腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

肌質によって入浴剤を選ぼう!乾燥肌の人の為の入浴剤の選び方

   

アース製薬 保湿入浴液ウルモア クリーミーローズ 600mL

人の肌にはいろいろなタイプがあります。

たとえば皮脂が出がちな脂性肌や、きちんとスキンケアをしているつもりでも何故か肌が荒れてしまうという乾燥肌等、色々な物があるのです。

そして入浴剤にも同じように色々な物があります。

と言うことは当然、肌質によっても選ぶべき入浴剤は違うということです。

そこでここでは、乾燥肌の人の為の入浴剤の選び方を紹介します。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

オイルの入っている入浴剤を使う

白元アース HERS バスラボ うるおいボール シルキーピンク 3種類×4個入

乾燥肌の人が使うべき入浴剤は、当然ながら保湿力の高い入浴剤になるでしょう。

では、どういう入浴剤が保湿力の高い入浴剤になるのでしょうか?

やはり保湿力の高い入浴剤と言えば、オイルの配合されている入浴剤になるでしょう。

オイルというのは、オイル自体に保湿力があるのだろうと思われますが、実は大抵のオイルはそうではありません。

それならばなぜオイルの配合されている入浴剤が乾燥肌の人におすすめなのか?

と疑問になる人もいるでしょう。

その答えは、オイルには別の形の保湿力があるからなのです。

オイルの保湿力というのは、水分を閉じ込めることで発揮されます。

オイルというのは、肌に蓋をして水分を閉じ込めてくれるのです。

それがお風呂に入っているわけなのですから、その他の保湿に役立つ成分を取り入れたお風呂の水分を、肌に閉じ込めてくれるでしょう。

そうしてしっかりと肌に水分を閉じ込めることができたら、当然乾燥肌も楽になるはずです。

だから、乾燥肌の人にはオイルが配合された入浴剤がおすすめなのです。

肌の汚れを落とすのにも役立つ

オイルというのは、肌の汚れを落とすのにも役立ちます。

というのも、こういう入浴剤に配合されているようなオイルと肌の成分というのは、すごく似ているのです。

だから、オイル配合の入浴剤が入ったお湯で肌を軽くマッサージしていけば、そこについていた古くなった角質や、詰まっていた皮脂汚れなどが浮き出て、とれやすくなるのです。

ただ保湿がしっかり出来るというだけでなく、この様に肌を綺麗にすることにも役立ってくれるのですから、それはすごく効果的だと言えます。

乾燥肌の人には、オイル配合の入浴剤がおすすめです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

セラミド配合もおすすめできる

フレッセラ セラミド配合入浴剤 アソートパック 50g×8包

乾燥肌の人は、セラミドが配合された入浴剤を選ぶというのもアリでしょう。

セラミドと言うのは、肌の保湿成分になります。

つまりそれが増えれば肌はしっかりと保湿されていくし、それが少なくなったら肌は乾燥気味になっていくということになります。

だから、それを増やしていくに越したことはないのです。

セラミドは体外からでも与えていける

こうした美容的な成分というのは、肌の外から与えてもあまり意味がないというイメージがある人もいるでしょう。

確かにそれは間違いではないところもあります。

しかし、セミラドの場合は、そうではないのです。

セラミドは、肌の中からも増やしていくことができますし、肌の外からも増やしていくことが出来るものなのです。

だから、入浴剤にそれが含まれていたら、それによって全身に保湿成分を増やしていくことができると言えるでしょう。

全身に中から届けるのは難しい

身体の中から全身に向けて保湿成分を届けていくのは難しいでしょう。

たとえば血流が行き届きにくい足の指の先などは、どうしてもそうした保湿成分が届かなくなります。

それではそこが乾燥してしまうこともあるでしょう。

足は特に摩擦も多いところで乾燥しやすいところだと言えますから、そんな風に乾燥してしまうのはすごく困るはずです。

しかしもしそこにセラミド配合の入浴剤があればどうでしょうか?

お風呂と言うのは全身まんべんなくお湯に触れると言えます。

それは確かに顔などはそのお湯をつけようとしないとつきませんが、少なくとも身体は全体的にお湯に浸かるでしょう。

なので、全身にセラミドを行きわたらせることが出来るのです。

そうして、全身の保湿を叶えていくことが出来るようになるでしょう。

合成界面活性剤入りは避けるべし

乾燥肌の人は、刺激の強い入浴剤は避けた方が良いでしょう。

乾燥肌の人がその肌に刺激を受けると、またさらに乾燥してしまうようになります。

入浴剤というのは基本的に頻度を多くして使うものですから、そうしてドンドン使い、どんどん刺激を与えていってしまうことになるでしょう。

そうしてドンドン刺激が与えられたら、日々ひどい乾燥肌になっていってしまいます。

なので、そうならないように刺激の強いものはさけるべきなのです。

では、乾燥肌の人が避けるべき刺激の強い入浴剤とはどのようなものになるでしょうか?

乾燥肌の人が避けるべき刺激の強い入浴剤とは、合成界面活性剤入りのものになります。

合成界面活性剤入りのものは、肌をきれいにする力は強いです。

でもその分すごく刺激も強いのです。

乾燥肌の人にとってはまず避けるべきだと言えるでしょう。

着色料もあまり良くない

合成界面活性剤と同じく、肌にとって強い刺激となるものがあります。

それが、着色料です。

入浴剤を着色することには意味があります。

たとえばリラックス効果を促したり、或いは不安を無くしてあげようとしたり、色の持つ力によって、メンタル的にアプローチしていくのです。

だから、本来であれば入浴剤に着色料を使うことは別に悪い事ではありません。

しかし、こと乾燥肌の人にとっては、着色料の刺激はあまり良くないのです。

別に色の持つメンタル的なアプローチ力を享受しても、それによって乾燥肌が改善するということはありません。

そもそもの目的が違うのですから、出来れば着色料の使われていない入浴剤を選ぶようにするのがおすすめです。

オーガニックなものが吉

結果、乾燥肌の人が入浴剤を使うのであれば、オーガニックな物が良いと言えるでしょう。

合成界面活性剤や着色料などの人工的なものが使われていないオーガニックなものであれば、肌に科学的な刺激を与えず、純粋に乾燥肌の改善を目指していけるでしょう。

幸いにも最近では世界的にそうしたオーガニック的なもののブームが来ていると言えます。

だから入浴剤においてもそうしたオーガニック的なものが出てきてます。

もちろんその分、一般的なドラッグストアで安く買えるような入浴剤と比べるとお値段は張ってしまいます。

しかし、それもスキンケアのためだと考えれば、そこまでしんどくはないのではないでしょうか?

スキンケアのためには、おそらく多くの人が知らないうちに月に1万円くらい使っていたりするものです。

しかしもし、入浴剤を使うことで乾燥肌が改善されたら、そうした出費もおさえることが出来るようになるでしょう。

結果入浴剤代がかかるので、そこまで得になるということではないですが、でも他のスキンケアに比べて入浴剤によるスキンケアならお手軽にできますから、非常に効果的です。

どうせお金を払うのであれば、オーガニックな入浴剤にお金を払ってみてはいかがでしょうか?

もちろん使ってみないとそれが肌に合うかどうかはわかりませんが、こういうものならば合わないという可能性は低いでしょう。

まとめ

乾燥肌の人はこれらのことを参考に入浴剤を選んでいけば、入浴剤から乾燥肌の改善にアプローチしていくことが出来るでしょう。

乾燥肌と言うのは、度が過ぎるとドンドン見た目的にも痛々しくなっていきますし、こうして出来ることからアプローチしていった方が良いです。

そして、出来ればなるべく早く改善して、健康的な肌を手に入れていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤