腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

狭すぎない?セミシングルマットレスのメリットはどこにある?

   

新・ショート丈ボンネルコイルマットレスベッド 脚22cm セミシングル アイボリー

マットレスの一番小さなサイズは、シングルサイズだと思っている方もたくさんいます。

でも、実はマットレスには、まだセミシングルという、シングルサイズよりも小さいサイズのマットレスがあるのです。

では、そんな小さいサイズの、セミシングルマットレスのメリットはどこにあるのでしょうか?

ここではそれについてみていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

セミシングルのメリットはスペースをとらないこと

セミシングルマットレスの最大のメリットは、何といってもスペースを取らないことです。

シングルサイズのマットレスは、横幅がだいたい100センチあります。

それは1メートルになりますから、すごく幅をとることになります。

でもセミシングルサイズのマットレスは、だいたい80センチくらいになります。

80センチくらいと100センチでは、20センチしか違いがないから、対して違わないのではないか?

と思う方もいるでしょう。

確かに20センチは数字で表すとしょぼいです。

でも、実際には20センチ小さいだけでも、ずいぶんと邪魔しなくなります。

だから、狭い部屋でも十分にマットレスやベッドを置くことができるようになります。

部屋が狭いからとあきらめていた方には、セミシングルのマットレスはすごくおすすめできます。

存在感も大きすぎない

そのくらいのサイズ感のマットレスであれば、存在感も多少和らぎます。

狭い部屋に100センチのマットレスがあると、やはり基本的にはそれの存在感が、ドンときます。

でも、80センチくらいであれば、それがそこまで目立つということはなくなるのです。

それがそこまで目立つわけでもなければ、ワンルームにマットレスを置きながら、部屋をおしゃれに見せることができるようになります。

基本的にはワンルームでは、マットレスを置いてしまうとそれの存在感がドンときてしまうので、そうそうおしゃれに見せることは難しいです。

でもセミシングルのマットレスであれば、それも叶えることができます。

それはセミシングルの大きなメリットです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

広すぎないので落ち着く

先述のとおりシングルサイズのマットレスは、100センチです。

でもこの100センチというのは、本当に人が一人寝るのに適切な大きさなのでしょうか?

確かに体格が良い男性であれば、それは適切なサイズ感になります。

でも、小柄な女性にとってみれば、それは大きすぎるものです。

大きすぎるマットレスは、逆に落ち着かないという方もたくさんいます。

だから、小柄な女性には、シングルサイズのマットレスでもあまりおすすめできないところがありました。

でも、セミシングルサイズのマットレスであれば、横幅が80センチなので、小柄な女性でも広すぎずピッタリになります。

なのでその分、気持ちよく寝ていくことができるようになります。

もちろん狭すぎもしない

もちろん、広すぎない代わりに狭すぎる、なんていうこともありません。

適切なサイズ感になります。

狭すぎると、それはそれで寝返りをするのを無意識のうちに控えようとしてしまったりして、あまり気持ちよく寝ることができなくなります。

しかし小柄な女性にとっての80センチというのは、むしろ寝返りをしてちょうど良いくらいのサイズ感になります。

だから、逆にどんどん寝返りもしていけるのです。

そういうことがあるので、やはり小柄な女性には、セミシングルマットレスはすごくおすすめです。

価格もシングルサイズよりも安い

セミシングルマットレスのメリットとして、価格もあげられます。

セミシングルマットレスは、シングルサイズのマットレスよりも安いことが多いです。

それは当然です。

セミシングルサイズのマットレスの方が小さいのですから、その分安くならないとおかしいです。

別にシングルサイズのマットレスくらいのサイズ感が必要ないのに、そうしてシングルサイズのマットレスに高いお金を出しているなんて、すごくもったいないです。

それならば、必要なサイズしかないかもしれないけど、その分安いセミシングルのマットレスを買う方がはるかに効率的です。

シングルサイズの大きさが必要な場合は別

もちろんシングルサイズのマットレスくらいのサイズ感が必要なのであれば、いくら安いからといって、セミシングルのマットレスを買うことはおすすめできません。

それならば、その際にはシングルサイズのマットレスを買った方が良いです。

確かに、セミシングルとシングルサイズのマットレスでは、セミシングルサイズのマットレスの方が安いところがあります。

でも、その差は実はそこまで大きくはありません。

せいぜい数千円くらいの違いしかありません。

場合によっては、数百円しか違わないこともあるくらいです。

だから、もし本当はシングルサイズのマットレスの方が大きさ的にはあっているけれど、それでもセミシングルの方が安いからセミシングルにしようと考えているのであれば、それは良くありません。

そのくらいの差額の為に、本来必要なものを落としていくのはすごくもったいないですから。

セミシングルを買って本当にお得になるのは、やはりそもそもシングルサイズ程のサイズは必要でないと思っていた方だけになります。

お手入れも比較的に簡単

セミシングルのマットレスはお手入れも比較的に簡単です。

なぜなら、サイズ感が小さい分、重量も比較的に軽いからです。

シングルサイズのマットレスは、比較的に重たいです。

だから、それをお手入れしようと思ったら、ひと苦労になります。

もちろんセミシングルだって、何の苦労もなくお手入れできるわけではありません。

ある程度の重さはありますから、それなりに大変なことは大変です。

でもシングルサイズよりも軽いことは確実ですし、シングルサイズよりもお手入れが楽なことも確実です。

だから、比較的に良い状態を保ちやすいです。

お手入れが面倒だとお手入れしなくなる

もし重たくてお手入れするのが大変だったりしたら、次第にお手入れをしなくなります。

そうしてお手入れしなくなっていったら、当然その分だけへたりやすくなってしまいます。

へたるというのは、たとえばへこんだまま戻らなくなったりしてしまうのです。

へこんだまま戻らなくなるというのは、やはりマットレスとしては致命傷です。

そこに腰がはまったりして寝返りがしづらくなりますし、へこんでいるところがよこから見たらやや下に来てしまうので、そこに体重の負荷がすごくかかるようになります。

そうするとやはり、マットレスの良さはなくなってしまうのです。

それは困るので、そうならせないために、日々手入れをしないとならないのですが、お手入れをするのが大変だと、頭でわかっていてもなかなかできなかったりするものです。

だから結果的に、すぐにマットレスがダメになってしまうことも多いです。

でもセミシングルのマットレスであれば、そうはなりません。

頻繁にお手入れをして、長持ちさせていくことができます。

そうなれば、ますますコスパが良くなります。

それもまた、セミシングルサイズのマットレスのメリットです。

まとめ

セミシングルサイズのマットレスのメリットについて、ここまで紹介してきました。

セミシングルサイズのマットレスは、意外とメリットもたくさんある、選択肢に入れてよいアイテムです。

もちろんそれが合わない方もいますが、部屋のサイズや体のサイズ、そして自分の性格などと照らし合わせてよく考えてみるだけの価値はあるものです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団