腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

産前産後の辛い痛みを緩和したい!産前産後用骨盤ベルトが必要な理由とは?

   

セルヴァン レディース骨盤3 ラベンダー M-L

骨盤は、何気ない日常の動作で歪んでしまうことがあります。

それは、バランスの悪い姿勢やクセなどが原因になります。

また、妊娠をしたり出産することによって、骨盤が開いたり歪んでしまいます。

その歪みを防止し改善するには、ストレッチや骨盤ベルトをすると良いといわれています。

それでは、果たして産前産後に骨盤ベルトは必要なのでしょうか?

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

骨盤ベルトとはどのようなものなのか?

骨盤ベルトとは、その名の通り骨盤を矯正する骨盤に巻くベルトであり、歪んでしまった骨盤を矯正するものです。

骨盤が歪むと、体幹が悪くなり、血行も悪くなります。

その影響で、体が冷えやすくなったり、脚や顔などがむくみやすくなったり、肌が荒れやすくなったり、疲れがとれにくくなったり、便秘になったり、腰痛や関節痛を起こしやすくなります。

そのような症状を防ぐためにも、骨盤を矯正し、元の状態に戻すことが大切になります。

そして、骨盤を矯正し、骨盤を正しい位置にする物が骨盤ベルトになります。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

妊娠や出産で骨盤が開きやすくなる理由

妊娠や出産の影響により、骨盤は開いてしまいます。

それは、胎児が通る道である産道を通りやすくするため、骨盤が開きやすくなるのです。

また、出産する時に女性ホルモンが多く分泌され、その働きによって骨盤辺りの関節を緩くなり、骨盤が開いてしまいます。

そして、妊娠と出産の時の骨盤の開きは、女性ホルモンのリラキシンが大きく関わっています。

リラキシンは、月経前と妊娠3ヶ月くらいから出産後2日くらいまで多く分泌されるといわれており、骨盤を緩めたり、骨盤の関節に関係している靭帯を緩めたりする働きがあります。

その働きは、出産をしやすくするためといわれています。

そして、出産してから約半年かけて骨盤は締まっていきます。

妊娠中に骨盤ベルトをしたほうが良いのか?

昔と現代の女性の違い

妊娠してから3ヶ月くらいから女性ホルモンのリラキシンが多く分泌されるようになります。

少しずつ成長する胎児の成長を妨げないようにするため、リラキシンを分泌し骨盤を柔軟にする必要があります。

それと、出産する時に産道から胎児が出やすくするためにも、骨盤を緩めなければいけません。

一昔前は、便利な機械や家電製品などはなく、田んぼや畑で作物を育てたり、家事が大変だったことから、その頃の女性の足腰は丈夫でした。

そのため、女性ホルモンの働きで、妊娠や出産の時に骨盤を緩める必要があったのです。

しかし、現代の女性は、事務などで長時間座っていることが多くなり、家電製品も進化したので家事が楽になりました。

そのため、現代の女性は一昔前の女性と比べると、足腰などの筋肉が弱くなっているのかもしれません。

そのようなことで現代の女性は足腰が弱いことから、妊娠していなくても骨盤が歪みやすい人が多いといえます。

痛みや早産の予防として骨盤ベルトを使用しましょう

上記のことから、妊娠することによって骨盤がさらに緩みやすくなってしまい、痛みが出て早産になる可能性が高くなります。

このような状態の時に、痛みを緩和させるために、骨盤ベルトを使用しましょう。

また、骨盤ベルトを使用することによって、早産になるのを防止します。

それと、お腹の中で胎児が健康的に育ちやすくなり、出産するのがいくらか楽になることもあります。

ですが、妊娠していることが分かった時から骨盤ベルトを使用すると、筋肉が弱くなり、お腹が目立つくらい大きくなると苦労することになります。

したがって、早い時期から使用してたり、痛みがないのに何度も使用することはおすすめできません。

また、骨盤ベルトを正しく巻かないと、お腹の胎児に影響を及ぼすことがあるので、産婦人科の医者にアドバイスをもらいながら使用したほうが良いでしょう。

出産後に骨盤ベルトをしたほうが良いのか?

出産後は徐々に骨盤は戻っていく

先程、妊娠中の骨盤ベルトの有無について説明してきましたが、それでは出産した後も骨盤ベルトを使用したほうが良いのでしょうか。

妊娠3ヶ月くらいから出産まで多く分泌されていた女性ホルモンのリラキシンの働きで骨盤が開いていましたが、出産後はリラキシンの分泌される量は減少していくので、緩んだ骨盤周辺の関節や骨盤は元の正しい位置に戻っていきます。

このように体の機能が正常に働けば、時間が経過するとともに骨盤は正しい位置に戻っていきます。

しかし、骨盤辺りの筋肉が弱かったり、体の機能が正常に働かなかったりすると、骨盤は緩んだまま固まってしまいます。

そのようにして骨盤が固まってしまうと、体に様々な不調をきたしてしまいます。

したっがって、出産後は骨盤が開いたまま固まってしまう前に、正しい位置に骨盤を戻す必要があります。

その骨盤を戻す方法の一つが骨盤ベルトになります。

これらのことにより、出産後に骨盤ベルトをしたほうが良いといえます。

骨盤ベルトの睡眠中の使用について

骨盤ベルトの働きは、骨盤が元の正しい位置に戻ろうとすることを手助けすることです。

そして、痛いからといって骨盤ベルトを使用しすぎると、骨盤周辺の筋力が低下してしまいます。

そのように筋力が低下すると、ぽっこりと下腹が出る内臓下垂になったり、尿漏れをしやすくなったりしてしまいます。

そのため、出産後に骨盤ベルトをずっと使用することは体に良くありません。

また、睡眠中も使用できる骨盤ベルトもありますが、一般的には睡眠中に骨盤ベルトをしないほうが良いといわれています。

それと、睡眠中に骨盤ベルトを使用すると、骨盤ベルトがズレたり、寝返りを打ちにくくなったりすることがあります。

そして、もし骨盤ベルトがずれたまま眠っていると、体を傷めることもあります。

このようなことから、眠る時に骨盤ベルトを使用することはあまりおすすめできません。

しかし、あまりにも痛みが酷い時や、医者からできるだけ巻いておくようにといわれた場合は、眠る時だけでなく日頃から骨盤ベルトがズレないように注意しましょう。

産前産後で骨盤ベルトを使用する時期

妊娠中はいつから骨盤ベルトを使用しても良いのか?

基本、妊娠が分かってから骨盤ベルトを使用しても問題ありません。

そのため、妊娠初期に骨盤が歪んでいることで体に不調を感じる場合は、使用しても大丈夫です。

骨盤ベルトを使用することにより、胎児に影響が出るかもしれないと思い、骨盤ベルトを使用することに抵抗を感じる人がいるかもしれませんが、そのようなことはないので安心して使用しましょう。

しかし、妊娠初期に骨盤ベルトを使用しすぎると、骨盤周辺の筋肉が弱くなり、お腹が大きくなった後に苦労してしまいます。

そのため、使用しすぎないことも重要です。

出産後はいつから骨盤のケアを行えば良いのか?

出産後すぐに骨盤ベルトなどで骨盤を矯正する人もいますが、出産後は母体が疲労している状態です。

そして、乳幼児に授乳をするなど、赤ちゃん中心に生活を送るようになるので、とても大変です。

そのため、体を休ませリフレッシュさせて、赤ちゃん中心の生活に慣れてきたら骨盤のケアを行うようにしても問題ありません。

また、帝王切開をすると母体の体力の回復は遅くなります。

お腹を切っていることにより、ちょっとした動作でも苦労してしまいます。

そのため、そのような人は出産後2カ月くらいから骨盤の矯正を始めることをおすすめします。

それと、帝王切開はお腹を切って出産することから、骨盤が開きにくいと思う人もいるかと思いますが、骨盤を締めるための筋肉を使用することが困難な状態なので、そのような人も骨盤は歪みやすく開きやすいといえます。

まとめ

妊娠中は骨盤が開きやすくなりますが、出産後も骨盤が元に戻るのに時間がかかることや、赤ちゃんへの授乳や抱っこなどにより骨盤は歪みやすくなります。

そのため、骨盤ベルトを使用して、骨盤を元の状態に戻すサポートをしてもらいましょう。

また、出産後は骨盤周辺の筋肉を強くすることも重要なので、骨盤ベルトを使用することを減らしていき、エクササイズなどで骨盤周辺の筋肉を鍛えることも大切です。

そのように骨盤ベルトを上手に使用して、体のケアをしっかり行い、毎日快適に送れるように努めましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 産前産後の骨盤ベルト