腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

枕選びはここをチェック!注目すべき4つのポイント

   

寝るときの必需品と言えば、枕があります。

よい睡眠がとれるかどうかは、この枕によるところも大きいです。

枕に違和感があると熟睡できないことも多いですが、適切なものであれば、良質な眠りをもたらしてくれるでしょう。

そのためには、自分に合ったものを選ばなければなりません。

そこで、どこに注目して選べばよいのか、4つに分けて説明していきます。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

枕の大きさ

一般的な大きさは43×63cm

日本人の標準的な肩幅は約60cmとされているため、「43×63cm」という大きさは、多くの人に合う一般的なものと言えます。

この大きさであれば、大抵の布団やベッドに合いますし、寝返りなどで動いたとしても、頭がはみ出すことは少ないでしょう。

小柄な女性や子供なら、少し小さめの「35×55cm」が最適です。

ただし、寝ているときの動きが大きい人は、普通の大きさでは足りないことも多いです。

その場合、頭が枕から落ちてしまうか、それを無意識に回避しようとして、寝返りが減ってしまうことがあります。

枕なしの姿勢や、寝返りが少ないという状態は、腰痛になってしまうこともあるので、なるべく避けたいところです。

そんなときは、余裕のある、大きめの枕を選んでみましょう。

大きめの枕のメリット

「自分は寝返りが大きい」と感じている人は、普通よりも少し大きいサイズを選べば、枕から落ちるのを防ぐことができます。

そのためには、「50×70cm」以上のものを選ぶとよいでしょう。

そのサイズならば、かなり余裕があるため、寝返りが大きくても安心です。

ホテルなどの枕は、そうした大きめのサイズを使っていることが多く、どんな人にも対応できるようになっています。

その中でも、「43×120cm」という横長の枕ならば、二人で使っても十分な大きさがあり、抱き枕としても利用することができます。

また、「80×80cm」など、正方形で大きい枕の場合は、ベッドのヘッドボードに立てかければ、それに体を預けて快適な読書を楽しむことができます。

他にも、足の間に挟むクッションとしても最適なので、より楽な姿勢で眠りたい人にもおすすめです。

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

スポンサーリンク

枕の硬さ

柔らかすぎるものは避ける

枕は、「柔らかければ快適」というわけではありません。

柔らかい枕は気持ちいいので、体に優しいように思えますが、実は、柔らかすぎると逆に負担がかかってしまうのです。

これは、頭がすっかり沈み込んでしまうため、固定されたような状態になり、動きづらくなることが原因です。

睡眠中は、適度な寝返りをうつことで、体にかかる圧力が偏るのを防いでいますが、頭が固定されたのでは、これがうまくできません。

同じ姿勢でいる時間が長くなると、首や肩、腰などに圧力が集中してしまうので、肩こりや腰痛になってしまうのです。

そのため、「柔らかい」というだけで安易に決めてしまってはいけません。

ある程度の柔らかさはあっても、寝返りを妨げない程度のものが、理想的な枕です。

適度な硬さが大切

よい枕と言うのは、柔らかすぎても硬すぎてもいけません。

柔らかすぎれば寝返りがしづらく、熟睡できない可能性もあります。

逆に硬すぎた場合は、頭の沈み込みが足りず、フラフラと安定しない状態になってしまいます。

頭が固定されるのはよくないと言っても、あまり安定しないのも問題です。

そうなると、自分の力で頭を安定させなければならないため、体に余計な力が入ってしまいます。

そんなリラックスできない姿勢では、やはり熟睡は難しくなってしまいます。

したがって、よく眠るためには、沈みすぎない硬さがありつつも、ある程度は頭を固定できる柔らかさが必要になります。

その条件を備えた枕であれば、変に力まなくても、枕が頭を安定させてくれますし、自然に寝返りをうつことができるのです。

枕の高さ

高さが合っていないときの影響

硬さと同様に、高さについても、丁度よい中間のものを選ぶことが大切です。

高すぎる枕を使うと、首が曲がってしまうため、背骨や腰にまでよくない影響を与えてしまいます。

つまり、高すぎる枕は、肩こりや腰痛になる可能性が高いのです。

首が不自然な角度になると、筋肉も変に緊張した状態になるので、血行を悪くすることにもつながります。

また、気道を狭めることが多いので、いびきも出やすくなってしまうでしょう。

一方、低すぎる枕の場合は、むくみをひどくする原因になります。

これは、低くなったところに、老廃物などがどんどん流れ込んでしまうためです。

頭を長時間低くしていると、それらが顔に溜まり、強いむくみとなってしまうのです。

そのため、高すぎず低すぎず、適度な高さに注意して選ばなければなりません。

体に負担をかけない高さであれば、よりよい睡眠をとることができます。

適切な高さを見極めるには

枕の丁度よい高さを見極めるには、目線を意識するのがコツです。

枕に頭を乗せたとき、真上より少し下に視線が向いていれば、それが理想的な高さとなります。

もし高さが合っていなければ、目線は足に向いたり、後ろに向いたりしています。

目線が自然になっていれば、首の角度も自然なものになっているはずなので、これを意識して選べば、失敗は少ないでしょう。

また、顎で判断することもできます。

首が不自然に曲がっていれば、顎が上がったり、逆に引いたりする状態になっているものです。

そうではなく、普通に立ったときと同じような、無理のない角度であることを確認しましょう。

しかし、すべてのお店で、それを試すことができるとは限りません。

そんなときは、とりあえず低めの枕を選んでおくのがおすすめです。

高すぎると難しいですが、低い分には、タオルなどで調節することが可能となります。

枕の形

くぼみがあると安定する

標準的な枕の形は、中心がより盛り上がっているものですが、中には、逆にくぼみができているものがあります。

そのようなタイプは、「ドーナツ型」と呼ばれることもあり、くぼみにすっぽりと頭が収まるので、安定感は抜群です。

先述したように、頭が程よく安定するのは、快適な眠りにつながるので、寝心地を改善したい人には最適な形と言えます。

ただし、頭があまり固定されると、寝返りしにくくなることを忘れてはいけません。

そのため、くぼんでいれば何でもよいわけではなく、くぼみが深すぎないものを探すべきです。

深すぎず、かつ適度な安定性があれば、首にかかる負担を軽減することにもなるので、よりよい眠りをもたらしてくれるでしょう。

波型の枕は首に優しい

寝る時の首への負担を減らしたいなら、この波型の枕が適しています。

波状になった独特の形が、首にしっかりフィットするため、楽な姿勢を保つことができるのです。

ただし、このタイプの枕を使うときは、少し注意しなければならないポイントがあります。

それは、枕の正しい向きです。

波型の枕は、低い波と高い波の、ふたつの盛り上がりがありますが、このどちらを手前にするべきか、わからなくなることがあります。

正しい向きは、高い波の方が手前になることなので、使う前によく確認しましょう。

高い波で首を、低い波で頭の後ろを支えているのが、正しい状態です。

この向きを間違えてしまうことは意外と多いですが、逆になっていると、首に負担がかかることがあるので、十分に注意しましょう。

まとめ

枕選びでは、これら4つのポイントをチェックしておけば、最も適したものを見極めることができます。

大切なのは、自分に合っていることと、自然な姿勢になることです。

そうした枕であれば、体にかかる負担が少なくなり、楽に眠ることができます。

熟睡できる良質な枕で、普段の睡眠を改善し、より健康な生活につなげていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら