腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

肩こり対策は枕の見直しから!睡眠が楽になる枕とは

   

肩こりに悩んでいる人は、枕が原因である可能性があります。

寝ているときの状態によっては、体にかなり負担をかけることもあるので、どのような枕を使うかは、重要なポイントです。

そこで、体への負担を減らし、肩こりを改善できる枕について説明しましょう。

楽に眠れる枕の特徴を知っておけば、数ある枕の中から、適切なものを選ぶことができます。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

枕で肩こりになる原因とは

枕によって肩こりが起こるのは、主に3つの原因が考えられます。

適切な枕を選ぶならば、まずはその原因を把握しておきましょう。

高さが合っていない

枕の高さは、3つの中では最もよくある原因です。

寝ているときの頭の位置や首の角度は、肩こりに大きく影響しています。

そのため、枕が高すぎたり低すぎたりすると、肩こりになる可能性が非常に高いのです。

枕が高すぎる場合は、首の角度が急になってしまうことで、首から肩にかけての筋肉が常に緊張した状態になります。

そんな状態で一晩中過ごしていたのでは、肩こりになるのも当然でしょう。

また、顔が下向きになることで首が圧迫され、呼吸も苦しくなります。

これは、いびきの原因となる姿勢なので、その意味でも、高すぎる枕は避けるべきです。

一方、低すぎる場合は、首の後ろに隙間ができやすくなります。

これは、首の支えがないということであり、やはり緊張した不自然な状態が続いてしまいます。

硬さが合っていない

枕の硬さも、寝るときの姿勢を悪くする原因のひとつです。

硬すぎる枕は、頭がほとんど沈まないため、安定感がなくなり、首や肩が緊張してしまいます。

枕の支えがないと、自分の筋肉で安定させようとするため、余計な力が入ってしまうのです。

また、柔らかすぎる枕は、あまり沈みすぎるために圧迫感を感じることが多く、安眠できなくなります。

さらに、首が後ろに反ったような姿勢になるので、肩こりだけでなく、首の痛みが出ることもあります。

幅が狭い

枕の幅が狭いと、寝返りがしづらいので、同じ姿勢を続ける時間が長くなります。

これも、肩に負担をかけてしまう大きな原因です。

ずっと同じ姿勢を続けていると、圧力が同じ部分にだけ集中してしまい、痛みを感じるようになってしまうのです。

この場合、肩こり以外にも、腰痛を引き起こす恐れがあります。

また、たとえ寝返りをうったとしても、狭い枕ではその動きをカバーできず、頭が落ちてしまうことも多くなります。

すると、目が覚めてしまったり、寝違えてしまったりしたことで首を痛める可能性もあるので、枕の幅は十分に確保しておきたいところです。

スポンサーリンク

肩こり・腰痛におすすめのまくら(枕)ランキングベスト3はこちら

快眠できる枕の特徴

肩こりの原因がわかったところで、良質な睡眠ができる枕の特徴について説明しましょう。

上記のような原因に注意していれば、どのような枕が適切なのか、自然と見えてくるはずです。

隙間が埋まる

枕を当てたとき、首の後ろに隙間ができないなら、よい枕と言えます。

これは、しっかり首を支えているということであり、無駄な緊張を強いられる心配がありません。

そこで、高さと硬さが重要になるわけですが、ポイントは、どちらも適度なものであることです。

高すぎず低すぎず、硬すぎず柔らかすぎない枕は、自分の体にぴったりとフィットします。

それならば、隙間ができることはなく、無駄な力を抜いてゆっくり眠ることができるでしょう。

そうした丁度よい枕をうまく見つけるには、やはり試してみることが一番です。

手で触ったときと、実際に寝たときの感触は異なる場合があるので、可能ならば、できるだけ試し寝をすることをおすすめします。

正しい姿勢を保つことができる

負担のかからない枕を選ぶには、正しい姿勢の維持も、判断材料となります。

寝ているときの正しい姿勢というのは、立っているときと同じような姿勢になることです。

それは、背骨が自然にカーブしている状態であり、肩を始め、体の各部に負担がかからない姿勢と言えます。

この正しい姿勢を判断するポイントは、目線と顎です。

正しい姿勢になっていると、目線は真上よりも少し下になります。

足の先や後方が見えるようだと、枕が合っていない可能性が高いです。

また、顎を引きすぎたり、上げすぎたりしている場合も、よくない姿勢になっている証拠です。

無理のない角度を維持できる枕であれば、姿勢が正され、肩の負担も大幅に軽減できるでしょう。

寝返りがしやすい

よい枕というのは、寝返りの妨げになる要素が少ないものです。

自然に寝返りをすることは、圧力の集中を避けることになるため、肩への負担もなくなります。

つまり、寝返りをしても頭がはみ出さないような、ある程度の広さをもった枕が適しているのです。

また、頭が固定されすぎないことも大切です。

柔らかい枕の場合、頭が沈んだまま固定されてしまうもこともありますが、そのような枕では、寝返りがしづらくなります。

そのため、柔らかさだけでなく、少しは硬さもある、丁度よいものがベストなのです。

また、頭を固定するような、特殊な形状の枕にも注意しましょう。

両側が盛り上がっていたり、中央がくぼんでいたりすると、寝返りを妨げる場合があります。

そうした枕も、自分に合ったものであれば大きな弊害はないので、選ぶときは慎重に検討するようにしましょう。

おすすめの枕

では、上記のような特徴を備えた、おすすめの枕をいくつか紹介します。

いずれも肩こり対策には最適なものなので、選ぶときは参考にしてみてください。

めりーさんの高反発枕

マットレスでも有名なモットンの枕です。

この枕の特徴は、高反発の素材を使用しているため、頭が沈みすぎないことです。

さらに、「高さ調節シート」が付属しているため、自分で丁度よい高さに調節することができます。

これらの性能は、姿勢を安定と、隙間を埋めることにつながるため、肩への負担を軽減してくれるのです。

また、頭が沈みすぎないと、寝返りもしやすいので、圧力を分散させる効果も期待できます。

そして、90日間の返金保証期間があるのもメリットです。

このサービスのおかげで、実際に使って合わない場合は、返品することができます。

先述したように、枕は試して選ぶのが理想的なので、これは魅力的なポイントです。

六角脳枕

六角脳枕の大きな特徴は、その独特の形状によって、寝返りのしやすさを高めていることです。

素材は低反発を使用していますが、頭が当たる部分が少し出っ張り、両サイドがくぼんだ波状の形になっていることで、頭が固定されすぎる心配はありません。

頭の部分が出っ張っていると、安定性に欠けるイメージがありますが、低反発素材の適度な沈み込みが、しっかりと頭を支えてくれます。

また、内部に保冷剤が入っているため、体温よりも少し低めのひんやり感があり、安眠という面でも優れた枕です。

適度な冷たさになっているため、冬場でも安心して使うことができるでしょう。

スリーパードクターズピロー

この枕も、独特の形をもっています。

他の枕との大きな違いは、頭だけでなく、肩に当たる部分が存在することです。

従来の枕とは異なり、肩まで包み込むようにカバーすることで、より姿勢を維持しやすくなっています。

また、肩までカバーするというと、寝返りの妨げになりそうな印象もありますが、そこもしっかり考えて作られています。

頭の部分にくぼみやウェーブをつけることで、頭が固定されすぎないように工夫されており、肩に当たる部分があっても、楽に寝返りをすることができるのです。

他の商品と比べると、若干高めの値段ではありますが、肩こり対策として安定性を求めるなら、ぜひおすすめです。

使い方の注意点

枕で肩こりの対策をするなら、よい商品をえらんだだけでは不十分です。

なぜなら、正しい使い方をしなければ、どんなによい枕でも、効果を発揮することができないからです。

そこで、枕を使うときの、基本的な注意点を紹介しましょう。

枕は首に当てる

枕のよくある間違いとして、「ただ頭を乗せるだけ」というものがあります。

軽く頭が乗る程度の浅い当て方をしてしまうと、どうしても首の後ろに隙間ができてしまうのです。

先述したように、隙間ができると、肩に負担をかけることになります。

合わない枕だけでなく、間違った使い方でも、この隙間はできてしまうわけです。

したがって、枕を使うときは、首の隙間を埋めるように、なるべく深く当てるのがおすすめです。

偏りを直す

枕は、商品によっては、中身が偏ってしまうものもあります。

しかし、そんな状態のまま使ったのでは、よい効果は発揮されません。

肩こりには正しい姿勢が大切であり、そのためには、枕もベストな状態にしておく必要があるのです。

もし偏りがあったら、使う前にしっかり直して、本来の形で使うようにしましょう。

まとめ

肩こりになるのは、体に負担がかかっている証拠です。

これを放置していると、頭痛や首の痛みに発展していくことも考えられます。

そのため、できるだけ負担の少ない枕で対策をすることは、とても大切です。

また、肩こりにならない枕は、体がリラックスして、ぐっすりと眠れる枕でもあります。

肩こりを改善できれば、自然と睡眠の質もよくなっていくでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - まくら