腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

極厚四層敷き布団 ジュニアサイズは小学生の腰痛におすすめ!

   

体圧分散極厚フランスウール入り四層敷き布団ウールプラス100×205cm(シングルサイズ)日本製

小学生の子供がいるご家庭で、最近になって腰痛を訴えてくる事はないでしょうか?

そのような子供に対して「最近の子供は軟弱で困ってしまう」と放置していたら、それは大きな誤解です。

なぜなら、日本政府が『脱ゆとり教育』を推し進めた事で、小学生たちの間で腰痛に困っている生徒が増えているからです。

そこで小学生が腰痛になってしまう原因を詳しく説明しながら、小学生の腰痛対策として利用できる『極厚四層敷き布団 ジュニアサイズ』を紹介するので、確認してみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

小学生が腰痛対策をする必要性

小学生が腰痛になってしまった場合には、まず原因を把握した上で、腰痛になった場合のデメリットも知る必要があります。

それを知らなければ本製品を購入する気持ちもわかないでしょう。

そこで、小学生が腰痛になってしまう原因やデメリットなどについて紹介するので、見ていきましょう。

小学生が腰痛になる原因

脱ゆとり教育で、なぜ小学生が腰痛になってしまうのかと言えば、それは『教科書の重さ』が関係しています。

昭和の時代に小学生だった頃も、同じようにゆとり教育ではない時期でしたが、その頃よりも今のほうが教科書が重くなっているのです。

なぜなら現代は、小学生でも分かりやすいように、大判サイズ&オールカラー化しているからです。

カラーの付いていない紙であれば軽いものでも大丈夫ですが、カラーの付いている紙であれば、重くなっている紙が多いのです。

この事は最近になって、テレビ番組でも取り上げられるようになっていて、ランドセルに入れている教科書などの重さは、合計で5~10kgになっているケースもあるのです。

平成26年度の学校保険統計調査によれば、小学生の平均体重は21.3~38.2kgになっています(体重に差があるのは学年によって違いがあるため)。

仮に最も重い38.2kgの小学生でも10kgの重さを背負って通学するという事は、全体重の4分の1以上の重さを背負う事になります。

このような事があるので、小学生が腰痛になってしまう事は仕方のない部分です。

腰痛のデメリット

小学生が腰痛になってしまった場合には、大きく分けて2つのデメリットがあります。

1つ目は『睡眠の質』の低下です。

腰痛になってしまえば、敷き布団で横になるだけでも腰が痛く感じてしまうので注意しなければいけません。

睡眠の質が低下してしまえば、睡眠不足に陥ってしまうので、成長期の小学生は気を付ける必要があります。

2つ目は『集中力』の低下です。

腰痛になってしまえば、学校の硬い椅子に座っていたら、腰が痛く感じてしまうので勉強に集中できなくなります。

そのため、最近の小学生は軟弱と思わないで、しっかりと腰痛対策を講じる事が重要です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

極厚四層敷き布団 ジュニアサイズで腰痛対策

小学生の腰痛について分かってもらえた所で、次に本製品が腰痛対策を講じやすくなっているポイントについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

プロファイルウレタン

腰痛になってしまった場合には、少しでも腰にかかる負担を軽減しなければ、腰が痛くなってしまいます。

そのため、体圧を分散しやすい敷き布団を選んで、腰の沈み込みを抑える事が重要です。

本製品は『プロファイルウレタン』という中材を採用していて、この素材は凹凸構造になっているのです。

実際にフラットな中材では重くなっている腰が沈み込みやすい事から、腰に体圧が集中して腰痛が悪化するケースがあります。

しかし本製品のように凹凸構造になっている素材を採用していれば、腰に体圧が集中しづらいので、腰痛の小学生には、おすすめの商品です。

四層構造

体圧を分散できる敷き布団でも、ボリュームが足りなければ『底つき感』があるので、腰が痛く感じやすいです。

そこで本製品は『四層構造』を採用する事によって、ボリュームのある敷き布団を実現しました。

このように厚い敷き布団になっているので、本製品を利用すれば、あまり底つき感がありません。

そのため、腰痛に悩んでいる子供が使用している敷き布団が、ボリュームの足りない物であれば、本製品を利用してみる価値があります。

軽量タイプ

ボリュームのある敷き布団を利用する際に、よくあるケースとして、敷き布団が重くなってしまって、敷き布団を押入れに上げようとして腰を痛めてしまう事があります。

そのような事になれば、腰痛が悪化するので注意しなければいけません。

所が、本製品はボリュームのある敷き布団なのに『軽量化』を実現しています。

実際に、本製品の中綿は1.0kg・中芯は1.3kg・プロファイルウレタンフォームは1.1kgにしかなりません。

そのため、本製品であれば押入れに上げやすくなっています。

本製品の商品情報

腰痛対策を講じやすい敷き布団でも、使用感や価格にもこだわりたい方は多いでしょう。

実際に使用感が悪ければ子供が利用する事を嫌がりますし、価格が高ければ購入する事が難しい方もいるはずです。

そこで本製品の使用感や価格について紹介するので、確認してみて下さい。

吸汗速乾

私たち人間が眠っている間は、布団をかぶる事によって体温が上昇しやすいので、多くの寝汗をかいてしまいます。

そのため、敷き布団には多くの寝汗が染み込んでしまう上に、体温によって湿気が溜まりやすくなっているのです。

そこで本製品は優れた『吸汗速乾』機能を備える事によって、寝汗を素早く吸い取って乾かす事ができます。

そのため、敷き布団があまり湿っぽくならないので、寝心地がよくなっているのです。

低価格な敷き布団

本製品は魅力的なポイントが多い敷き布団だったので、高額な商品というイメージを抱いた方は多いかもしれません。

所が、本製品は意外にも低価格な値段で販売されていて、楽天市場では送料無料で税込価格5,699円で購入する事ができるのです(2018年2月9日時点)。

実際に、日本で販売されている敷き布団の中では10,000円を超えてしまう高額な商品もあります。

そのため、低価格な値段で販売されている敷き布団を探している方にも、本製品はおすすめです。

利用者たちの口コミ

本製品は腰痛でも利用しやすくなっている上に、低価格な値段で販売されているので「本当に、そのような敷き布団があるのだろうか」と半信半疑になってしまったかもしれません。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品を利用してみたら、弾力のある敷き布団で満足している方がいました。

実際に弾力性のない敷き布団を利用していたら、腰が沈み込んでしまうので注意しなければいけません。

そのため腰痛に悩んでいる小学生には、ジュニアサイズになっている上に、弾力性がある本製品はおすすめです。

さらに本製品の肌触りがよくなっていて、満足している方もいました。

もしも肌触りが悪い敷き布団を利用していたら、肌が敷き布団と密着した時に、睡眠の質が低下してしまいます。

そのため、肌触りがよくなっているのは、本製品の大きな魅力です。

悪い口コミ

本製品を1日ほど利用していたら、ハシの部分が、ほつれているケースがありました。

このケースでは中綿も見えていたので、本製品が自宅に届いた場合には、どこかに問題がないか確認したほうが良いです。

さらに本製品は四層構造になっている事から、ボリュームがあるように思って購入した方がいましたが、イメージしていたほどボリュームがない所を気にしているケースがありました。

そのため、あまり本製品のボリュームを過信しないほうが良いです。

https://item.rakuten.co.jp/sakai-f/10019132/https://mamari.jp/18715

まとめ

日本は、ゆとり教育をした事によって学力レベルが低下したので、当分の間は脱ゆとり教育を辞める事はないでしょう。

そのため、ジュニアサイズの敷き布団で腰痛対策を講じる事ができる本製品を購入してみる価値はあります。

そして腰にかかる負担を軽減するために、自宅で予習や復習をする教科書だけを持ち帰るようにして、ランドセルに入れる教科書の量を抑えたほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団