腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

瞬楽 リクライニング高座椅子で腰痛対策!その魅力は調整機能?

   

エムール 首と足を休める 高座椅子 肘掛け付き リクライニング フットレスト・ヘッドレスト付 グレー

腰痛になってから、椅子に座った時に痛みを感じるようになって、頭を悩ませていないでしょうか?

立っている時よりも、座っている時のほうが、腰の負担を軽減できるように考えてしまう方は多いかもしれませんが、実は座っている時のほうが腰に大きな負担をかけてしまうのです。

そこで腰痛に頭を悩ませている方におすすめしたいのが『瞬楽 リクライニング高座椅子』です。

この椅子には調整機能が搭載されている事から、腰にかかる負担を軽減できるので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

瞬楽 リクライニング高座椅子の注目点

本製品は調整機能が優れている上に、腰痛の方にとって注目すべきポイントいがいくつもあります。

そこで腰痛に悩んでいる方のために、本製品の注目すべきポイントを3つまで紹介するので、見ていきましょう。

調整機能

数多くある椅子の中には、腰痛でも利用しやすい物もあれば、利用しづらい物もあります。

その違いがあるポイントとして『リクライニング機能』が挙げられます。

実際にリクライニング機能を搭載している椅子であれば、あまり身体に負担をかけないように調整する事ができるのです。

それに引き換え、リクライニング機能が搭載されていない椅子は、身体に負担をかけてしまう場合があるので注意しなければいけません。

本製品はリクライニング機能が搭載されているので、身体にあまり負担をかけないので、腰痛の方におすすめの椅子です。

組み立てが容易

腰痛の方にとって、家具を組みたてる事は簡単ではありません。

実際に中腰の姿勢で重い物を持とうとしたら、腰痛になっていない方でも、ぎっくり腰になってしまうケースがあります。

そのため、腰痛になっている方が、中腰の姿勢で家具を組み立てようとしたら、腰痛が悪化する恐れがあるので注意しなければいけません。

所が、本製品は組み立てが容易なので、腰痛の方でも簡単に利用する事が可能です。

実際に本製品は、ダンボール箱の中から取り出したら、前方に倒れている背もたれを立てるだけで組み立てられます。

クッション付き

腰痛には様々な症状があって、背中の近くにある腰が痛く感じてしまう事があります。

そのような腰痛の場合には、背もたれに寄りかかるだけで、腰が痛く感じてしまうので注意しなければいけません。

所が本製品は『クッション』が付いてくるので、背もたれと腰の間にクッションを挟む事によって、底つき感を緩和する事ができます。

さらに首と背もたれの間にもクッションを挟む事ができるので、肩や首を支える事ができるのです。

実際に肩こりや首こりによって、腰痛が悪化する可能性もあるので、クッションが付いているのは本製品の大きな魅力です。

スポンサーリンク

12年の腰痛を解消した私が絶対おすすめする座椅子ランキングはこちら

3ヶ所のリクライニング機能

リクライニング機能を搭載している椅子は多くありますが、本製品は、背もたれ全体だけではなく、頭を支える部分や足を支える部分なども調整する事ができます。

実際に3ヶ所もリクライニングする事によって、腰にかかる負担を軽減できるので、その理由を詳しく紹介しましょう。

首の部分

本製品の背もたれ上部をリクライニングする事によって、首に湾曲を付けた状態をキープする事ができます。

実際に、現代の日本では『ストレートネック』に悩まされている方が多くいます。

このストレートネックとは、湾曲している首がストレートになってしまう症状です。

実は、重くなっている頭部を支えられるように首は湾曲しています。

しかし首がストレートになってしまえば、頭部の重さの負担が肩に加わりやすいので、腰に影響を与える場合もあるのです。

そのため、背もたれ上部をリクライニングできるのも、本製品の大きな魅力です。

背もたれ部分

本製品は他の椅子と同じように背もたれ全体をリクライニングする事ができます。

実際に椅子の背もたれは背中を支えてくれますが、自分の身体に合わない角度になっていたら、背中や腰に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

そのため、あなたの身体に合う角度まで、背もたれを調整すれば、腰や背中にかかる負担を軽減できます。

足の部分

足を支える部分をリクライニングする事によって、足に負担をかけないで伸ばす事ができます。

実際に膝を曲げている状態では、注意しなければ、お尻が前のほうへズレてしまう時があります。

もしも、お尻が前のほうへズレてしまえば、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまうのです。

そのような姿勢では腰に大きな負担をかけてしまうので、腰痛が悪化する場合があるので注意しなければいけません。

そのため、姿勢が崩れやすい方は、本製品で、足を支える部分をリクライニングする方法は有効です。

注意すべきポイント

本製品には魅力的なポイントが多くありますが、残念ながら注意すべきポイントもあるのです。

そこで本製品を購入してから、後悔する事がないように、どのような所を注意すれば良いのか紹介しましょう。

サイズ&重量

腰痛でも利用しやすい椅子を購入する場合には、まず自宅の部屋に椅子を設置できるスペースがあるのか把握する必要があります。

そして本製品のサイズは、幅60×奥行86~140×高さ100cmです(奥行に差があるのはリクライニング機能のため)。

さらに本製品の重量は、12kgもあるので、腰痛に悩んでいる方が運ぼうとしたら、腰痛を悪化してしまう恐れがあるので注意しなければいけません。

そのため、可能であれば、本製品を運ぶ場合には家族の方に手伝ってもらったほうが良いです。

カラーバリエーション

座り心地の良い椅子でも、自分の好みに合うカラーがなければ、満足できない可能性があります。

そこで本製品は、3種類もカラーバリエーションを用意していて、ブラック・グリーン・グレーなどがあります。

ただしグリーンは、黄緑色に近いカラーをしているので、緑色と思って購入したら、後悔する可能性が高いので注意してください。

そして男性に好まれやすいブラックはありますが、女性から好まれやすいホワイトやピンクまで用意されていないので、女性は気を付けて下さい。

高額な椅子

本製品は調整機能が優れている椅子という事もあって、コストをかけられた商品です。

そのため、楽天市場では送料無料ですが、税込価格19,900円もします(2018年2月17日時点)。

実際に、日本で販売されている椅子の中には、5,000円前後で販売されている商品は多くあります。

そのため、値段が安くなっている椅子を探している場合には、本製品を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

利用者たちの満足度

本製品は腰痛でも利用しやすい椅子とは言え、高額な商品になっているので、この椅子を購入するべきか悩んでしまったかもしれません。

所が、本製品を利用している方たちの多くは、コストパフォーマンスに満足しているのです。

実際に本製品を利用している方たちの中には、この椅子の座り心地に満足している方がいました。

さらに本製品は12kgもありますが、それほど重く感じない方もいたのです。

ただし腰痛の症状によっては、12kgもある物を持ったら腰痛が悪化しやすいので、無理をしないようにして下さい。

そして本製品を利用していたら、足を支えている部分の生地が厚くて、ふくらはぎが痛くなってしまうケースがありました。

そのため、ふくらはぎが痛くなる場合には、あまり足を支える部分を上げないほうが良いです。

まとめ

本製品は調整機能が優れていますが、足を支える部分を調整する際に、足が痛くなってしまうケースもあるので注意する必要はあります。

そのような注意すべきポイントもある上に、値段も高くなっているので、本製品を購入するべきか悩んでしまった方は多いかもしれません。

しかし値段の安い椅子を購入して、腰痛が悪化したら意味がありません。

そのため、値段が少し高くなっていても、腰にかかる負担を軽減できる本製品を購入する価値はあります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 座椅子