腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

睡眠を快適にする秘密って何? まくらに秘められた快眠方法と選び方

      2017/09/08

%e7%9d%a1%e7%9c%a0-2

日頃の疲れを癒す睡眠。

現代人の多くは、仕事が忙しく疲れきった体や心を癒すためには欠かすことができない睡眠ですが、実は自分の睡眠に対していまひとつ疲れたが取れた気がしない。

寝起きが悪い。

首や腰が痛いなどトラブルを抱えている人が多くいるのをご存知でしょうか。

実はその悩みの1つにまくらが関係しています。

今回は、普段の睡眠をより快適にする枕の選び方や枕の効果をご紹介していきます。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

腰の痛みを感じていませんか?

睡眠をした後、起き上がろうとすると「腰が痛い」という経験をしたことはないでしょうか。

本来であれば睡眠を行い寝返りを打つことで自然と昼間の活動でずれてしまった関節や骨を調整し、正しい位置へと戻してくれる作用が働くため腰の痛みというのは感じないことが普通です。

しかし、朝起きると腰が痛いという場合であれば、睡眠中に腰に何かしらの負担がかかっている場合があります。

このような腰の痛みを解決するきっかけとなるのが枕の高さです。

腰が痛いということは、枕の上に頭を置いた状態で腰のあたりに重心が来てしまい、体重が分散されないことで腰だけに全ての重心による負荷がかかってしまい、寝る時間が長くなればなるほど腰への痛みは強くなってしまいます。

枕の上に頭を置いた時、重心がまっすぐ天井と平行になる枕の高さに合わせて調整することが重要と言えます。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

いびきをかいていませんか?

いびきというのは、脂肪などの影響で気道が狭くなり空気の通り道が悪くなることで起こります。

例えば、枕の高さが自分の頭より高くなっている場合、頭と首の角度が急になり気道が狭くなってしまいます。

結果として、いびきをかきます。

また、加齢により喉の周りの筋肉が衰えることで、脂肪を支えることが難しくなることで、枕の高さ以外の要因でもいびきを発生させることがあります。

総合的に見ても、いびきの原因というのは幾つかあるのですが枕が原因というものもありますので、この場合は、首の気道が狭くなっている枕の高さではないかチェックが必要です。

万が一枕の高さがあっていない場合は、調整として枕の下にバスタオルなど厚みのあるタオルを挟み込むことで、自分の首と頭の角度に適した設定を行うことができるので、お金も特別かけることなく対処することができます。

枕を正しい位置に設置していますか?

皆さんは枕を使用する際に、どの位置に枕を置いていますでしょうか。

特に考えず枕に頭がしっくりくる位置に調整して使用している方が多いのではないでしょうか。

実は、枕を置く際に重要視するのは頭の位置だけではありません。

頭を置く前に、両肩にまくらがしっかりと接する位置にまずは設置します。

そのあと、枕に頭が丁度良い位置に来るように設定することがおすすめです。

両肩が正しい位置に枕と接していることで、首回りの気道を確保しやすいため実は肩の位置というのは重要な役割をしているのです。

頭を置くだけでなく、せっかくなくなら両肩にまくらが乗るくらいの位置に持っていくことが気道確保に向いています。

以外に増えている枕を使わない派

美容関係の方からの意見が多い、枕を使わない派の人々。

枕をつかわないことで、首の角度が急になりすぎず首回りにくっきりとしたシワの跡を残すことなく居られるという言葉があります。

確かに自分の首や頭に合わない枕を使い続けるよりも、むしろトラブルの面で影響が少ない枕なしが良いというケースも考えられます。

しかし、枕は快眠のためには必要なものです。

年齢とともに落ちてきた喉の筋肉などを補うために適切な高さに固定することはその他のトラブルを回避する上でも重要です。

首のシワも大切ですが、健康を意識するならば枕は遠回りになりますが、使っていて悪いことはないものだと思われます。

低い枕が合わない人が低い枕を使った場合

自分の高さに合わない枕を使った場合の中でも低い枕を選んだ時、人の体にはどのようなことが起こるのでしょうか。

ズバリ低い高さの枕を使用したことで、心臓よりも頭が低い位置にくる可能性があり最悪の場合、頭に血が上りぼーっとするような場面が出てくる可能性があります。

また、首を常に利用よりも下の位置に持っていくため、首にストレスがかかり結果として、不眠症や腰痛なども引き起こす場合があります。

そのため、ぐっすりと眠れるように正しい位置に枕を置くこだわりをもことが重要と言えます。

毎日おこなことですので、お安い買い物になるかと思います。

偏頭痛が解決するかもしれない

偏頭痛を持っている方に朗報なのが枕をつかわないことで偏頭痛の悩みから解放されるかもしれないという情報があります。

現在のところ、明確な偏頭痛の原因というものはわかっていないのですが、枕を使わずに寝ることで偏頭痛が治ったというケースがあります。

おそらく枕をなしで偏頭痛が治った人は、自分の頭にあっていない枕を使用しており、枕を使うよりかは全く枕を使用しないという場合の方が、マシだったという場合があります。

偏頭痛は血液の流れが悪くなることで引き起こされる場合があります。

その点、不適格な枕の高さをした枕を使用し続けることは偏頭痛の解決にはなりませんので、思い切って買い換えるよりも、まずはお金をかけずにできる枕なしというのもやっていただければと思います。

最近増えるオーダーメイドまくら

フィギュアスケートの羽生選手のように、自分の遠征先に自分専用のマイまくらを持ち込んで寝ないと調子が崩れるというほどまくらに対していこだわりを持っている人が増えてきています。

自分の首から頭部に蹴る形のくせや特徴を図り、その高さに合わせたまくらを選んだり、測定データをもとにオーダーメイドで作ってもらう方も増えています。

金額は、MYmakuraさんで30000円、大きいサイズで36000円で購入する事ができます。

梱包している素材についても自分の好みから選ぶ事ができるまさに、マイ枕です。

自分の首や頭の高さにあっているからこそ、睡眠中も体重が分散し疲れにくくなります。

また、気道が閉塞されていないため、新鮮な空気を肺に送り身体中に栄養のある血液を送り届けるポンプの役割を行う事ができるので、気道の確保が非常に重要であり、枕1つでその問題を解決することができるのです。

また、マイまくらさんの場合、既存のものでも、測定をしてくれますし自分頭にあっている枕選びを手伝ってくださるので、大変心強い存在です。

説明を聞けば聞くほど、枕の重要性を感じつことになると思いますので、税マイまくらを作られた後の違いを体験していただければと思います。

マイ枕のお手入れ方法

まとまった金額で購入したマイ枕。

毎日使うものなのでお手入れというのが良い状態を長く保つ上では重要なポイントとなるわけですが、実はマイ枕を洗う時はネットに入れてその弱モードもしくは手洗いモードなど水流の優しいもので洗うようにセットします。

その後、しっかりと脱水を行い干すことが重要です、選択のペースは多すぎると生地や内容物が傷みやすくなるため、3ヶ月に1回のペースで洗濯することがおすすめです。

まとめ

枕の高さを間違えることで、いびき腰痛が引き起こされることがわかりました。

マイまくらという自分の首や頭の高さに合わせたものを使用することで、様々な体の悩みを解決してくれるとあれば少々高くても購入する価値はあるように思いますので、一度試されてみると良いかと思います。

自分に合った寝具でぐっすり快眠してみてはいかがでしょうか。


人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら