腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

栄養不足は膝痛の原因に!膝を丈夫にするのに必要な栄養素とは?

   

現在、様々なダイエットが流行っていますが、ダイエットにより栄養不足になることは膝によくありません。

人間の身体は食べ物の栄養素から作られているため、栄養不足になると身体は弱くなります。

身体が弱くなるということは膝も弱くなることになります。

そして、膝が弱くなると膝痛の原因となります。

そのため、普段の食生活はとても重要で、膝痛を予防するにはバランスよく栄養を摂ることが大切になります。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝を強くするにはバランスよく栄養を摂ること

人間が生きていくには食べることが必要であり、健康的に生きるには栄養バランスを考えて食べる必要があります。

そして、そのことは膝を強くすることにも繋がり、膝痛の予防になります。

人が健康的に生きるには、炭水化物・脂肪・タンパク質・ビタミン類・ミネラル・食物繊維などの栄養素が必要になります。

これらの栄養素はそれぞれ働きが異なります。

そして、二つ以上の栄養素が合わさることにより良い効果を得ることができる場合があります。

これらのことから、一つの栄養素ばかり摂るのではなく、様々な栄養素をバランス良く摂ることが大切だと言えます。

栄養不足になると

人間の身体は、毎日の食事の栄養から作られているため、栄養不足になると様々な異常が起きやすくなります。

骨や筋肉などは弱くなり、体力は低下します。

そして、免疫力が低下することから、風邪を引きやすくなります。

また、肌が荒れやすくなったり、抜け毛が増えて薄毛になったりすることもあります。

さらに、精神にも影響が出やすくなるため、イライラすることが多くなったり、集中することが困難になったりすることがあります。

その他にも様々な症状が起こる可能性があり、肉体的にも精神的にも異常をきたしやすくなります。

当然、膝の機能や強度も衰えてしまうため、栄養不足は膝痛の原因にもなります。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

骨を強くするカルシウム

カルシウムを毎日適量とって、骨を丈夫にすることは膝を強くすることにも繋がります。

今の世の中には、転倒しただけで骨折してしまう人や、骨粗しょう症の人が多くいます。

その原因の一つがカルシウム不足になります。

成人が摂るべき1日のカルシウム量は600mgです。

この量は、牛乳約3杯分(600ml)になります。

しかし、カルシウムは吸収されにくいため、全てが吸収される訳ではありません。

そして、食べ物やカルシウムの取り方によって吸収率は変化します。

成人では1日に600mg必要といわれているので、その量よりも少し多く摂ると良いでしょう。

骨を丈夫にするためにカルシウムを毎日しっかりと摂ることが大切ですが、「カルシウム不足が不安」や「骨をもっと丈夫にしたい」といって過剰にカルシウムを摂ることは身体によくありません。

成人1日のカルシウム上限量は2300mgとなっています。

カルシウムを過剰に摂取すると、腎結石や泌尿器系結石、腎不全や高カルシウム血症などを引き起こす可能性が高くなるので注意しましょう。

特にサプリメントや健康食品などは手軽にカルシウムを摂取できるため、上限量を上回ってしまうことがあるので注意が必要です。

カルシウムが多く含まれている食品

カルシウムは主に、牛乳やチーズやヨーグルトなどの乳製品に多く含まれています。

その他にも、丸干しいわしやちりめんじゃこ、わかさぎや干し桜えびなどの魚介類、豆腐や豆乳や納豆などの大豆製品にも多く含まれています。

そして、意外に感じる方もいるかもしれませんが、小松菜やチンゲン菜、クレソンや切り干し大根などの野菜類にも多く含まれています。

カルシウム摂取には、これらの食品を取るのをおすすめします。

骨を丈夫にするにはビタミンやミネラルも必要

ビタミンDとビタミンK

骨を丈夫にするにはカルシウムだけでなく、ビタミンやミネラルも必要になります。

ビタミンの中でもビタミンDは、カルシウムの吸収を良くする働きがあり、ビタミンKは骨の形成を助ける働きがあります。

そのため、ビタミンDやビタミンKもちゃんと摂ることが大切になりますが、ビタミンDは太陽の光を浴びることによって体内で生成することができます。

室内で過ごすことが多い人の中には、ほとんど太陽の光を浴びないという人もいるかと思います。

そのような人は、食べ物から積極的にビタミンDを摂るようにしましょう。

リンやマンガンやカリウム

強い骨を作って膝痛を予防するには、カルシウムとビタミン以外にミネラルも必要になります。

そのミネラルの一つに「リン」があります。

人間の身体の中に一番多く含まれているミネラルはカルシウムになりますが、その次に多いのがリンになります。

そのカルシウムの99%くらいはリンと結びついて、骨や歯として存在しています。

そして、体内にあるリンの85%くらいはカルシウムと一緒に骨や歯を作る成分となっています。

骨を強くするのに必要なその他のミネラルは、「マンガン」や「カリウム」になります。

マンガンは、体内の代謝に関係している栄養素であり、骨や軟骨などの組織の合成や、骨にカルシウムが沈着するのをサポートします。

そのため、骨を形成し、強くするのにマンガンは欠かせない栄養素になります。

そして、カリウムは体内の水分バランスを調整する働きがある成分で有名ですが、カルシウムが多く排出するのを抑制する働きもあります。

そのため、骨粗しょう症の予防になる成分として注目を浴びています。

骨のために摂りたい食品

ビタミンDが多く含まれている食品は、鮭・かわはぎ・ニシン・マス・うなぎ・シイタケ・卵黄などになります。

ビタミンKは、パセリ・小松菜・明日葉・ホウレン草・おかひじき・海苔・納豆などに多く含まれています。

リンは、イワシ・たらこ・いくら・スルメ・チーズ・伊勢えび、などに多く含まれています。

マンガンは、生姜・しそ・バジル・モロヘイヤ・しじみ・玉露(お茶)などに多く含まれています。

カリウムは、パセリ・ヨモギ・アボカド・ひきわり納豆・ホウレン草・ゆりね・ひじき、などに多く含まれています。

身体を作る主成分であるタンパク質

タンパク質はアミノ酸で組み立てられています。

タンパク質というとプロテインというイメージが強く、筋肉を付けるのに必要な成分と思っている人は多くいます。

そのことは間違ってはいませんが、筋肉以外にも臓器や皮膚、爪や髪など様々な部分の組織を作る主成分となっています。

このように身体を作るのにタンパク質は必要な栄養素となっており、タンパク質が不足してしまうと臓器や皮膚や爪など様々な部分に異常をきたしてしまいます。

膝痛を予防するには膝周辺の筋肉を強くする必要があります。

それは、膝周辺の筋肉が膝を支えているためです。

そのため、膝痛を予防、軽減するには筋肉トレーニングを行い、膝周辺の筋肉を鍛える必要があり、筋肉を作るタンパク質も必要になります。

それでは、タンパク質が多く含まれている食品を紹介していきます。

タンパク質が多く含まれている食品

たんぱく質が多く含まれている食品は、乳製品・肉類・魚介類・大豆製品・卵などになります。

さらに詳しく説明すると、乳製品は、牛乳・チーズ・ヨーグルトになります。

肉類は、牛肉・豚肉・鶏肉などになります。

魚介類は、いわし・アジ・サバ・鮭・いくらなどの他にも、スルメや魚肉ソーセージやかまぼこなどがあります。

大豆製品は、納豆・豆腐・豆乳・きな粉・油揚げ・がんもどき・厚揚げなどになります。

まとめ

膝痛を予防、軽減するには、丈夫な身体を作る必要があり、そのためにはバランス良く栄養を摂る必要があります。

栄養素が上手く摂れないという人は、サプリメントを利用すると良いでしょう。

サプリメントでしたら、足りない栄養素を手軽に摂ることが可能となります。

しかし、栄養素の過剰摂取は身体に異常をきたす原因となるので、注意しましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ