腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

毎日の中で手軽に実践できる!入浴剤を入れたお風呂で気になる肩こりにアプローチ

   

アース製薬 バスロマン 入浴剤 ヒノキ浴 680g

仕事で忙しく気づかないうちに肩こりが酷くなってしまうことがあります。

肩こりが気になる時は早めに適切なケアを心がけることが大切ですが、マッサージなどに定期的に通う時間がない方がいるかもしれません。

そんな時、入浴剤を入れた温かいお湯にゆっくりと浸かることで1日の疲れを手軽にリセットする対策がとれます。

ここでは、入浴剤を入れたお風呂で気になる肩こりにアプローチする方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

入浴剤は肩こりの原因に合わせて選ぶことが大切

入浴剤は豊富な種類がありそれぞれ配合成分や香りに違いがあるため、自分にとって最適なものを選ぶことが大切です。

肩こりとひとことで言っても原因に違いがあるため、原因に合わせた対策をしっかりとった上でお湯に浸かることを通して気になる肩こりに働きかけることが大切です。

たとえば、精神的に緊張状態が続くことで筋肉が硬くなり肩こりが生じるようであれば、まずは気持ちをリラックスさせることが大切です。

肩こりの原因が精神的なものである場合には、張り詰めた気分をほぐしてあげることが大切なので、肩こりのみにアプローチするのではなく、気持ちにもアプローチしてくれる入浴剤を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

肩こりの原因について教えて!

悪い姿勢が習慣化することが原因

現在は仕事中にパソコンを長時間使用する方が多いため、1日の大半を無理な姿勢で過ごす方が増えています。

仕事に集中している時は自分の姿勢に気を配ることができないため、気づかないうちに悪い姿勢が習慣化していることがあります。

本来の正しい姿勢を維持している時は、筋肉も正しい位置にあり適切な状態を維持することができるので血行が良くなります。

しかし、姿勢が悪いことによって筋肉の位置がズレて固定化されてしまうと血流に悪影響を与えることがあるので肩こりの原因となることがあります。

日常で目を酷使することが原因

仕事の時だけではなく、プライベートでも長時間スマートフォンを操作する方が増えています。

夜に薄暗い場所で明るく小さな画面を見ていると目が疲れる原因となるので注意が必要です。

1日中電子機器を操作することで目を酷使していると視力が低下する原因になるのはもちろんのこと、目の疲れは首や肩のこりと関連性が深く、目が疲れることが原因で肩こりになってしまうことがあります。

ストレスの影響を受けていることが原因

仕事やプライベートでストレスが蓄積していると、身体に不必要な力が入るようになり筋肉がコリ固まってしまうことがあります。

また、精神的なストレスは血流が低下する原因のひとつでもあるので、筋肉のコリと血流の低下が相俟って肩こりが生じることがあります。

マッサージなどで肩こりにアプローチしても、ストレスによって常に筋肉や血流に影響を与えてしまうことがあるので、肩こりと気持ちの両方にアプローチすることが大切です。

気温や体質などによる身体の冷えが原因

気温が低くなると身体が冷えて血流が低下することがあります。

また、冬だけではなく夏でも効き過ぎたエアコンや冷たい飲み物を頻繁に飲むことで身体が冷えることがあるので1年を通して身体が冷えている方もいます。

外的要因による冷えによって肩こりが気になる場合にはマッサージをするなどの対策も大切ですが、まずは、身体をしっかり温めることが大切です。

肩こりが気になる時の過ごし方

良い姿勢を保つ習慣を持つようにする

血流が良い状態を保つ基本となるものは良い姿勢を保つことです。

仕事柄、パソコンに長時間向かうことが多い方であれば、毎日の中にストレッチや軽い体操を取り入れながら、こめまに姿勢をチェックすることが大切です。

お手洗いを使用した時など、大きな鏡の前で横から見た時の姿勢を確認する習慣を持つと、良い姿勢を保つための対策をとることができます。

座っている時の姿勢をサポートするクッションなどのアイテムもあるので、便利なものを生活に取り入れながら対策をとるようにしましょう。

パソコンやスマートフォンの使用時間を制限する

仕事で長時間パソコンを使用するのであれば、プライベートでスマートフォンを使用する時間を短めにするなど目を酷使しないための対策をとることが大切です。

特に好きなサイトを見たり好きな動画を見ていると、時間の経過に気づかないことがあるのでスマートフォンのタイマーなどを利用して、一定の時間が経つとアラームが鳴るようにしておけば使用した時間が分かりやすくなるでしょう。

1日のうちリラックスできる時間を持つようにする

ストレスによって気持ちが張り詰めて筋肉が硬くなっている時は、意識的に気持ちをリラックスさせることが大切です。

1日のうちほんの少しの時間でも良いので、ストレスの原因となっている事柄を頭の外に追い出してリラックスできる時間を持つと良いでしょう。

アロマなどを通してお気に入りの香りを楽しんだり、夜寝る前などにゆっくりとした時間を過ごすことで心地良く就寝することができます。

ゆっくりとお湯につ浸かる習慣を持つようにする

1日の中で身体の疲れをほぐしたりリラックスした気分になる時間をとりたい場合には、バスタイムを利用するのがおすすめです。

お風呂に入ることは生活習慣のひとつなので、身体をゆるめたり気分をリラックスさせる時間を定期的に持つことができます。

また、お湯にゆっくり浸かることで身体を温めれば筋肉や血行にほど良く働きかけることができるので肩こりが気になる方を優しくサポートしてくれます。

お湯に入浴剤を入れることで、毎日のバスタイムに変化をもたらすことができるので気分のリフレッシュにも繋がるでしょう。

肩こりにアプローチしたい時の入浴剤の選び方

第2類医薬品の入浴剤を選ぶようにする

バスタイムに使用する入浴剤を探そうとしても、あまりにもたくさんの種類があるので肩こりが気になる時にどれを選んで良いのか分からないという方がいるかもしれません。

入浴剤の中には医薬部外品として位置づけされているものや、第2類医薬品として位置づけされているものがあります。

第2類医薬品として認められている入浴剤の中には肩こりに働きかける特徴を持つものがあるので、入浴剤を入れたお湯にゆっくりと浸かることで、気になる肩こりにアプローチすることができるでしょう。

自然成分配合で肌に優しく働きかけるものを選ぶ

肩こりが気になる時はゆっくりとお湯に浸かることが大切ですが、人それぞれ肌質に違いがあるので、デリケートな肌質の方が入浴剤を選ぶ時はパッケージに記載されている配合成分をよく確認することが大切です。

自然由来の原料から作られた入浴剤は肌に優しく働きかけてくれるので、お湯にゆっくりと浸かることができるでしょう。

アレルギーをお持ちの方は、自然由来の成分の中に肌に合わないものがあるかもしれないので、かかりつけの医師に相談した上で入浴剤を使用するとより安心です。

ほど良い温度のお湯でも身体が温まるものを選ぶ

肩こりが気になる時は身体を温めることが大切ですが、熱いお湯はゆっくりとお湯に浸かることができずに身体の芯までじっくり温めることができないためおすすめできません。

ほど良い温度のお湯にゆっくり浸かることが大切ですが、炭酸系の入浴剤はややぬるめのお湯でも血行に働きかける特徴を持つので肩こりが気になる方におすすめです。

気分がリラックスする良い香りのものを選ぶ

入浴剤の中には自然由来の原料から作られたアロマの良い香りがするものがあります。

ストレスによる肩こりが気になる方であれば、毎日のバスタイムを通して身体を温めながらリラックスした時間を持つことができるのでおすすめです。

まとめ

いくつかの原因によって肩こりになることがありますが、まずは、肩こりの原因を明確にすることで適切な対策をとることが大切です。

肩こりが気になっていると筋肉に働きかけるマッサージをされる方がいますが、肩こりの原因にアプローチしながらコリをほぐす対策をとることが大切です。

自分に最適な入浴剤を使用したバスタイムをゆっくり過ごすことによって、日々の中で肩こりにまつわる対策をとることができるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤