腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

椅子の座面のへこみは腰痛につながる?買い替えた方が良い?

   

Bulary 椅子カバー 事務椅子 カバー 回転座椅子背もたれ カバー オフィスチェアカバー 伸縮素材 ファスナー付き ストレッチ素材 着脱可能 オフィス ホテル 一体式 チェアカバー 椅子別売り

椅子は、消耗品です。

だから、しばらく使い続けているとどうしても座面が体重でへこんで来てしまいます。

へこんだ座面の椅子を使い続けていると、そのせいで腰痛になるのではないかと思うものです。

でも実際、そうしたへこんだ座面の椅子で腰痛になることはあるんでしょうか?

座面がへこんだ椅子は、腰痛対策のためには買い替えた方が良いんでしょうか?

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

座面がへこんだ椅子は腰には良くない

まず結論から見ていくと、座面がへこんだ椅子は腰痛の原因になりえます。

腰に悪影響を与えてしまうものなのです。

だから、もし使用している椅子の座面がへこんでしまっているのであれば、買い替えることをおすすめします。

でも、どうして座面がへこんだ椅子が腰に悪影響を与えてしまうんでしょうか?

その理由には大きく分けて二つのことが挙げられます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

身体を支えるバランスが崩れてしまうから

座面がへこんだ椅子によって腰痛が起こってしまうということの一つの理由として挙げられるのは、身体を支えるバランスが崩れてしまうという点。

椅子は、座っている間にしっかりと体を支えることが出来るように、骨盤を立てることを補助してくれるものなのです。

でも、椅子の座面がへこんでいると、身体の角度がおかしくなってしまいます。

結果、バランスよく体を支えることが出来なくなってしまいます。

そうなると、体重の重さを腰のあたりの筋肉で支えないといけなくなる。

それはつまり、筋肉が緊張状態になるということです。

筋肉が緊張状態になれば、それにともない血流も悪くなる。

もちろん筋肉も疲労して痛くなってくる。

こんな風にして腰痛になる様になるんです。

前にも横にもバランスがくずれてしまう

椅子の座面がへこんでしまうと、まずはやはり前後のバランスが崩れます。

おしりの方が微妙に深く下がる様になるんです。

そうなると、足の置く位置が定まらなくなる。

その結果、足を組んだりしやすくなります。

足をくんでいるということは、骨盤はかなり傾いているということ。

でも、体感的にはその姿勢は楽に感じるんです。

結果、その姿勢が癖になってしまう。

そうして横のバランスもどんどん崩れていくことになります。

それは当然腰に悪い影響を与えます。

おしりが痛くなりやすくなるから

座面がへこんでいる椅子を使っていると腰痛になってしまうというのは、座面の弾力が足りない分、おしりが痛くなりやすいからでもあります。

骨盤で体重を支えるとはいっても、おしりに重さを感じることは間違いありません。

ということは、おしりの下が硬いと、その硬さをおしりはダイレクトに感じることになるんです。

そうしてダイレクトに硬さを感じると、その分おしりが痛くなることもあります。

人は、座っていておしりが痛くなってきたらどんな行動をとるでしょうか?

まず間違いなく、その痛みから解放されようとしていきます。

ではどうすればその痛みから解放されるのか。

それは、やはりおしりをそこから浮かすしかありません。

なので前傾姿勢になったりするんです。

前傾姿勢になれば、その分だけおしりは浮いていきますから、余計な痛みを感じることはなくなる。

ただ、その前傾姿勢が、腰に悪影響を与えるんです。

骨盤が逆に寝てしまう

おしりの方がやたら下がってしまうことでも骨盤は寝てしまいます。

それも間違いなく腰痛の原因になるわけですが、前傾姿勢になると、骨盤はその逆サイドに向けて寝てしまうんです。

片方のサイドに向けて寝るのがダメなのですから、当然その逆サイドに向けて寝てしまうというのも避けた方が良いことになります。

逆向きに寝るのも、それはそれで骨盤で体重を支えられなくなり、腰が痛くなってしまうんです。

そして前傾姿勢になると、腰だけではなく、肩のあたりにもやたらと体重がかかる様になります。

結果、腰だけではなく肩が痛くなったりすることもある。

肩が痛くなると、それをカバーしようとして変な体勢になり、腰の負担が増すことがあります。

前傾姿勢になるのはそういう意味でも避けないといけないことなのです。

出来ればしっかりと骨盤を立てることが出来るような姿勢を作らないといけません。

ただそれは、自力でキープするのはどうしても難しい。

やっぱり姿勢に気を使い続けながら他のことをするのは難しいですから。

椅子に座る際には、ただ座るだけではなく当然何かするべきことをしていることが多いです。

なので、気を使わないで姿勢を作れるのが理想。

そのための椅子を使うべきなのです。

それは決して、座面がへこんでいる椅子ではありません。

椅子の座面は改善が難しいから買い替えるべき

椅子の座面は、一度しっかりへこんでしまうと、それは自然には元に戻らないことが多いです。

座らないでいれば自然にもとに戻るレベルのへこみであれば、1日くらい座らないでいればもとに戻ります。

でも、そうではなく、長年の負荷によってへこんでしまっている場合には、放置したくらいでは元に戻らないのです。

ではどうすれば元に戻すことが出来るのか。

それは、一度解体して張り替えていくしかありません。

ただその椅子の修理は、決して簡単ではありません。

もちろん慣れればいずれ出来るようになるかもしれませんが、素人がやろうとしてもうまくいかないこともあるものです。

だから、もし椅子の座面がへこんでしまっていたら、それはやっぱり買い替えるのが一番なのです。

特に、決して高い椅子ではない場合には、へこみが見られたらその時点で買い替えるのがおすすめです。

高いものでなくても良い

腰痛対策の椅子というと、すごく高いものを想像する人も多いです。

確かに腰痛対策の椅子には、すごく高価なものもあります。

でも、別に決して高いものでないとだめだというわけではないんです。

大切なことは1点。

しっかりと骨盤を立ててくれることが出来るかどうかです。

そして大概の椅子は、しっかりと骨盤を立ててくれるものです。

なので、サイズ感の椅子であれば、別に安いものでも問題はありません。

安い椅子は買い替えが頻繁になるというだけ

では安い椅子と高い椅子は何が違うのか。

それはもちろん、よりしっかりとサポートしてくれるかどうかの違いもありますが、大きいのは耐久性です。

高い椅子は、安い椅子と比べて比較的に長持ちすることが多いのです。

でも、たとえそういう椅子でも絶対にへこみが見られないかというと、そんなことはない。

だんだんとへこんではきますし、いずれ買い替えないとなりません。

そのペースがゆっくりな分、逆にへこみに気が付きづらいという難点もありますね。

確かに、安い椅子で、椅子を頻繁に買い替えるのは面倒ではあります。

これまであった椅子を処分しないといけないわけですから。

ただ、中には椅子を買う際にこれまで使用していた椅子を引き取ってくれるというようなところもある。

そういうところであれば頻繁に椅子を買い替えたとしても、その都度処分するのも面倒にはなりません。

安い椅子であれば、比較的にすぐにへこみに気が付くので、常にへこみがない椅子を使うこともできますし、やはり腰痛対策としておすすめなのは、安い椅子を比較的に頻繁に買い替えることになるんです。

まとめ

椅子の座面は腰にとって悪影響になり、腰痛を引き起こしてしまうものです。

だから、それに素早く気が付くことが出来る安い椅子でいいですし、それを頻繁に買い替えていくのがおすすめだというのが、ここでの結論になります。

是非そんな風にうまく椅子を選択して、腰痛のない生活を手に入れられるように工夫してみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子