腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛が気になっている人は、どのような骨盤ベルトを選べば良い?

      2017/09/08

Dコ0695 ゴム製腰ベルト L-LL

立ち仕事が多かい人、荷物を運ぶような仕事をしている人は、腰痛が気になっている方も多いでしょう。

そのため骨盤ベルトの購入を、検討している人もいるはずです。

でも具体的にどのような骨盤ベルトを選べば良いか、迷っている人もいます。

ここでは腰痛が気になる人のために、骨盤ベルトを選ぶ際のポイントやおすすめの商品について、お話していきます。

スポンサーリンク

腰痛・骨盤矯正用おすすめ骨盤ベルトランキングはこちら

自分のサイズに合った骨盤ベルトを選ぶようにする

大きすぎたり小さすぎたりすると、効果が得られない

腰痛でお悩みの方は、骨盤ベルトを検討されている方もいるはずです。

でも合わない商品を選んでしまうと、後悔してしまうこともあります。

そのためじっくり検討して、最適な骨盤ベルトを選ぶようにしましょう。

骨盤ベルトはまず、自分のサイズに合っている商品を選ぶことが大切です。

サイズが大きすぎたり、逆に小さすぎると、効果を得られなかったり、トラブルになることもあるので注意しましょう。

商品に表示されているサイズを目安に購入しよう

私は腰痛が持病になっているので、整形外科の隣の薬局で、骨盤ベルトを購入したことがあります。

その時は骨盤ベルトの試着をさせてもらいました。

私のように実際に試着させてもらったり、職員の方にアドバイスをしてもらったりすると良いです。

でも購入する場所によっては、なかなか難しいケースもあります。

骨盤ベルトを購入する際、サイズの目安が表示されています。

例えばMサイズの場合、ウエスト、骨盤周りなどは、何cm位という表示です。

インターネットで購入する場合も、表示があります。

そのため事前に自分のサイズを測ってから、購入することが大切です。

スポンサーリンク

腰痛・骨盤矯正用おすすめ骨盤ベルトランキングはこちら

しっかりとガードできる骨盤ベルトを選ぶ

腰に負担をかけないことが大切

腰痛を予防するために、骨盤ベルトをすることで、しっかりとガードすることが重要です。

骨盤の周辺に装着して、腰に負担をかけないことが大切です。

そのため安定感があって、しっかりとガードされる骨盤ベルトを、選ぶようにしましょう。

ずれてしまうと、しっかり腰をガードできない

骨盤ベルトを装着して、しっかりとガードしたいと思っても、動いているうちに、ずれてしまうことがあります。

これは骨盤ベルトのサイズが合っていないという場合に、起こることがあります。

私もサイズが合っていない骨盤ベルトをしていた時、何度も気になったことがあります。

仕事中だと、なかなか直すことができないので、困っていました。

しっかりと腰をガードするため、できるだけサイズが豊富な商品を選んだ方が良いでしょう。

動きやすい骨盤ベルトを選ぶ

仕事中は無意識にいろいろな体勢になる

骨盤ベルトを装着して、しっかりとガードしたとしても、動きにくいと大変です。

特に仕事中は無意識に、いろいろな体勢になることがあります。

前かがみになったり、時にはひねったりすることもあります。

そのため作業がしやすいような、骨盤ベルトを選んだ方が良いでしょう。

適度に伸縮性がある骨盤ベルトがおすすめ

私は以前、硬くてあまり伸びないような、骨盤ベルトを使っていたことがあります。

このような骨盤ベルトの方が、しっかりと腰が固定されるので、効果があると思っていました。

実際に使ってみて、固定される印象はありますが、動きにくくて困ったことがありました。

荷物を持つような体勢になった時、苦しかったこともありました。

そのため適度に伸縮性があって、動きを妨げないような、骨盤ベルトを選んだ方が良いでしょう。

むれにくい骨盤ベルトを選ぶ

暑い季節はむれやすくなる

骨盤ベルトを装着すると、どうしてもむれやすくなります。

寒い時期は保温になることもありますが、問題は夏です。

どうしても骨盤ベルトを腰にぴったり巻くと、暑くなり汗をかきやすくなります。

暑い時期は腰痛が持病になっている私であっても、辛かったです。

そのため骨盤ベルトをせずに、仕事をしてしまったこともあります。

通気性があり、薄型の骨盤ベルトがおすすめ

でも骨盤ベルトは、むれにくい商品もあります。

通気性を良くするような、工夫がされている商品もあります。

また骨盤ベルトが薄型の設計になっていると、だいぶ違います。

そのためむれにくい工夫がされている、骨盤ベルトを選ぶと良いでしょう。

MAPLE517のゴム製骨盤ベルト

MAPLE517のゴム製骨盤ベルトの概要

骨盤ベルトは、いろいろな商品が販売されています。

中でも、「MAPLE517のゴム製骨盤ベルト」という商品があります。

この商品は日本製で、天然ゴムを使用した、男女兼用の骨盤ベルトです。

面ファスナーがついていて、簡単に装着することができます。

また薄型の骨盤ベルトで、穴もあいているので、通気性も考えた設計になっています。

サイズが豊富で、S、M、L、LLの4サイズから選ぶことができます。

持っていた骨盤ベルトは違和感があった

私は以前骨盤ベルトを持っていました。

よく見かける、縦幅があって、面積の広い骨盤ベルトでした。

腰を広範囲、サポートすることができます。

でも装着すると、違和感がありました。

骨盤ベルトをしないと、腰痛になってしまうのが怖かったので、無理して装着していたこともあります。

しっかりフィットして、きつくない商品がおすすめ

実は「MAPLE517のゴム製骨盤ベルト」は、仕事の同僚が持っていました。

同僚は私が腰痛であることを知っていたので、試しにつけさせてもらったことがあります。

実際に装着してみると、着け心地がとても良かったです。

私の持っていた骨盤ベルトとは、明らかに違いました。

正直、ゴム製で縦幅がない骨盤ベルトだったので、効果については半信半疑でした。

でもしっかりと腰はガードされました。

着け心地は私の持っていた骨盤ベルトより、ソフトな感じがしました。

動いたり、いろいろな体勢になったりしても、自分の身体にずっとフィットしていました。

また腰全体を覆うような形ではないので、きつくなかったです。

作業がしやすい商品

私は骨盤ベルトをすると、ある程度作業がしづらくなるのは、仕方がないと思っていました。

どの骨盤ベルトを選んだとしても、あまり変わらないと思っていました。

「MAPLE517のゴム製骨盤ベルト」をつけた時、そうではないことを知りました。

この骨盤ベルトであれば、長時間装着していても、楽に腰をガードできると思いました。

「MAPLE517のゴム製骨盤ベルト」は縦幅がなくて、面積が狭いです。

でもしっかりと伸びて、サポートされる印象を受けました。

広範囲ガードするわけではありませんが、骨盤のあたりに巻いて、腰をしっかりとサポートしてくれるのが嬉しいです。

このように「MAPLE517のゴム製骨盤ベルト」は、腰痛の予防とともに、作業がしやすい骨盤ベルトを使いたいような人におすすめします。

値段がリーズナブルなので試しやすい

骨盤ベルトの価格は、その商品によって様々です。

中には値段がかなり高い商品もあります。

でも「MAPLE517のゴム製骨盤ベルト」は、値段がとてもリーズナブルです。

そのため購入して、試しやすいので、おすすめできる商品です。

まとめ

骨盤ベルトは自分にぴったり合った、商品を選ぶことが重要です。

自分のサイズに合わせて、ずれにくい骨盤ベルトを選ぶようにしましょう。

また動きやすくて、長時間装着していても、楽な商品を選ぶと良いです。

「MAPLE517のゴム製骨盤ベルト」は、私がおすすめする骨盤ベルトです。

興味のある方は、検討してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 腰痛用骨盤ベルト