腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

正座椅子 あぐら座椅子の魅力を紹介!腰痛でも正座しやすい?

   

あぐら正座椅子 ダークブラウン SZ-雅(ミヤビ)DBR

腰痛に悩んでいるいる方たちの中で、正座をする事は腰痛に有効と考えている方が多くいます。

確かに正座は腰痛の方にはおすすめの方法ですが、いくつかデメリットもあるのです。

所が『正座椅子 あぐら座椅子』を利用すれば、正座のデメリットをカバーする事ができるのです。

そのため腰痛に悩んでいる方で正座を試してみたい方には興味深い椅子だと思うので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

正座椅子 あぐら座椅子の特徴

正座椅子 あぐら座椅子は、独特な形状をした椅子で、正座のデメリットをカバーできるようになっています。

そこで正座椅子 あぐら座椅子を詳しく知りたい方のために、どのような特徴があるのか紹介するので、確認してみて下さい。

足にかかる負担を軽減

日本人女性で、横坐りやぺちゃんこ座りなどを行う方は多くいますが、このような座り方をしていたら脚の形が悪くなりやすいです。

それが影響して、腰痛になるケースがあるので正しい姿勢になりやすい正座が、腰痛になりづらい姿勢として注目されているのです。

しかし正座は足に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

所が正座椅子 あぐら座椅子は、座面が上半身の体重を支える事ができて、座面の下に膝下を通す形状になっているのです。

そのため正座をしても足にかかる負担を軽減できる椅子を探している場合には、正座椅子 あぐら座椅子はおすすめです。

座面の高さ

多くの方がイメージする椅子と言えば、椅子の座面が膝に近い高さになっていると思うでしょう。

所が、正座椅子 あぐら座椅子の座面は低くなっていて、その高さは17cmしかありません。

そのため正座椅子 あぐら座椅子は正座をしやすい高さになっているので、膝下を通す事ができる程度の高さしかありません。

そのため正座椅子 あぐら座椅子は、正座しやすい椅子になっているのです。

2種類のカラー

正座椅子 あぐら座椅子は腰痛の方にとって、優れた機能を備えている椅子ですが、デザインは注意しなければいけません。

なぜなら正座椅子 あぐら座椅子は2種類のカラーバリエーションしか用意していなくて、その種類は『ベージュ』と『ナチュラル』しかありません。

さらに2種類のカラーは、それほど違いのあるカラーではないのです。

そして趣(おもむき)のあるカラーなので、ご年配の方であれば満足しやすいカラーですが、若い方たちにはあまり好まれないカラーなので注意する必要があります。

コストパフォーマンス

正座椅子 あぐら座椅子は正座する事によって、腰にかかる負担を軽減したい方には魅力的な椅子に見えるでしょう。

しかし正座椅子 あぐら座椅子はシンプルな形状をしているのに、楽天市場では送料無料ですが、税込価格3,480円もするのです。

椅子としては安い値段のように思うかもしれませんが、正座椅子 あぐら座椅子のサイズは、幅45×奥行29×高さ17cmというコンパクトなサイズになっています。

そのためサイズの割には値段が高く感じる方もいるかもしれないので、気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

正座は腰痛に有効?

正座は腰痛になりづらい姿勢と言われていますが、腰痛に悩んでいる方たちの中には、その理由を知らない方は多いでしょう。

そこで正座が腰痛になりづらい理由を紹介するので、正座をするべきか悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

骨盤の位置

腰痛になるケースがいくつかありますが、そのうちの一つで骨盤が傾く事によって、腰痛になる場合があります。

実際に骨盤が前傾になったら反り腰になって、骨盤が後傾になったら猫背になる場合があるのです。

反り腰や猫背は、腰痛になりやすい姿勢なので骨盤が傾かないようにする事が重要になります。

所が、正座の姿勢であれば骨盤が立ちやすくなるので、腰痛になりづらいのです。

背筋が伸びやすい

正座は膝下を圧迫するので、正座よりあぐらをかきたい方は多いでしょう。

所があぐらの姿勢は猫背になりやすいので注意しなければいけません。

もしも猫背になった状態で椅子に座った場合には、背もたれに背中が密着した時に、お尻が前のほうへズレやすくなってしまいます。

そうなれば、お尻ではなく腰で座るような姿勢になるので、腰痛になりやすいのです。

所が正座の姿勢であれば、背筋が真っ直ぐになりやすいので、腰痛になりづらくなっています。

正座のデメリットをカバーする椅子

正座椅子 あぐら座椅子は独特な形状をしていても、本当に正座のデメリットをカバーできるのか半信半疑の方は多いでしょう。

そこで正座椅子 あぐら座椅子が、本当に正座のデメリットをカバーできているのか紹介するので、確認してみて下さい。

膝にかかる負担を軽減

正座椅子 あぐら座椅子を利用しないで正座をした場合には、膝を曲げた状態で、膝下を下敷きにしている状態になります。

そのような状態で数時間も同じ姿勢を続けていれば、膝の関節に大きなダメージを与えてしまうのです。

実際に私たち人間が膝を極端に曲げるな動作を行う事は多くないので、極端に膝を曲げてしまう正座が、いかに膝に負担をかけるのか分かるでしょう。

そのため、正座椅子 あぐら座椅子を利用して膝をあまり曲げない姿勢で正座を行うのは重要なポイントです。

血管にかかる負担を軽減

正座をした後に、立ち上がろうとしたら足がしびれてしまう経験をした事があるでしょう。

このような事が起きてしまうのは、膝下を下敷きにする事によって、血管を圧迫しているからです。

このような状態を続けていれば、同じように膝に大きなダメージを与えてしまうので注意しなければいけません。

そこで正座椅子 あぐら座椅子を利用すれば、膝下に体重が加わらなくなるので、血管が圧迫されるのを抑える事ができます。

利用者たちの口コミ

正座椅子 あぐら座椅子は正座のデメリットをカバーする事ができる椅子ですが、利用者たちの中には不満を抱いている方もいます。

そのため正座椅子 あぐら座椅子を購入しようと考えている方は、どこの部分に不満があるのか興味深い所だと思うので、利用者たちの口コミを詳しく紹介しましょう。

悪い口コミ

正座椅子 あぐら座椅子を利用していたら、椅子の脚の部分が壊れてしまうケースがありました。

この方の体重は54kgなので、肥満体型という訳ではありません。

そのため正座椅子 あぐら座椅子は耐久性があまり優れていない可能性が高いので、注意したほうが良いでしょう。

そして正座椅子 あぐら座椅子を利用してみたら、座面の高さが身体に合わなくて不満を抱いている方もいました。

そのため正座椅子 あぐら座椅子の座面の高さが、正座しやすい高さになっているのか確認したほうが良いでしょう。

良い口コミ

正座椅子 あぐら座椅子の座面の高さが、身体に合わなくて不満を抱いている方がいる一方で、身体に合う高さになっていて満足している方もいました。

そのため正座椅子 あぐら座椅子を購入する前に座面の高さが合う事を確認できたら、この椅子を購入してみる価値はあるでしょう。

そして正座椅子 あぐら座椅子は、上半身の体重が膝下に加わらないようにできているので、利用者たちの中には膝下がしびれなくて満足している方もいました。

そのため正座椅子 あぐら座椅子は、正座のデメリットをカバーできる機能が優れています。

まとめ

正座椅子 あぐら座椅子は、正座をしやすい椅子になっているので、正座を行なって正しい姿勢を目指したい方にはおすすめの椅子です。

ただし耐久性があまり優れてないように感じる利用者もいたので、取り扱いには注意しなければいけません。

それでも正座椅子 あぐら座椅子を利用して、正座を続けていれば、腰痛になりづらい姿勢を目指す事ができるのは魅力的なポイントでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子