腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

肥満は膝痛の原因になる!膝に負担をかける太りやすい食生活について

   

食生活は膝痛と深く関係しています。

それは、太ると膝にかかる負担が大きくなるし、栄養が足りないと膝が弱くなるためです。

そのため、栄養面や摂取カロリーなどを考えて、規則正しい食生活を送ることが大切になります。

この記事では、膝の痛みを防ぐために、肥満になりやすい食生活について詳しく解説していくので、食生活が乱れている方や膝の痛みが気になる方はぜひご覧ください。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

太るほど膝にかかる負担は大きくなる

膝は自分の体重を支えているため、体重が増えるほど膝にかかる負担は大きくなります。

また、脚を使う動作に対して膝は重要な働きをしており、そのような動作を行うことにより膝には負担がかかってしまいます。

これらのことから、普通に生活をしているだけでも膝には負担がかかり続けることになります。

膝に大きな負担がかかり続けると膝痛が起こりやすくなるため、膝に余計な負担がかかるようなことは避けるべきです。

その余計な負担の原因の一つとなるのが、「肥満」になります。

では、肥満になりやすい食生活とは、どのようなことなのでしょうか?

それは、暴飲暴食やカロリーの高い物の摂り過ぎ、食べるのが早いことや何かをしながら食事をすること、時間が不規則な食生活、就寝前に食べたり、夜遅い時間に食べたりすることになります。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

食べ過ぎや高カロリーの物の摂り過ぎは太る原因に

暴飲暴食のような食事は太る原因になります。

現在はストレス社会といわれており、食事でストレス解消することは良いですが、暴飲暴食をすると太りやすくなるため、膝にかかる負担は大きくなります。

始めの頃にも言いましたが、太れば太るほど膝にかかる負担は大きくなります。

そのため、食べ過ぎたり、高いカロリーの物を摂り過ぎることは膝痛を招く原因になります。

食事の量が多くなくてもカロリーの高い物ばかり食べていると、太って体重は増えてしまいます。

カロリーが高い食べ物は、揚げ物や脂身が多いお肉、バターや砂糖を多く使ったお菓子やケーキなどになります。

また、炭水化物の摂り過ぎやお酒の飲みすぎも太る原因となるので注意しましょう。

高カロリーの食べ物の摂り過ぎを防ぐには

高カロリーの食べ物の摂り過ぎを防ぐには、単純なことですが低カロリーの食べ物の量を増やすことです。

揚げ物やお菓子などの高カロリーの物はあまり食べないようにし、その分、野菜や海藻類、脂肪の少ない魚や鶏のささみなどをとるようにしましょう。

また、高いカロリーの物をとるとしたら、1日の終わりの夜に食べるのではなく、これから活動的になる朝や昼に食べると良いです。

それと、カロリーの高い甘いジュースなどを控えることも大切になります。

その他にも、間食を控えるようにすることも肥満の予防や改善には大切なことになります。

早く食べたり何かをしながら食べるのも太る原因に

食べ過ぎるのを防ぐためには、満腹中枢を刺激して「お腹いっぱい」と感じることが大切になります。

その満腹中枢を刺激するには、ある程度胃を膨らませることと、血糖値を上げることになります。

そして、満腹中枢が刺激されるまでの時間は、食べ始めてから20分くらいかかるといわれています。

そのため、食べるのが早いとその時間が経過するよりも早く食べ終わってしまうため、満足感を感じることができず、さらに食べてしまうことになります。

それと、スマートフォンをしながら食べたり、テレビを見ながら食べるような「何かをしながら食べる」ことも太る原因になります。

では、なぜそれらのことが太る原因になるのかというと、食事に対して満足しにくくなるためです。

テレビを見たりスマートフォンをしたり、雑誌を読んだりしながら食べると、食べ物の味をしっかりと感じることができなくなります。

それは、食事以外の方に意識が向いているからです。

満足できないことにより、満足するまで食べ続けようとしてしまいます。

それが食べ過ぎに繋がり、太る原因となってしまいます。

よく噛んで食事を楽しむことが大切

早く食べるのを防ぐには、当たり前ですがゆっくりと食べることになります。

食べ物は逃げたりしないので、慌てずゆっくりと食べるようにしましょう。

また、食事中に楽しい会話をしたり、よく噛んで食べることを意識することによって早食いを抑えることができます。

それと、スルメのようなよく噛む食べ物を食事に取り入れることも効果的になります。

そして、ながら食べをしないようにするには、食事を楽しもうとすることが大切になります。

テレビを見ながら食べたり、新聞を読みながら食べたりするのではなく、目の前の食べ物としっかり向き合って食事を楽しみましょう。

食事を楽しむということは食べ物をしっかりと味わうため「よく噛む」ことにも繋がります。

よく噛むということは、ゆっくり食べることに繋がり、食べ過ぎを防ぐことが見込めます。

食事をすることは生きていく上で必要なことであり、幸せを感じる手段にもなります。

そのため、食事の時間が十分にある時は早食いをせず、テレビやスマートフォンや雑誌などからは離れ、ゆっくりと食べ物を味わいましょう。

時間が不規則な食生活も太る原因に

食べる時間が不規則なことも太る原因になります。

食事の時間が毎日違っていたり、一食抜いたりすると、身体は危険を回避するためにエネルギーを蓄えようとします。

そのエネルギーとは脂肪のことになります。

つまり、脂肪を蓄えようとする働きが促進されてしまい、太りやすい体質になってしまうのです。

そして、一食抜いたり、食事と食事の時間が長かったりすると、次の食事をする時にお腹が減り過ぎていることから食べ過ぎてしまうことがあります。

特に朝食を抜く人が多いですが、身体を動かし頭を使うにはエネルギーが必要になります。

朝食を食べないとエネルギーが足りないことから、仕事や勉強などの効率は悪くなってしまいます。

また、太ることにも繋がりやすいため、なるべく規則正しい食生活を送るようにしましょう。

就寝前や夜の遅い時間に食べるのも太る原因になる

明るい時間に活動し、暗い夜に眠るという規則正しい生活を送っている人の場合は、朝や昼に摂ったエネルギーはその日の活動で使用されやすくなります。

そして、使用されない分は脂肪となり体に蓄積されます。

では、「夜に摂ったエネルギーは?」というと、夜は寝るまでゆっくり過ごすことが多いため、夜に摂ったエネルギーは朝食や昼食よりも消費されにくいと言えます。

食べる時間が就寝時間に近いほどエネルギーは残りやすくなります。

残ったエネルギーは眠っている間に脂肪に変わりやすいため、食事をする時間が就寝時間に近いほど太りやすくなるということになります。

これらのことから、朝や昼に比べると夜に食べ過ぎるのは太りやすくなる原因となります。

だからといって、晩御飯をあまり食べてはいけないと言っている訳ではありません。

疲れを取ったり、身体を成長させるには栄養が必要なため、適度な量の食事を摂るようにしましょう。

就寝2、3時間前までには食事を済ませましょう

昼間の活動で疲れていることから、夜は自宅でくつろぐ人が多いかと思います。

そのことから、夜ご飯は食べ過ぎてしまいがちになります。

ですが、そこで食べ過ぎたり、高カロリーの物を多く摂ったりすると肥満の原因になります。

そのため、夜は高カロリーの物はなるべく控え、野菜などはしっかりと食べ、栄養バランスの良い食事を心掛け、食べ過ぎないように注意しましょう。

そして、遅くても就寝2、3時間前までには食事を済ませることをおすすめします。

まとめ

当たり前ですが、太れば太るほど体重は増えます。

そして、体重が増えれば増えるほど膝にかかる負担は大きくなります。

そのため、膝痛を予防、改善するには食生活に気を配ることが必要になります。

もし、たくさん食べたいのなら、運動をすると良いでしょう。

運動をすることにより筋肉量が増え、基礎代謝が上がり、太りにくい体質になることが可能となります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ