腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

背もたれが高いのはダメ?背もたれが高いソファが腰痛に繋がる理由とは

      2017/09/08

LOWYA (ロウヤ) ソファ チェア リクライニングソファー リクライニングチェア 3人掛け オットマン一体型 ブラック

背もたれが高いソファは、首までしっかりと支えてくれるように思えるので、身体には良いように思えるものです。

でも実は、背もたれが高いソファは、意外と腰痛に繋がりやすいソファだと言えます。

でも、背もたれが高いソファは何故腰痛に繋がりやすいと言えるのでしょうか?

ここではその理由について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

背もたれが高いソファは体勢を変えづらい

背もたれが高いソファが腰痛の原因となってしまう理由として言えるのは、やはり体勢が変えづらいということです。

背もたれが高いソファは、確かに首までしっかりと支えてくれることになります。

でも支えてくれるというのは、動きが制限されるということでもあるのです。

なので、背もたれの高いソファを使用していると、それによって邪魔をされて、動きが制限されてしまうのです。

たとえば、背もたれがひくソファであれば、ちょっとしたタイミングで身体を後ろに反らせたりすることも出来るでしょう。

そんな風に身体を反らしていくことによって、固まりかけた筋肉をほぐすことができるようになるでしょう。

だからそれは、すごく効果的な事だと言えます。

しかし、背もたれの高いソファではどうでしょうか?

いざ身体を後ろにそらそうとしても、背の高いソファが邪魔をして上手く身体を反らすことが出来なくなる可能性が高くなるのです。

それでは筋肉はドンドン固まっていってしまうでしょう。

だから、腰痛になってしまうと言えるのです。

変えられたとして前のめりになる

確かに背の高いソファであっても、体勢を変えることは一応できます。

でもそれは、前のめりのような、結局腰に負担の大きい姿勢になります。

しかもそれでいてあまり筋肉をほぐす事も出来ないので、そういう体勢になる事のメリットは少ないと言えるでしょう。

だから、やはり背の高いソファを使用していると、腰痛になってしまう可能性が高いのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

背が高い分蒸れやすいということもある

また、背の高いソファは、背が高い分蒸れやすいという特徴もあります。

背が高いソファは、その分だけ身体とソファが密着するところが増えていきます。

そういうところが増えていけばいくほどに、蒸れやすくなると言えるでしょう。

なので、背の高いソファは蒸れやすいのです。

体勢を変えられない事も蒸れに繋がる

ましてや背の高いソファは、先述の通りに、体勢を変える事も難しいです。

体勢を変える事が難しいとなると、当然その分だけ密着しているところを離すことが出来なくなり、蒸れに繋がりやすいということになります。

そんな風に蒸れてしまうと、やはり腰痛が起こりやすくなります。

蒸れがなぜ腰痛に繋がるか

でも、そもそもなぜ蒸れが腰痛に繋がると言えるのでしょうか?

別に蒸れたところで腰痛とは関係ないように思えるものです。

しかし、意外と群れと言うのは腰痛の大敵なのです。

それは、蒸れてしまうと、最終的にはそれが冷えに繋がるからです。

蒸れてしまうということは、汗をかきやすいということでもあり、そこが濡れてしまうことになります。

そうしてそこが濡れてしまって、さらにそこの通気性が悪いとなると、いつまでも濡れた状態が続くことになるでしょう。

すると、そこの部分はすごく冷えてしまうのです。

冷えてしまうと、それによって血流が悪くなっていきます。

そんな風にして血流が悪くなると、腰痛が起こるようになります。

血流の悪さは痛みを引き起こすモノになりますから。

蒸れてしまうことは、この様にして腰痛を起こしてしまうので、出来れば蒸れないようなソファを選ぶべきなのです。

それはやはり、背の高いソファではなく、背があまり高くなくて、体とソファが密着するところがあまり多くないソファになるでしょう。

背もたれが高いと奥までも座りづらい

背もたれが高いと腰痛になってしまうと原因として、奥まで座りづらいという事も挙げられます。

基本的にソファに座る際には、奥までしっかりとすわり、背もたれで腰を支えてもらうようにするのが正しい座り方だと言えます。

そうすることによって骨盤をしっかりと立てることが出来るようになり、体重を上手く支えてもらえるようになるので、腰が痛くなりづらくなるのです。

しかし、背もたれが高いと、そうして骨盤を立てる為に大切な、奥まで座るということが出来なくなるのです。

肩や肩甲骨が邪魔をすることがある

それはもちろん背もたれの角度にもよるのですが、しっかりと奥まで座ろうとすると、背もたれの高いソファの場合、肩や肩甲骨が邪魔をすることがあるのです。

肩や肩甲骨が高い背もたれとぶつかり、それ以上奥に進むことが出来なくなるのです。

もちろん背もたれもすごく固いわけではないので、ぎゅっとそこから奥に進むようにすれば、別になんとか奥まで座ることは出来るようにはなりますが、それはやはりあまりおすすめできるものではありません。

やはり無駄な力も入りますし、ふとした時に体勢が崩れてしまうことは容易に想像ができます。

なので、そうならないように、そもそも背もたれが高いソファを避けるのが一番おすすめだと言えます。

特に、普段猫背気味だという自覚がある方は、より避けた方が良いと言えるでしょう。

普段猫背気味だという方は、やはり奥まで座ろうとすると、より肩や肩甲骨のあたりが背もたれにあたりやすくなります。

だから、より奥まで座りづらくなるのです。

腰痛を避けるためには腰まで支えられれば良い

なんとなく背もたれが高くて、体の後ろの方全体を支えてくれた方が腰痛になりづらいと思っていた方も多いかもしれませんが、実はこのように、背もたれが高い方が腰痛になってしまう可能性は高いと言えます。

なので、腰痛を避けたいとおもったら、そういうソファではないソファを選んでいくようにすると良いでしょう。

でも、それならば腰痛を避ける為のソファとしては、どのくらいの背もたれの物が良いのでしょうか?

それが分からないと、背もたれの高いソファを避けたとしても、また違う理由で腰痛にとって良くないソファを選んでしまう事もあるでしょう。

それはよくありません。

なのでしっかり、どのくらいの背もたれのソファならば腰痛に効果的かしっかりと知っておきましょう。

腰痛に対して効果的なソファとは、腰までささえられる位の背もたれのソファになります。

背もたれがかなり小さいものが効果的

それはつまり、背もたれがかなり小さいものです。

腰の上くらいまでの低い背もたれであれば、奥までこしかけてしっかりと骨盤を立てることに協力してもらえますし、背中まで覆うわけではないので蒸れづらいといえます。

さらに当然ながら、腰よりも上はフリーになるので、体勢だっていくらでも変えることが出来ます。

背もたれの高いソファにある難点が全てなくなるのが、背もたれが腰より少し上くらいのソファなのです。

こういうソファでは首は疲れるでしょうが、もし首が疲れたら、その時にはソファから立てばよいでしょう。

時にはソファから立つのが腰には良いですが、そのタイミングの合図がしっかりとわかるのも、このソファの利点です。

まとめ

背もたれの高いソファで腰痛になってしまう原因はお分かりいただけましたでしょうか?

このように背もたれの高いソファは、色々な理由で腰痛を引きおこしてしまうものになります。

一見すると腰によさそうなものでも、この背もたれの高いソファのように、実は逆効果だというものもたくさんあるので、そうならないようにしっかりと調べてから導入するようにしていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ