腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

省スペース ミニ座椅子 ファブリックで正しい姿勢をキープ!

   

座椅子 リクライニング コンパクト ミニ座椅子 レバー式 無段階 1人掛け 座いす レバー ルージュレッド

座椅子に腰をかけたら、底つき感を緩和できるので、部屋でくつろぐ事ができる事から高い人気を集めています。

しかし座椅子に座っている時に、姿勢が崩れてしまえば、身体に歪みが生じてしまうので、注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『省スペース ミニ座椅子 ファブリック』です。

この座椅子は正しい姿勢をキープしやすくなっているので、あまり腰に負担をかけないで済むのです。

そこで、姿勢を崩しやすい方のために、本製品について紹介するので、確認してみて下さい。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

省スペース ミニ座椅子 ファブリックの魅力

本製品は正しい姿勢をキープしやすくなっているだけではなく、オシャレなデザインをしている上に、コストパフォーマンスも優れています。

そこで本製品を詳しく知りたい方のために、この座椅子の魅力に迫ってみましょう。

リクライニング機能

本製品には背もたれが備えられているので、背中をサポートする事ができます。

しかし背もたれの角度が、あなたの身体に合わなければ、姿勢が崩れやすいので注意しなければいけません。

そこで本製品は『リクライニング機能』を備える事によって、あなたの身体に合う角度まで、背もたれを微調整できるようになっています。

さらに本製品の背もたれを倒す際には、座りながら本製品の真横にあるレバーを引くだけで良いので、立ち上がる必要がありません。

そのため、気軽に背もたれを微調整できる座椅子を探している方には、本製品はおすすめです。

S字カーブをキープ

私たち人間は、正しい姿勢をキープしている場合には『S字カーブ』になっています。

実際にS字カーブになっていれば、腰から背中にかけて、お腹側へ曲がって、背中から肩にかけて背中のほうへ曲がっているのです。

このように複雑な姿勢になったのは、私たち人類が四足歩行から二足歩行へ進化する際に、二本足で歩ける身体に進化していったからです。

そして、背もたれがフラットな状態では、このような複雑な姿勢をキープする事は難しいので、注意しなければいけません。

ところが、本製品の背もたれは、2つのふくらみがあるので、S字カーブをキープしやすくなっています。

デザイン性

日本で販売されている座椅子の中には、背もたれの裏側だけがブラックカラーになっていて、他の部分が違うカラーになっている事から、ツートンカラーになっている商品があります。

このようなデザインに不満を抱いている方は多くいますが、本製品は背もたれの裏側も同じカラーになっているので、統一感のあるデザインになっているのです。

さらにカラーバリエーションは4種類も用意されていて、ビターブラウン・キウイグリーン・デニムネイビー・パールグレーなどがあります。

少しシックなカラーが多いので、落ち着いたデザインが好きな方には、おすすめの座椅子です。

コストパフォーマンス

日本で販売されている座椅子の中には、10,000円を超えてしまう商品はいくつもあります。

ところが、本製品は魅力的なポイントが多くあっても、楽天市場では送料別ですが、税込価格5,360円にしかなりません(2018年2月26日時点)。

このように低価格な座椅子なので、違うカラーの座椅子を購入してみる方法もおすすめですし、来客用の座椅子を購入してみるのも悪くありません。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

リクライニング機能のメリット

本製品のリクライニング機能を活用すれば、いくつかメリットを得る事ができます。

そこで、どのようなメリットがあるのか紹介するので、見ていきましょう。

うつ伏せで利用

本製品のリクライニング機能を活用したら、背もたれを90度まで倒せるので、うつ伏せで利用する事ができます。

実際に、座椅子に長い間に渡って座っていたら、腰が痛く感じてしまう事があります。

なぜ、このようなケースが起きるのかと言えば、同じ姿勢を続けていたら筋肉が緊張状態に陥ってしまうからです。

もしも筋肉が緊張状態に陥ってしまえば、疲労物質が溜まってしまうので、腰が痛く感じやすくなります。

そのため、本製品を利用している最中に腰が痛く感じてきた場合には、背もたれを90度まで倒して、うつ伏せになって背筋を伸ばす方法は有効です。

保管が容易

本製品の背もたれを倒していない時は、座椅子のサイズは幅42.5×奥行52×高さ50cmになっています。

しかし、背もたれを90度まで倒したら、座椅子のサイズが幅42.5×奥行88cmになりますが、高さはわずか10cmにしかなりません。

そのため、ソファーやベッドの下の隙間が、10cm以上の高さがあれば、そこに本製品を収納する事が可能です。

さらに本製品はフラットな状態で固定する事もできるので、クローゼットの中に収納する事もできます(クローゼットの広さによるので注意)。

S字カーブをキープするメリット

本製品の背もたれに背中で寄りかかったら、S字カーブをキープできますが、実はS字カーブをキープした場合でもメリットがいくつもあるのです。

そこでS字カーブをキープするメリットを紹介するので、それが分かれば、本製品を利用する重要性も理解できるはずです。

衝撃を緩和

S字カーブをキープしていたら、腰が湾曲している事から、バネの役割を果たしてくれます。

実際に硬いアスファルトの道路を歩いている際に、足が道路に着地した時には、大きな衝撃が腰に加わりやすくなるので、注意しなければいけません。

そのため、S字カーブをキープしていなかったら、その衝撃が腰に加わりやすくなるので、最悪のケースでは腰痛になる恐れがあるのです。

そのため、本製品を利用してS字カーブをキープできたら、腰痛対策を講じる事ができます。

猫背対策

本製品の背もたれを利用して、S字カーブをキープしたら、背筋が真っ直ぐに伸びている状態になります。

このような姿勢をキープしていたら『猫背対策』を講じる事が可能です。

実際に猫背になったら、背中が後方に曲がってしまうので、座椅子の背もたれに背中が接した時に、お尻が前のほうへズレやすくなってしまうのです。

そのような事になれば、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまうので、腰にかかる負担が大きくなってしまいます。

そのため、S字カーブをキープして、お尻の位置をキープしやすくする事ができるので、大きなメリットがあります。

反り腰対策

本製品の背もたれは2つのふくらみがある事から、お尻の位置にさえ気を付ければ骨盤を立てやすくなっています。

実際に骨盤が前傾したら『反り腰』になってしまって、湾曲している腰の角度がさらに付いてしまうケースがあるのです。

反り腰になったら、腰痛になりやすいので、骨盤を立てた状態で座りやすくなっているのも、本製品の大きな魅力です。

注意すべきポイント

本製品は魅力的なポイントが多い座椅子ですが、残念ながら注意すべきポイントがあります。

それは『ファブリック』という生地を採用している所にあります。

このファブリックとは布地なので、ジュースやコーヒーなどを座椅子にこぼしてしまえば、シミになりやすいので注意しなければいけません。

さらにファブリックは、保温性が優れている生地なのですが、通気性はそれほど優れていません。

そのため、本製品は冬場の季節には重宝できますが、夏場の季節には、少し暑く感じてしまう事もあるので、気を付けて下さい。

まとめ

本製品はリクライニング機能を備えているので、狭い場所にも収納する事ができますし、正しい姿勢をキープしやすくなっています。

さらに背もたれに2つのふくらみがある事から、S字カーブをキープしやすいので、姿勢が崩れやすい方は利用してみる価値があります。

ただし私たち人間は立っている時よりも、座っている時のほうが腰に大きな負担をかけてしまうのです。

そのため、座椅子に座るのは1〜2時間程度にして、定期的に立ち上がって休憩を取ったほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子