腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

短い枕を利用しづらい方には『高反発ロング枕』がおすすめ!

   

寝相が悪い方は、通常タイプの枕を利用しようとしたら、頭が落ちてしまって、途中で起きてしまう事があるでしょう。

そのような日々を送っていたら、睡眠不足に陥ってしまうので、注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『高反発ロング枕』です。

この枕はロングタイプの枕になっている事から、寝相の悪い方でも利用しやすくなっているので、その魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

高反発ロング枕の特徴

本製品はロングタイプになっているだけではなく、反発力や高さにこだわりを持って、作られています。

そのため、寝心地がよくなっているので、この枕の特徴について、詳しく紹介します。

ロングタイプ

本製品は、幅のサイズが、約100cmもあります。

これだけ長いサイズの枕なので、寝相が悪い方でも、枕から頭が落ちづらくなっています。

もしも寝ている最中に、枕から頭が落ちてしまえば、睡眠不足に陥って、脳や身体の疲れを取る事が難しくなってしまうのです。

実際に日本では、睡眠不足になっている状態で、車を運転して、交通事故を起こすケースが多いです。

車に追突して物損事故で済めば、保険料が高くなる程度で済みますが、人身事故を起こしてしまえば、お金で済む話ではないので注意しなければいけません。

そのため、良質な睡眠をキープするためにも、ロングタイプになっている本製品は、おすすめです。

高反発タイプ

枕は『低反発タイプ』と『高反発タイプ』がありますが、利用する方の好みによって、身体に合うタイプは違います。

実際に低反発タイプは枕が柔らかく感じるので、寝心地がよく感じられます。

しかし頭が沈み込みやすいので、寝返りを打ちづらい場合があるので注意しなければいけません。

それに引き換え、高反発タイプは枕が硬く感じてしまいますが、頭があまり沈み込まないので、寝返りを打ちやすくなっています。

そのため、枕の柔らかさよりも、寝返りの打ちやすさを重視している方には、高反発タイプになっている本製品は、おすすめです。

3つの高さ

本製品はフラットな枕ではなく、3つの高さになっています。

その高さは、4cm・5cm・8cmになっています。

最も低い4cmは枕の真ん中で、片側が5cmになっていて、もう片方が8cmになっているのです。

そのため、5cmのほうを首元に当てて、身体に合わない場合は、8cmのほうを選ぶ方法もあります。

このように、本製品は2つの高さを選ぶ事ができるので、多くの方たちが、自分の身体に合う高さを見つけられる可能性が高いです。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

ロングタイプのメリット

ロングタイプの枕は、頭が落ちる可能性が低くなるだけではなく、その他にも、様々なメリットがあります。

そこで、ロングタイプの枕のメリットを紹介するので、それが分かれば本製品を利用する重要性も理解できるはずです。

家族と共有可能

通常タイプの枕では、寝相が悪くない方であれば、一人用としては十分なサイズになっています。

しかし二人で利用する場合には、短いサイズになっているので、家族と共有する事は難しいです。

所が、本製品は100cmもの長さを誇っているので、家族と共有する事が可能です。

そのため、恋人または配偶者の方と一緒に密着して眠りたい方には、枕を二人で共有できる本製品は利用してみる価値があります。

さらに、子供と添い寝する時も利用しやすい枕なので、利便性が優れています。

抱き枕

本製品のようにロングタイプになっている枕は、頭を乗せるだけではなく『抱き枕』として利用する事もできます。

今まで抱き枕を利用した事がない方は、抱き枕を利用するメリットが分からないかもしれませんが、恋人または配偶者の方と一緒に眠れない時には、抱き枕を利用する事によって、寂しさを紛らす事ができます。

さらに抱き枕を利用する事によって、横向きで寝やすくなるので、腰痛の方でも利用してみる価値は高いです。

背当て

本製品はロングタイプになっているので、抱き枕として利用しやすくなっていますが、問題となるのが、3つの高さです。

フラットなロングタイプの枕であれば、抱き枕として利用しやすいのですが、高さが3つに分かれていたら、枕を抱きづらいので注意する必要はあります。

しかし、本製品のような枕は『背当て』に利用する場合には、優れた枕になっています。

なぜなら、凹んでいる部分に背中をフィットすれば、安定した姿勢をキープしやすいからです。

製品情報の内容

本製品の特徴やロングタイプのメリットを分かってもらえた所で、次に製品情報も紹介するので、この枕を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

カラーバリエーション

利便性が優れている枕でも、デザインが好みに合わなければ購入したくない方は多いでしょう。

そこで、本製品は3種類もカラーバリエーションを用意していて、クリーミーホワイト・ブラック・ブラウンなどがあります。

クリーミーホワイトはアイボリーに近いカラーなので、清潔感のあるデザインが好きな方であれば、満足できる商品になっています。

ブラックはシックなデザインになっていますし、ブラウンは味わいのあるデザインになっているのです。

このように豊富なカラーバリエーションを用意しているので、あなたの好みに合うデザインを見つけられる可能性は高いです。

低価格な枕

本製品はロングタイプになっている上に、反発力や高さにこだわりを持って、作られているので、高額な枕というイメージを抱いた方は多いかもしれません。

所が、楽天市場では送料別ですが、税込価格1,728円にしかなりません(2018年3月22日時点)。

実際に日本で販売されている枕の中には、10,000円を超えてしまう高額な商品もあるのです。

そのため、コストパフォーマンスの高い枕を探している方には、本製品はおすすめです。

商品のレビュー

本製品は魅力的なポイントばかりだったので、多くの方たちは「本当に、そこまで魅力的な枕なのだろうか」と半信半疑になったかもしれません。

そこで本製品のレビューを紹介するので、本当に魅力的な枕なのか、参考にしてみて下さい。

好意的なレビュー

本製品を利用している方たちの中には、寝心地がよくて、満足している方がいました。

ただし、低反発タイプのほうが身体に合う方もいるので、注意して下さい。

さらに本製品の値段が安くて、利用する際に不安になってしまう方がいましたが、値段の割には寝心地がよくて、満足している方もいたのです。

そのため、値段が安い物は粗悪品のイメージを抱いてしまう方でも、本製品を試してみる価値があります。

さらに、適度な硬さの枕になっていて、満足している方もいました(個人差があるので注意)。

否定的なレビュー

本製品は少し薄型タイプになっているので、その薄さが気になってしまう方がいました。

しかし薄くなっていても、寝心地は不満を抱いていなかったので、本製品が薄いと思っても、まずは利用してみたほうが良いです。

本製品は高反発タイプという事もあって、枕が硬めになっているものと思って、購入したのにイメージしたよりも柔らかく感じてしまう方が何名もいました。

実際に本製品は『125N』という硬さになっていて、少し硬めになっている枕なので、できるだけ硬い枕になっている物を探している方は注意して下さい。

まとめ

本製品は高反発タイプの枕ですが、125Nになっていて、それほど硬いという訳ではありません。

しかし硬すぎる枕は、少しでも枕の高さが合わない場合には、寝心地が悪く感じてしまいます。

そのため、少し柔らかく感じた場合でも、しばらくは利用を続けたほうが良いです。

もしも枕として、満足できない場合でも、抱き枕や背当てとして利用する方法もあるので、試してみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら