腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

産後の腰痛の原因と腰痛緩和になるクッションの選び方

   

骨盤ヒップサポートクッション

産後に腰痛に悩むママはたくさんいます。

妊娠中も腰は大きなお腹を支えていて腰痛に悩まされますが、出産してからも別の原因で腰痛を抱えてしまうこともあります。

痛みを我慢して授乳したり育児をするのは大変ですから、腰痛対策用のクッションを使ってみましょう。

産後の腰痛は何故起きるのか、クッションはどんな役割をしてくれるのかなどを紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

骨盤のゆがみが腰痛をもたらす

出産直後は骨盤が開いた状態になっていて、産後少しずつ元の状態に戻ろうとします。

個人差はありますが、だいたい産後半年から1年くらいかけて、ゆっくりと骨盤が閉じていきます。

妊娠前よりも骨盤が動きやすくなっていますから、普段から気をつけていないと骨盤のゆがみが起きてしまいます。

腰を支えている骨盤がゆがむことで腰痛を引き起こしえてしまい、産後に腰やお尻などに痛実を感じるようになります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

妊娠による腰周りの筋肉などの影響

妊娠してお腹が大きくなると、腰周りの筋肉もそれに合わせて負担がかかりやすくなります。

産後に骨盤のゆがみが起きてしまうと、筋肉や骨盤に付随している組織など、一部分に集中して負荷がかかることで痛みが出やすくなります。

お腹が大きな妊娠中は筋肉の付き方も違っていますし、間接や靭帯などの動きも妊娠前とは違います。

産後すぐには体が慣れていなくて、妊娠中のままの動きをしようとしますから、思わぬところに負担がかかって腰痛を引き起こしてしまいます。

妊娠中の筋肉の衰え

妊娠してお腹が大きくなってくると、それまでのように動いたり運動したりできなくなります。

どんどん腹筋や背筋が衰えてきて腰周りを支えられなくなりますから、腰に負担がかかるようになります。

産後すぐには筋肉は回復しませんから、妊娠中からの腰痛を引きずってしまいます。

育児による体への負担

授乳したり抱っこやおんぶをしたりなど、赤ちゃんのお世話をしている時に姿勢が悪くなってしまって、腰に影響を与えてしまいます。

育児で忙しすぎて食事や睡眠もままならなくなりますから、産後は本調子ではありません。

赤ちゃんも日増しに成長しますからどんどん重たくなってきて、育児で腰に負担がかかって疲労が回復しないまま腰痛になってしまいます。

腰痛対策用クッションのメリット

腰痛対策用クッションは腰にかかる負担を大幅に軽減してくれます。

産後にゆがみやすい骨盤をしっかりと正しい位置にサポートしてくれて、腰やお尻にかかる圧を減らしてくれますから、腰周りが楽になってくれます。

腰を包み込むようなタイプもありますから、骨盤をしっかりと経たせて正しい姿勢を保ちやすくなり、腰痛緩和に役立ちます。

腰痛対策用クッションと共に授乳中には授乳用クッションを使うのがおすすめです。

ひざの上に置いて使うタイプで、授乳時に姿勢が崩れるのを防げますから、前傾姿勢になりにくく腰痛の原因を取り除いてくれます。

産後に役立つ腰痛用クッションの選び方

腰痛対策用クッションも様々な種類やタイプがあります。

腰への負担を減らせて痛みが楽になる選び方のポイントを知っておきましょう。

座面は柔らかめよりも硬めのもの

クッションは柔らかい方が座った直後の座り心地はとてもいいですが、柔らかすぎてきちんと腰を支えることができません。

腰が沈み込んでしまって腰をサポートできませんし、少し時間が経てば腰だけでなくお尻まで痛くなってきます。

ある程度の硬さがあるものならしっかりと腰やお尻への負荷を減らしてくれて、正しい座り方ができるようにサポートしてくれます。

硬くてもきちんと弾力がありますから、腰やお尻にかかる負荷を減らしてくれます。

腰やお尻を包み込んでくれるタイプ

真っ平らで腰やお尻への圧を減らしてくれるタイプよりも、お尻や腰周りをしっかり包み込んでくれるタイプのものがおすすめです。

このようなタイプは骨盤矯正効果に優れていて、骨盤のゆがみが起きにくくなっています。

お尻の座骨部分に集中して圧がかかるのを防いでくれて、長時間座っていてもお尻が痛くなりません。

体圧を分散してくれますから腰への負担も軽減してくれて、腰痛対策に役立ってくれます。

機能性に優れたもの

腰痛対策にいいだけではなく、クッション自体の機能性に優れたものがおすすめです。

夏場は汗をかきやすいですから、しっかりと通気性に優れていて汗を素早く乾かしてくれるものが良いでしょう。

冬場は寒いですから、保温性があり腰周りを冷やさないタイプを選びましょう。

また、買ってすぐにへたってしまうようでは困りますから、耐久性に優れたタイプが最適です。

目的に応じた形状のもの

腰痛用クッションをどんな時にどこで使うのかをしっかり考えましょう。

ソファの上で授乳する時に使いたいなら、背もたれのない座布団タイプのものでも大丈夫です。

畳や床に座った時に使いたいなら、背中からしっかりサポートしてくれる背もたれ付きのタイプがおすすめです。

場所を選ばず家の色んな場所で使いたいなら、持ち運べるコンパクトなタイプがおすすめです。

用途によって形状やタイプも変わってきますから、目的や場所をはっきりさせておくと選びやすくなります。

コジット 骨盤ヒップサポート 骨盤矯正クッション

骨盤ヒップサポートクッション

お尻から腰周辺をすっぽりと包み込むような形状になっていますから、腰にかかる負担を減らしてくれます。

真ん中がへこんでいて穴が空いていますから、骨盤がゆがまないようにしっかりサポートしてくれます。

腰を支えるように立体背もたれが付いていて、骨盤をしっかり立たせて座ることができます。

背筋もきれいに伸びて自然なS字カーブを描けるようにサポートしてくれますから、腰痛だけでなく肩こり対策にも役立ちます。

座面は適度な硬さがあり、素材は肌触りのいいベロアが使われています。

外周部分に低反発ウレタンが使われていますから、お尻がずれたりせずにフィット感が抜群です。

MTG ボディメイクシートスタイル

ボディメイクシートスタイル(Body Make Seat Style)ブラウン

部屋の置いてあってもおしゃれで、デザイン性に優れたクッションです。

背骨がS字カーブを描けるようにサポートしてくれて、太ももから腰周辺をすっぽりと包み込む形状になっています。

カイロプラクティックの手の動きが取り入れられていて、独自の美しいカーブは人の体にフィットしやすいように作られています。

骨盤がゆがんだり倒れたりしないようにしっかり立たせてくれて、体が左右どちらかに重心がかかりすぎないようにまっすぐに保ってくれます。

場所を選ばずに椅子でも床でも使うことができて、手軽に持ち運びができます。

また、女性らしいボディラインを作る手助けにもなります。

メイダイ 座るだけで骨盤キュッとクッション

メイダイ 座るだけで骨盤キュッとクッション レッド 35876

腰をしっかり包み込んでサポートしてくれて、骨盤を正しい状態にキープしてくれます。

硬貨ウレタンや低反発ウレタンなど複数の素材が層のようになっていますから、へたりにくく体圧分散効果に優れています。

腰やお尻を浮かせるような構造になっていて負荷がかかりにくいですから、腰痛緩和にも効果的です。

7度の傾斜が付いていて後ろが高くなっていますから、自然と背筋が伸びるようになり常に正しい姿勢でいられます。

一転集中で負荷がかかりやすい仙骨部分に穴が空いていますから、長時間座っていてもお尻が痛くなる心配はありません。

太ももをくっ付けて座れるように座面が工夫されていて、美姿勢になれてお腹周りの引き締めに役立ってくれます。

まとめ

腰痛対策クッションは座るだけで腰周りへの負担を減らしてくれて、腰痛が楽になります。

産後ママには大助かりなアイテムですから、選び方のポイントを知った上で自分にぴったりなクッションを探してみましょう。

産後の忙しい時期に体に不調を来たさなくなりますし、腰痛の悩みも解決しやすくなります。

ピックアップしたクッションはどれも骨盤矯正作用に優れていますから、産後の生活をしっかりサポートしてくれます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション