカーブを描いた状態になります。

背骨は本来湾曲しているものであり、そのS字カーブが保たれていれば、体に負担をかける心配はありません。

したがって、枕を使うなら、うつ伏せの姿勢は控えるようにしましょう。

横向きの注意点

寝ているときに寝返りをうてば、姿勢が横向きになることも多くなります。

ときどき寝返りをうつことは大切ですが、横になったときの枕の高さには注意しておきましょう。

仰向けのときの高さだけに注目していると、横向きでは寝苦しく感じてしまうことがあります。

横向きの姿勢になる場合は、肩と頬を圧迫しないことが大切です。

肩がつぶれてしまったり、頬骨が押されるような枕は、いくら仰向けの高さが合っていても、体の負担を減らすことはできません。

使う枕を決めるときは、「横向きの姿勢が楽になるか」という点も、忘れずに確認してください。

枕の当てるときのポイント

枕を上手に使うなら、頭に正しく当てることを意識しましょう。

適当に当てていると、優れた商品を使ったとしても、その効果を十分に得ることはできません。

そこで注意したいのが、枕と首の間の隙間になります。

当て方が浅いと、どうしても隙間ができてしまいますが、それでは、しっかりと支えることができません。

首や肩の筋肉に無駄な力が入ることもあり、体を痛めてしまいます。

そのため、枕を当てるなら、なるべく深く入るようにして、隙間を埋めるのがおすすめです。

ぴったりフィットする当て方なら、楽な姿勢で眠ることができます。

枕を整えよう

枕を使うときは、まず最初に、その状態を確認してください。

体の負担を軽減するためには、正常な状態の枕を使わなければなりません。

中身が偏っていたり、へこんでいる枕では、いくら使っても負担を減らすことはできないのです。

そのため、使う前に枕を整え、本来の機能をしっかり発揮できるように準備しておきましょう。

劣化しすぎて形が戻らないようなら、買い替えることも必要になります。

常にベストな状態を維持しておけば、体の負担を確実に減らすことができるのです。

まとめ

枕は、うまく使えば楽に眠ることができますが、不適切な要素があると、逆に体の負担を増やしてしまいます。

腰痛や肩こりなどは、枕が主な原因になっている場合もあるのです。

そのような失敗をしないためにも、ここで紹介したポイントを押さえて、常に負担を減らすようにしてください。

枕を使いこなして、日々の眠りをより快適にしていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら