腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

正座ができない膝痛の原因とは?対処法や予防法も解説!

   

日本では葬式や法事、茶道や武道など正座をしなくてはいけない場面があります。

ですが、正座が苦手という日本人は多くいます。

そして、中には正座をすると膝が痛くなるという方もいます。

そのような方は、膝痛など膝に異常が起きているかもしれません。

ここでは、正座ができない膝痛の原因や対処法、予防法などを解説していくので、正座をすると膝が痛いという方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

正座をするのが困難になる膝痛の症状

正座ができない原因の多くは膝の痛みによるものです。

それほど正座は膝に負担がかかるため、膝痛を起こしていると正座をすることが困難になります。

そして、膝痛には様々な種類があります。

では、正座をするのが難しくなる膝痛とは、どのような種類の症状なのでしょうか?

中高年者に多い変形性膝関節症

主に加齢や生活習慣が原因となる変形性膝関節症は、膝関節の骨や軟骨がすり減っていったり、欠けたりすることにより膝痛が起こり、膝の機能が低下してしまう症状になります。

人は歳を取って老化していくと、身体は衰えていきます。

そして、当然膝関節も衰えていきます。

膝を使いすぎることにより膝を痛めたり損傷を起こしても、年齢が若ければ回復しやすいですが、加齢により膝関節の組織が衰えている状態で膝に負担をかけ続けて膝痛を起こすと、回復することが難しくなります。

そのため、加齢により膝関節が弱くなると骨や軟骨はすり減りやすくなり、損傷しやすくなります。

このように、変形性膝関節症は加齢や膝へのダメージの蓄積が原因となることが多く、骨や軟骨がすり減っていき、変形してしまう症状になります。

変形性膝関節症になると、正座することはもちろん、立ち上がったり歩いたりする際も膝が痛むようになります。

そして、症状が重くなると正座をすることはできなくなり、歩くことも辛く感じてしまいます。

関節が痛くなる病気

先程解説した変形性膝関節症以外にも、関節リウマチや痛風などの病気を発症していると正座をすることが難しくなります。

関節リウマチは、本来自分の身体を守るための免疫機能が異常を起こすことにより、関節を攻撃してしまい炎症が起こり痛みが出る症状になります。

免疫機能に異常が起こる原因ははっきりと解明されていませんが、関節リウマチで膝痛を起こすと正座をすることが困難になります。

また、膝以外にも、手首や指や肘などの関節にも症状が現れることが多く、関節に痛みが出たり、動かしにくくなったりします。

そして、痛風は、足の親指の付け根に痛みが起こることの多い症状ですが、膝関節にも痛みが起こる場合もあります。

痛風の原因は血液の中の尿酸値が上がってしまうことになり、痛風で膝関節や足の甲や指などに痛みを感じると、正座をすることは辛くなります。

また、正座をできない場合もあります。

関節の病気は関節リウマチや痛風以外にもありますが、その他の症状で膝関節を痛めても同様に正座をすることが難しくなります。

それと、良性の腫瘍が発生することも正座ができなくなる原因になります。

それは、腫瘍が正座の妨げになるためです。

スポーツによる膝痛

基本どのスポーツでも膝に負担がかかり、膝を酷使すると膝を痛めてしまうことがあります。

そのような膝痛も正座をする際、痛みをが出てしまうため、正座をすることは難しくなります。

スポーツ障害には、ランナー膝やジャンパー膝、鵞足炎やタナ障害などがありますが、どの症状も正座をする際は痛みが出てしまいます。

そして、症状が重度になると正座をすることすらできなくなります。

脚の筋肉が硬くなっている

脚の筋肉が硬くなっていると、正座をすることが辛くなったり難しくなったりします。

長い時間立ち仕事をしていたり、姿勢が悪かったり、運動不足だったりすると脚の筋肉は硬くなりやすく、脚の筋肉が硬くなると正座がしにくくなります。

筋肉が硬くなることにより血流は悪くなり、リンパの流れも悪くなります。

その結果、老廃物が蓄積され、さらに血流は悪くなり、筋肉もさらに硬くなってしまいます。

これらのことから、ストレッチなどで硬くなった筋肉を柔軟にすることをおすすめします。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

正座ができない場合はどうすれば良いのか

では、正座ができないくらいの膝痛がある時は、どうすれば良いのか解説していきます。

専門の医療機関で診てもらう

膝痛を起こして、安静にしていても良くならない場合は、病気や重度な膝痛を起こしている可能性があります。

放っておくと悪化する恐れがあるので、なるべく早く専門の医療機関に行き、診てもらう必要があります。

専門の医療機関では、問診や視診、触診やレントゲン検査などで膝痛の原因を特定していきます。

そして、原因に適した治療を行っていきます。

整体院に行く

筋肉が硬すぎることにより正座ができない場合は、整体院で施術を受けるのが有効になります。

正座ができない原因が筋肉の硬直なので、整体院で筋肉をほぐしてもらうことにより筋肉が柔らかくなり、正座ができるようになる可能性があります。

現在は、色々なところに整体院があるので、自宅から近くて信頼のできる整体院に行くと良いでしょう。

ですが、整体院は病院ではないので、医療機関のような治療を行うことができません。

そのため、先に専門の医療機関で診てもらってから、問題なければ整体院に行って施術を受けましょう。

ストレッチやマッサージを行う

ストレッチやマッサージなども、正座ができない膝痛に有効です。

運動前に動的ストレッチを行い、運動後に静的ストレッチやマッサージなどを行うことにより、膝への負担は少なくなります。

また、入浴後のマッサージも有効です。

入浴によって身体を温めれば、血行が良くなり身体が柔らかくなりやすい状態になります。

その状態でマッサージを行うことにより、膝のこわばりが改善する効果が期待できます。

しかし、膝に炎症を起こしている場合や、膝痛が酷い場合は、これらのことは行わない方が良いでしょう。

それは、膝痛が悪化する恐れがあるためです。

そのため、専門の医療機関で診てもらい、ストレッチやマッサージなどを行っても問題ないと言われてから行うようにしましょう。

膝の痛みやこわばりを予防する方法

膝痛や膝のこわばりを予防するには、膝周辺の筋肉を鍛えるのが効果的です。

太腿など膝周辺の筋肉は膝を支えているため、その筋肉を強くすることにより膝にかかる負担を減らすことが可能となります。

運動不足を感じている方は、エレベーターやエスカレーターばかり使わないで、階段を使ってみましょう。

そして、時間に余裕のある方は、ウォーキングや軽いジョギング、プールでのウォーキングなどをしてみましょう。

また、立ち仕事が多い方は、猫背など悪い姿勢にならないように注意しましょう。

このように、適度な運動によって脚の筋肉を強くすることは膝痛の予防に繋がりますが、無理な運動は逆に膝を痛める原因となるため注意しましょう。

特に、肥満の方や中高年者は膝を痛めやすいので注意が必要です。

正座について

正座は脚に負担のかかる座り方なので、膝痛を起こしていなくても多くの人にとっては辛い座り方になります。

そのため、膝を痛めていると、正座をすることが余計辛く感じたり、正座自体ができなくなってしまいます。

これらのことから、正座が比較的長い時間できなくても、異常ではないと言えます。

また、正座を長い時間することにより、脚を痛めてしまう人もいます。

したがって、膝を痛めていなくても、長時間無理して正座をしない方が良いでしょう。

そして、当たり前のことですが、膝を痛めている場合は無理して正座をすることはありません。

葬式や法事など、正座をしなくてはいけないような雰囲気がありますが、膝に不安のある方や膝痛を起こしている方が正座をするのはおすすめできません。

まとめ

正座ができない膝痛の原因や対処法などを解説してきましたが、いかがでしたか?

正座は日本人の伝統な文化となっていますが、脚には負担がかかりやすい座り方になります。

そのため、膝痛を起こしていると正座をすることが困難になります。

正座をしなくてはいけない雰囲気の場がありますが、無理をしないことが大切になります。

無理に正座をして膝痛を悪化させたり、膝を痛めたりすることはつまらないことです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ