腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

肩こりにお悩みの女性必見!リラックス効果抜群の入浴剤で癒されながら肩こり解消!

   

ラカスタ アロマエステ バスエリクサー EG 150ml

肩こりがひどくて困っているという女性は多いのではないでしょうか。

肩がこると座っているだけでも痛みがありますし、ひどくなると吐き気や頭痛を伴うこともあります。

できるだけ毎日の生活の中で解決していきたいですよね。

そんな肩こりでお悩みの方におすすめなのが、入浴剤効果でリラックスしながら行う、バスタイムマッサージ。

お気に入りの香りに包まれて、肩こりをほぐすマッサージをしてみましょう。

肩こりとおすすめ入浴剤について見てみたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

肩こりはなぜおこるの?

肩こりは首の付け根から肩、または背中にかけて張っている、凝っている、痛い、といった症状を感じる状態です。

このような状態は「筋肉が緊張している」と言えます。

通常、人間が筋肉を使った動作を行う際は筋肉の縮む力によって動きが作られます。

筋肉は伸縮性があり伸びたり縮んだりをくりかえして様々な動作を行いますが、肩こりを感じている方はこの筋肉が「縮まった」まま固まっている状態なのです。

つまり「緊張」しているということですね。

どこの筋肉が緊張しているの?

筋肉が固まり、縮こまってしまうことによって発症する肩こり。

ではどこの部分の筋肉が関係しているのかと言いますと、首の後ろから肩、背中にかけて張っている広い筋肉です。

これは「僧帽筋」と呼ばれています。

この部分の血流が悪くなり、硬くなってしまうと痛みやハリが引き起こされてしまうのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

こんなことしていませんか?肩こりを引き起こすのはこんな習慣!

肩こりが発生する原因は人それぞれ。

生活環境や習慣に関わりがあります。

肩こりでお悩みの方は、生活習慣や環境を見直してみることがおすすめです。

姿勢が悪い

事務系の仕事をされている方は、一日中机に座ってパソコン画面を睨んでいることが多いのではないでしょうか。

パソコンに向かっていると、自然と頭が前にでて、猫背の姿勢になってしまいますよね。

この姿勢は肩こりのもととなります。

猫背になると重たい頭が前にあり、重心が前に傾きます。

バランスをとるために首周辺の筋肉は縮こまろうとする動きになるのです。

この姿勢を長時間続けていると、首のまわりの筋肉が凝り固まってしまうのですね。

デスクワークをされている方に肩こりが多いのはこのような姿勢になりがちなことが原因の一つとして考えられます。

その他にも、足を組んだまま机に向かったり、お腹を突き出すような姿勢で座ったり、体の重心を傾かせ、その姿勢を長時間続けると肩こりにつながる恐れがあります。

体型が原因かも?

デスクワークで長時間座ったりしないけれど肩こりになるという方は、体型が原因の場合があります。

肥満気味の方は余計な身体が重く、肩こりになりやすくなります。

また、なで肩の方も肩がこりやすいと言われています。

体型的なことが原因の場合、改善は難しいですが、ダイエットをしたり、日ごろから姿勢に気をつけたりするなどして肩こりを意識した生活を送るのがおすすめです。

眼精疲労が原因かも?

パソコン画面を見続けたり、デスクワークで目を酷使したりしている人は「眼精疲労」になりやすくなります。

この眼精疲労の症状のある方の半数は「肩こり」に悩んでいるという調査結果があります。

目の疲れと肩こりって関係あるの?

と思われるかもしれませんが、実は多いにあります。

眼精疲労とは、目が疲れてしまっていること。

これはピントを併せようとして目の周りの筋肉を酷使し、目の奥の末梢神経がダメージを受けている状態です。

この末梢神経は目の奥だけではなく、肩や腰にも集中しています。

そのため、目の奥がダメージを受けると肩にも影響が出てくるというわけなのです。

肩こりは女性に多い?

「肩こり」は「腰痛」と並ぶ国民病の一つと言われています。

ある程度の年齢になると肩こりや腰痛を感じる方が増えてくるのですが、腰痛は男性に多く、肩こりは女性に多いと言われています。

なぜ女性の方が肩こりに悩む方が多いのでしょうか。

筋肉の量が男性よりも少ない

重たい頭を支えているのは筋肉です。

しかし、女性は男性よりも筋肉が少ないため、頭を支えるためにはより大きな負担がかかってしまうのです。

負担がかかった筋肉は緊張して固く縮こまってしまい、肩こりの原因となります。

また、血管が圧迫されて疲労物質の排出がうまくいかなくなってしまうため、筋肉疲労も起こりやすくなってしまいます。

女性にありがちな…冷え性

これは筋肉が少ないこととも関係しているのですが、女性は冷え性になりやすいと言われています。

通常、体内の熱の4割を作り出すのは「筋肉」です。

筋肉が動くことによって熱が生み出されて体が温かく保つのです。

しかし、体の構造上筋肉の少ない女性は熱を作り出すことが出来ません。

そのため、体が冷えやすく冷え性になってしまうのです。

冷え症になりますと、血の巡りが悪くなってしまいます。

前述の疲労物質が溜まっていきますので、肩や首周辺が重苦しく感じるようになるのです。

バストの重みが関係する

胸の大きい女性は肩こりになりやすいです。

胸は重力の法則で下に下がろうとして、筋肉を引っ張ります。

それと反対の力が首から肩にかけて働くので、胸の重みの大きな女性は筋肉が疲労し、凝りやすくなってしまうのです。

お風呂でストレッチ!肩こりにはじっくり入浴がおすすめ

肩こりでお悩みの方は、シャワーではなくじっくりとお湯につかるのがおすすめです。

お風呂に入ることで血行が促進され、溜まっていた疲労物質も排出されやすくなります。

また、お湯で体を温めることで固まっていた筋肉がほぐれ、緊張から解放してくれる効果が期待できるのです。

お湯の温度は41度

入浴のポイントは、まず全身入浴することです。

体をしっかりと温め、血行を良くするためには40度から41度くらいのお湯に10分から15分ほどつかりましょう。

肩までお湯に入れて、しっかりと温めるのが重要です。

お風呂でストレッチが効果的

全身が温まったら、肩を上下に動かすストレッチがおすすめです。

肩にぐっと力を入れて引き上げ、一気に力を抜いて落とす。

この動作を10回ほどゆっくりと行ってください。

途中、肩を回すなどの動作を加えても効果的です。

仕上げには僧帽筋のストレッチ。

右手は左手で、左手は右手で持ち、ゆっくりと引き伸ばします。

お湯につかったまま行うのがポイント。

気持ちよいと感じるまで、しっかりと腕を伸ばしましょう。

リラックスしながら入浴するなら…こんな入浴剤がおすすめ!

お風呂につかると副交感神経が刺激されて、精神を落ち着かせる効果があります。

そんなバスタイムをさらに楽しむなら、入浴剤の使用がおすすめ。

好きな香りで楽しみながらストレッチをすれば、心も体も気持ちよくなることが出来ます。

特に女性におすすめの入浴剤を見てみたいと思います。

メディテーションバス

アユーラ (AYURA) メディテーションバスα 300mL 〈浴用 入浴剤〉 アロマティックハーブの香り

女性に人気の「アユーラ」の入浴剤です。

ローズウッド、ラベンダー、カモマイル、ローズマリーなどのアロマティックハーブを調合した絶妙な香りが楽しめます。

体と心を解きほぐし、芯からリラックスできますよ。

グリーンのエッセンスを入れると、お湯は乳白色に変化。

まるで白い湯煙の中にいるような、ゆったりとした気分になります。

保湿成分も配合されていますので、お風呂上がりのお肌もしっとり。

毎日のストレスをかき消してくれる入浴剤です。

ラ・カスタ アロマエステ バスエリクサー

ラカスタ アロマエステ バスエリクサー EG 150ml

「ラ・カスタ」の入浴剤です。

天然オリーブ油ベースにこだわったバスオイルがお湯の中で白濁し、しっとりすべすべのボディに整えます。

疲れた体や心を瞬時にリセット。

ベルガモットやレモングラスの香りが、前向きな気分にしてくれます。

ストレスをためがちな女性達にピッタリです。

まとめ

デスクワークの多い方、目を使う事が多い方は肩こりになりがちです。

あまりにひどいと日常生活に支障をきたすこともあるので、こりをため込まないようにしたいですよね。

バスタイムにしっかりと肩の緊張を解きほぐし、疲労物質をため込まないようにしましょう。

ゆったり気分をアップしてくれる、入浴剤もお忘れなく。

バスタイムにしっかりと体と心をケアして、翌日も元気に頑張りましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤