腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

椅子に座って長時間の仕事、腰痛が起きるのは仕方ない?回避のために出来ることは?

   

IKSTAR クッション 低反発【メーカー直営・1年保証付】 ランバーサポート オフィス 椅子 車用 腰枕 RoHS安全基準クリア 取付バンド調節可能 洗える 介護用クッション

椅子に座る姿勢は腰痛を生んでしまうということ、勿論知っている人は多いはずです。

かと言ってでは座るのはよそう、というわけにはなかなか行きません。

特に座って仕事をする、自分の家ではなく会社などのお仕着せの椅子に座って仕事をする、そんな人の場合なにか手立ては無いものでしょうか。

自分専用の椅子ではない場合、工夫して少しでも腰痛を回避もしくは軽減する方法、考えなくてはいけません。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

椅子に座るということは腰に負担が

腰椎や仙骨、そして勿論坐骨に体重が集中してかかってしまうのが、座るという姿勢です。

床に座る場合は、実は結構これ負担の少ない座り方もあるのです。

ヨガでの座禅の座り方、あれは非常に理想的な座り方だと言われます。

3年座り続けていても、身体に負担がないとさえ言われているのです。

まあそれは大げさかもしれませんが、実際あの座り方をすれば腰も伸びたまま、上半身の姿勢もよく座れるのは確かです。

脚の関節については、普通の何も訓練していない人には無理がかかりますね。

ただ腰に対しては非常に理想的な座り方でもあるのです。

しかし椅子の場合、これがなかなか難しいのです。

脚が自由になっている分上半身の固定もされず、背中が丸くなったり猫背になったりするのも避けられません。

腰痛の原因になるのも、仕方ないと言えるのです。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛を避ける椅子というもの

座り続けての仕事の人の場合、デスクチェアは厳選したいものです。

実際近年では、家具売り場でもデスクワーク専用の椅子も多く見受けられます。

また長時間ゲームをする人、それが仕事の人専用に、ゲーミングチェアも販売されています。

長時間座っていても、腰への負担や背中への負担を軽減できるように設計されている椅子たちです。

加えてこういった椅子の場合、全身を支えるように出来ていますから、座ることによっての疲労も少なく出来ます。

極端な話、時間がなくて仮眠というのも出来るように設計されているのです。

至れり尽くせりの椅子なので、自宅もしくは専用のオフィスでの座り仕事の場合、おすすめの椅子でもあります。

使用者の口コミを見ても、首のケアまでしてくれるとありますので、本当に全身のサポートをしてくれる椅子なのですね。

オフィスワーカーの場合専用の椅子は無理

しかし個人で仕事をしていない、いわゆる勤め人の場合は蒸気のような椅子の導入は、これは難しいですね。

よほどの理由のない場合は、会社の用意した椅子に座って仕事することになります。

いわゆる事務用の椅子です。

これも近年会社によっては、かなり機能性の高い椅子を導入してくれるようになりました。

昔の会社や学校などで使われていた椅子に比べれば、格段に身体に優しい椅子です。

とは言えこれも、万人用に作られて椅子で、その人専用の椅子ではありません。

万人用ということは、要は帯に短し襷に長し、誰に対してもそこそこの効果はあるけれど、何か足りないこともあるという感じです。

なのでこの手の椅子で仕事を、と言う人の場合は、自分で対応策をこうじなくてはなりません。

個人でできる対応策はまずはストレッチ

何しろみんな一緒という風潮のある会社内です。

あまり目立ったことは、職種にもよりますが、流石にできません。

となるとできることは限られてきます。

1つはこまめなストレッチです。

仕事の合間合間に身体を伸ばしたり、椅子から立ち上がって少し歩いたりなどすれば、それなりに気分転換にもなります。

また腰に集中していた体重も分散されるので、かなり楽になるものです。

集中していたせいで猫背になっていた背中も、立ち上がって伸びをすれば元に戻ってくれます。

最も簡単な対応策で、実は最も効き目のある方法でもあります。

ただ問題は、オフィスの雰囲気などではこれ、出来ないところもあるということですね。

それこそ一昔前なら、ちょっと一服とか煙草休憩でこれが出来たのですが、それも今は昔の話になりました。

特に用事もないのに立ち上がるというのは、オフィス内の空気を考えると出来ないという人も、いないではありません。

また座ったままのストレッチも、やりづらい雰囲気というものもあります。

トイレ休憩もそう頻繁に行くことは難しいですね。

オフィスチェアのアレンジを

ではお仕着せの、オフィスチェアを少々アレンジするのはどうでしょうか。

アレンジと言っても、クッションなどでサポートしてあげるという簡単なものです。

腰痛用のクッションを使用する

腰痛用のクッションは現在、多くの種類が出ています。

椅子の座面に置いて使用するものもありますし、背もたれ用のものもあります。

いずれも腰痛の軽減に、また物によっては回避に利用できるものです。

ストレッチなどなかなか出来ない職場の場合、この手の製品で腰痛の軽減を目指すのもおすすめですね。

座面用のクッション

オフィスの椅子のクッションというのは、よほどの機能性の椅子を導入していない限り、おざなりな物です。

なので昔から、小さな座布団など持ち込んで少しでも楽に、と言うのは当たり前のことでした。

つまり、オフィスであっても座面用のクッションの持ち込みを制限している会社というのは、そうそう無いのですね。

なのでこの座面用のクッションで、まずは坐骨にかかる負担を軽減してみましょう。

素材としては低反発や高反発ウレタンの製品や、ジェルを使用したものなど多彩に出ています。

個人差がありますのでどれが一番、との断言は流石に難しいです。

試用して、自分に合ったものを見つけるのがおすすめですね。

この手のクッションの場合、機能性を重視したものだと姿勢矯正機能もついていますので、腰痛の回避にも役立ってくれます。

また携帯用のものもありますので、持ち帰ることもロッカーに仕事後は収納も可能です。

背中用のクッション

背中のカーブが崩れると、腰椎に多大な負担がかかります。

上半身の体重が、腰椎にのしかかってくるのです。

これが腰痛の原因として非常に大きいのは言うまでもありません。

姿勢矯正機能のついた座面用のクッションを使用していても、残念ながら時間と共に崩れていったりします。

そんな時に役に立つのが、背中用のクッションです。

背もたれのところに置いたり、ベルトで固定したりして使用します。

ウエストの後ろのカーブを、このクッションが支えて崩さないようにしてくれるのです。

ある意味これは、座面用のクッションよりも腰痛回避に役立ってくれます。

専用のものでなくても、バスタオルなどを巻いて使用したり、小さな座布団を背中に当てたりするなどで対応することも可能です。

とにかく背中と骨盤に注意

腰痛を回避するために気をつけたいのが、骨盤の角度と背骨の形です。

椅子に座った時に骨盤が垂直になっていて、背中のカーブがキープできている姿勢でいれば、腰痛は最低限で済むはずです。

これをキープするために、クッションの使用をおすすめしたいのです。

なのでせっかくクッションを購入したけど、きちんと使わなかったなどの場合、やはり腰痛は早々に起きてきます。

本来は、立ち上がってのストレッチなどが最もおすすめなのですが、それができない場合はこの背中のラインと骨盤の角度に注意をして下さい。

クッションなどの助けを借りてでも、できるだけ腰に負担をかけないように座ることが、腰痛軽減回避への道となります。

避けられない椅子に座った時の腰痛です。

少しでも楽にするために、ひと手間かけていきましょう。

まとめ

本当に、椅子に座って腰痛というのは、これなった人でないと辛さは実感できません。

しかも問題は、痛いからと言ってそれが仕事ならやめるわけにはいけない姿勢だということです。

なので少しでも楽にするために、工夫は怠りなくするようにしたいものですね。

クッションの使用は最初、少々投資が必要ですがそれだけの見返りはあります。

腰痛を起こす前に、出来たら回避していきたいものですね。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子