腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

枕を洗うときに注意することは?枕の種類と洗濯の注意点について

      2017/09/08

YingKu(英クール) 枕 ハンガー 枕干し ぬいぐるみ クッション 洗濯 乾燥 物干し (ピンク)

枕は、良質な睡眠をとるために、なくてはならない寝具です。

そのため、手入れをしっかりと行い、大切に使いたいものですが、洗濯については、少し注意が必要です。

どんな枕でも洗濯機で洗えるわけではありませんし、洗えたとしても、適切な洗い方が重要となります。

では、枕の洗濯ではどんなことに注意すればよいのか、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

洗える枕

枕には、「洗える枕」と「洗えない枕」があります。

これを間違えてしまうと、枕を長持ちさせるどころか、逆に寿命を縮めてしまうでしょう。

そこで、まずは洗濯をしても問題ない枕を紹介します。

パイプストローの枕

これは、ストローを細かく切ったような形の素材であり、通気性がとても高く、洗濯に適しています。

パイプが大きいと若干ごつごつしますが、その分、耐久性は十分です。

ネットに入れて、普通に洗濯機で洗えるので、こまめに洗濯するとよいでしょう。

また、通気性が高いだけあって、乾くのも早いです。

マルコビーズの枕

中が空洞になったボール状の素材で、真ん中に穴が開いています。

これも、通気性と耐久性に優れた枕であり、繰り返し洗濯しても問題ありません。

また、パイプストローと違って、柔らかさと弾力性もあるので、使い心地もよい素材です。

ただし、値段が少し高めなとなります。

ポリエステルわた素材の枕

人工線維が詰まった、綿のように柔らかい枕であり、「コンフォロフトわた」と「粒わた」の2種類があります。

これは、洗濯機ではダメージが大きすぎるので、手洗いするのが一般的です。

ただし、まれに洗えないものがあったりするので、事前の確認を忘れないようにしましょう。

また、脱水が強すぎると中身が偏るので、注意が必要です。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

洗えない枕

洗える枕と同時に、洗えない枕についても知っておけば、洗濯で失敗することはありません。

洗えない枕の場合は、こまめに干すようにするとよいでしょう。

また、劣化の状態によっては、買い替えを行うことも大切です。

羽毛や羽根の枕

鳥の羽根を使っているので、とても柔らかいという特徴があります。

これは、吸湿性や保湿性に優れた枕であり、夏は涼しく、冬は暖かいのがメリットです。

水洗いができないので、定期的に干す必要がありますが、その際は、なるべく陰干しにしましょう。

また、ドライクリーニングで洗うことも可能です。

そば殻の枕

昔からよく使われている、そばの実の殻が入った枕です。

優れた吸湿性が特徴ですが、その反面、湿ったままだと虫がつく可能性が高いです。

そのため、洗えないとはいえ、やはりこまめに干すことは大切です。

これは、羽毛と違って日に当ててもよいので、天日干しにするとよいでしょう。

低反発ウレタンの枕

低反発は、形が変わったあと、ゆっくり元に戻るのが特徴です。

しかし、水に濡れることでその効果は弱まってしまい、劣化も早くなります。

そのため、水洗いは厳禁であり、陰干しで対応するのがおすすめです。

元に戻らなくなってきたら、それは買い替えの時期でもあります。

洗うときの注意点

洗える枕と洗えない枕を見極めても、洗濯方法によっては、結局失敗してしまうことがあります。

そのため、洗濯するときは、失敗を避けるためのポイントを押さえておきましょう。

そうすれば、劣化を防ぎつつも、確実な洗濯ができます。

カバーと枕は分ける

これは、一見当たり前のようですが、実は一緒に洗っている人が多いです。

なぜなら、自分でつけた枕カバーは外したとしても、枕にもともとついていたカバーの方は気づきにくいためです。

しかし、カバーがついたままで洗っても、洗浄効果は十分に発揮されません。

きれいに洗うためには、本来のカバーもしっかりチェックするようにしましょう。

また、ファスナーがついている枕は、カバーを外したときに、閉まっていることを確認してください。

もし開いていたら、中の素材が散乱することになってしまいます。

枕をしっかり沈める

縦形の洗濯機に入れたとき、枕が水に浮いてしまうことは多いです。

特に、パイプストローやマルコビーズのような素材だと、そのまま入れただけでは、どうしても浮いてしまいます。

しかし、水面でゆらゆらと揺れているばかりでは、せっかくの洗濯も意味がなくなってしまいます。

浮いてしまう枕は、あらかじめ水に浸して湿らせ、しっかりと沈めるようにしましょう。

洗濯機の中で回ってこそ、洗浄効果を最大限に得ることができるのです。

温度は高めにする

洗濯の温度については枕に表示されていますが、それを参考にしつつ、なるべく高温にして洗濯すれば、ダニの対策になります。

寝具につくダニは、主にコナヒョウヒダニという種類になりますが、これは50℃の熱に弱い性質があります。

そのため、高い温度で洗濯すれば、枕の中に潜んでいるダニを退治することができます。

まれに熱に強いダニもいますが、限度一杯まで温度を上げれば、かなり効果があるでしょう。

ただし、くれぐれも表示された温度をオーバーしないように注意してください。

干すときの注意点

枕の洗濯は、最後に干すところまでが重要です。

洗濯がしっかりできていても、適当に干してしまうと、劣化を早めてしまう可能性もあります。

そこで、適切な干し方についても紹介しておきましょう。

天日干しの場合

洗濯ができる枕は天日干しが可能なので、日当たりのよい場所を選んで乾かしましょう。

ただし、枕を完全に乾かすには、それなりの時間がかかります。

パイプストローやマルコビーズは通気性がよいので、比較的乾きやすくはありますが、基本的には気長に待つことが大切です。

そのため、なるべく晴れの日が続くときを選んで、じっくりと干すのがおすすめです。

また、洗えない枕の中でも、そばがらであれば天日干しが可能なので、積極的に日に当てるようにしましょう。

陰干しの場合

陰干しの場合、最も注意すべきは、「日光が当たらない」ことです。

うっかり直射日光が射すところに置くと、天日干しできない枕の場合、劣化を早めてしまいます。

しかし、日が当たらないとしても、密閉された室内などでは、干す意味がありません。

したがって、陰干しのコツは、日光が当たらず、かつ風通しがよい場所を選ぶことになります。

そのような場所であれば、日が当たらなくても湿気をとばすことができるので、カビの対策にもなります。

洗えない枕の場合は、そうした場所を見つけて、こまめに干すようにすると、劣化を遅らせることができるでしょう。

道具をうまく使おう

WARMQ 枕ハンガー 多機能 コンパクト収納 枕干し ぬいぐるみ クッション 座布団 干し ハンガー 乾燥 物干し 便利アイテム (ブルー)

枕を干すときは、専用の道具を利用するのも、大切なポイントです。

「枕干し」は、枕を挟んで干すことができる道具であり、両面を万遍なく日に当てることができます。

これがあれば、ときどき裏返したりする手間が省け、効率よく乾かすことができます。

また、枕をしっかり挟んで固定することで、型崩れを防止できるのもメリットです。

これは、網に入れて干すタイプの「物干しネット」を使っても、同様の効果があります。

これらを活用して、枕に優しい干し方をしていきましょう。

まとめ

枕は、常に清潔にして使いたいものです。

あまり汚れが溜まってしまうと、臭いの心配もありますし、ダニやカビなどが増える恐れもあります。

そうなっては、とても安眠などはできないので、定期的な枕の手入れは大切です。

その際は、自分が使っている枕の種類を把握し、それに合った方法を選択すれば、清潔を保つと同時に劣化を抑えることもできるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら