腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

私が試したシチュエーション別おすすめの骨盤ベルト

   

【キューズベリー】<日本製> 骨盤ベルト|Mサイズ

妊娠がわかり、ネットや本などで妊娠、出産の情報を調べて行くと、産前産後の骨盤ベルトについて必ず触れられています。

情報が溢れており実際どの骨盤ベルトが自分にあっているのか、なかなかぴったりと合うものを見つけるのは難しいですよね。

骨盤ベルトは産前の妊娠線防止や産前産後の腰痛予防、育児をスムーズにこなすうえでとても重要なアイテムの一つです。

ここでは産後の骨盤のゆるみの原因や、私が産前、産後半年間付けてきた様々な骨盤ベルトをご紹介していきます。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

産後の骨盤のゆるみとそのトラブル

産後はどうして骨盤が緩むのでしょうか。

出産は、自然分娩の場合骨盤を通って胎児が出てきます。

その際、産道を赤ちゃんが出やすくするためにリラキシンというホルモンが作用して骨盤が開きやすくなります。

出産後、数か月かけて緩んだ骨盤は元の位置に戻っていくのですが、体力が落ち、授乳の姿勢などが骨盤ご元に戻すことの妨げとなり、骨盤のゆがみの原因になってしまうようです。

その結果、むくみや便秘、尿漏れや腰痛などトラブルが起きやすくなり、結果育児の疲れと合わせて症状が悪化、ストレスが増して最悪な状態になってしまう恐れがあるのです。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

骨盤ベルトの定番トコちゃんベルト

産前 産後 トコちゃんベルトII 紺 Mサイズ

妊婦さんの誰もが認める骨盤ベルトの大堂といったら有限会社青葉から販売されている「トコちゃんベルト」ではないでしょうか。

初めて骨盤ベルトを試す方におすすめの商品です。

育児雑誌やインターネットの妊娠、出産の特集でも必ずみる骨盤ベルトです。

トコちゃんベルトは長い間研究開発を重ねて1995年に渡部信子先生という方が考案された骨盤ベルトだそうです。

ベルトの種類も様々で、装着が少し難しくてアドバイザーの指導が必要なものから、柔らかい素材を使いずれにくいもの、妊活中、中高年の女性向けのものなどがあります。

その中でも、妊婦さんに一番人気のある商品は「トコちゃんベルトⅡ」のようで妊娠中のお尻や尾骨の痛みのある方、腰痛を持っている方、そのほか腰痛の予防として使用したい方など様々な人向けのマルチな骨盤ベルトです。

妊娠中から産後にかけて使えるというのがコスト的にもうれしいですよね。

トコちゃんベルトのメリットデメリット

「トコちゃんベルトⅡ」を産前、産後使用してみて実際感じてきたことで感じたメリットはトコちゃんベルトを推奨している助産院が多いので、安心できるということです。

長い歴史と経験豊富な助産師さんがおすすすめしていることもあり、私の周りでも骨盤ベルトをしている人のほとんどがトコちゃんベルトを使用していました。

そういった意味で安心して使用できる商品であることは間違いありません。

一方で難点もあります。

一点目は装着をマスターするまでに時間がかかる、ということです。

購入時にイラスト付きの説明書も一緒に送られてくるのですが、使用当初は、なかなかしっくりと感じる付け心地を感じることができませんでした。

一般の方がインターネットでアップしている装着方法などを見たりしながら、骨盤がしっかりと固定される場所を探しながら3日目くらいでようやくコツがつかめました。

二点目は装着するときに寝ながら取り付けることを推奨しているので、なかなか外出先で付け直すのが大変でした。

トイレの狭い場所ではうまくつけられず、そのままベルトを外して帰ることもありました。

突発的激痛時におすすめの骨盤ベルト

(ミズノ)MIZUNO 腰部骨盤ベルト ワイドタイプ [ユニセックス] C3JKB502 05 ブラック×グレー M-L

私は2児の母をしていますが、子供を二人とも4キロ近くで出産しました。

特に一人目は自然分娩で頭周りも大きかったので産後の腰痛はひどいものでした。

しばらくは「トコちゃんベルトⅡ」を使用して育児をしていたのですが、里帰りせず一人で育児と家事をしていたので、産後2か月目でひどい腰痛が発症してしまい、実家に帰る羽目になってしまいました。

その時、どうしようもない激痛で大活躍してくれたのが、「MIZUNO腰部骨盤ベルトワイドタイプ」です。

もちろん、ひどい腰痛だったので、布団で横になって休んでいることもありましたが、授乳や寝かしつけ時はどうしても赤ちゃんを抱っこしたり、あやしたりで腰を動かさなければなりません。

骨盤のホールド感はこの商品が一番で激痛を伴う腰痛の方におすすめです。

しっかりと腰が守られている安心感があって、重度の腰痛が完治するまでの10日程はこちらのベルトに頼りっきりでした。

腰痛が重度の時はこちらのベルトを使ってみる価値があると思います。

外出時におすすめの骨盤ベルト

【キューズベリー】<日本製> 骨盤ベルト|Mサイズ

出産を終えてしばらくすると、外出の機会も増えてきて、出先で友人やママ友と会う機会が増えてきます。

そうなると外出先で骨盤ベルトがずれた時はベルトの種類によっては取り付けるのが難しくなってきます。

ママもオシャレに目覚めてきて、ちょっとおしゃれな骨盤ベルトが欲しくなってくるんではないでしょうか。

私が使用していたのは「キューズベリーの骨盤ベルト」です。

このベルトのいいところはまず衣類の上から装着できるというところです。

トコちゃんベルトだと衣類の下につけなければいけないので、ずれるたびに狭いトイレのなかで格闘しなければなりません。

「キューズベリーの骨盤ベルト」は見た目もオシャレでなので、一見骨盤ベルトには見えず外出先で見えても平気です。

通気性も高く、強度もあるのでしっかりと衣類の上からでも骨盤を締めてくれるので、私は産後3か月以降からこちらのベルトを日常的に使っていました。

外出が多い、簡単に取り外し、取り付けができる骨盤ベルトを探している方は「キューズベリーの骨盤ベルト」はかなりのおすすめです。

産後ダイエットに骨盤をしめるのは効果的?

産後のダイエットには骨盤をしっかりと締めるが大事ともいわれています。

私も2度の出産を経て感じたことですが、一人目はしっかりと産後の骨盤ベルトをこまめに使用していたので、体形も変わることなく3か月ほどで産前の体重、体形に戻ることができましたが、二人目の時は育児に追われてなかなか骨盤ベルトを締めることを怠けてしまったので、今まで履いていたジーンズが入るまで時間がかかりました。

一方、3人の子供を出産した私の姉はこまめに骨盤ベルトを締めて、私の使っていたベルトまで押入れから引っ張り出して骨盤を締める念の入れようで体形は産前と全く変わりません。

このことからもわかるように、出産した人数に関係なく、産後ダイエットと骨盤ベルトは非常に強い関係があるようです。

産前から産後半年間骨盤ベルトをつけてみて

産前は大きなおなかを支えるための腰痛防止に、産後は骨盤のゆるみ、歪みを矯正するために骨盤ベルトを使ってきました。

確かに育児が忙しくて面倒に感じたこともありますが、骨盤ベルトをしてみてよかったのが、腰痛への漠然とした不安がなくなったということです。

特に一人目の産後で腰痛が悪化した時期があったので、なおさら骨盤ベルトのありがたみがわかりました。

その時の状況に合わせて使い分けることによって、それぞれの骨盤ベルトのメリットを生かしながら使用してこられましたし、飽きっぽい私にも続けられたのだと思います。

育児を楽しく、きれいなママでいるために

出産を終えたその瞬間、女性は母になり育児はスタートします。

それはどんなに産後疲れていてもスタートしてしまうもので、そんな母親に休む時間もありません。

かわいいわが子を抱きながら、自分のことは後回しで子供に愛情を注ぎます。

それは当たり前のことかもしれません、でも少し考えてみてください。

子供を育てる前に自分の体は大丈夫ですか?

その体で育児が楽しくできますか?

骨盤ベルトをする、一つのことで腰痛が軽減し、ストレスがへる、子供にやさしくできる、楽しく育児ができる、そんな母親が一人でも増えるように、私は骨盤ベルトをみなさんにおすすめしたいです。

子供と一緒に過ごすことで今までの生活が一変し、活動範囲も広がります。

その時のシチュエーションにあった骨盤ベルトを選択することで、楽しく、笑顔の絶えない生活が送れますように。

まとめ

いままで私が実際つかってきた骨盤ベルトについて紹介してきました。

みなさんにピッタリとあいそうなベルトは見つかりましたか?

このほかにもたくさんの骨盤ベルトがいろんな会社から販売されています。

デパートなどでは骨盤ベルトを購入前に試着できるものもありますので、実際店頭で試して自分にフィットするものを選んでください。

ベルトによって事前に腰痛を軽減させることによって快適な育児ライフを送ることができます。

生まれてくる赤ちゃんと幸せな時間を過ごすためにもぜひ骨盤ベルトの着用をおすすめします。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 産前産後の骨盤ベルト