腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛でも利用しやすい『ずっと座りたいクッション』の特徴とは?

   

Bauhutte (バウヒュッテ) ゲル&低反発 ずっと座りたいクッション BC-80G-BK

腰痛になってしまった方は、椅子に座るだけでも、腰が痛く感じてしまいます。

所が、数多くあるクッションの中には『ずっと座りたいクッション』のように、椅子の座面に敷いただけでも、腰痛でも利用しやすい商品もあるのです。

そこで腰痛でも利用しやすいクッションを探している方のために、本製品について詳しく紹介するので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

ずっと座りたいクッションの特徴

本製品は中剤や形状に工夫を施す事によって、腰痛でも利用しやすくなっています。

さらに本製品を椅子に装着しやすくする事によって、腰にかかる負担を軽減する事も実現しているので、詳しく紹介します。

ゲルの柔らかさ

本製品は『ゲル』を中材として採用する事によって、体圧を分散する事が可能になっています。

もしも体圧を分散できないクッションを利用していたら、クッションに腰が沈み込みやすいので、腰に体圧が集中してしまいます。

腰に体圧が集中したら、腰が痛く感じやすいので注意しなければいけません。

所が、本製品のように体圧を分散しやすいクッションであれば、長い間に渡って利用していても、腰にかかる負担を軽減する事ができます。

そのため、腰痛でも利用しやすいクッションを探している方には、本製品はおすすめです。

低反発クッション

本製品はゲルを採用しているだけではなく『低反発クッション』を採用しています。

実際にクッションの反発力が低くなっていれば、ある程度まで腰が沈み込むのです。

そうすれば、腰がズレづらくなるので、腰にかかる負担を軽減できます。

もしも、お尻が前のほうへズレてしまえば、お尻ではなく腰のほうに上半身の体重が加わりやすくなるので、注意しなければいけません。

そのため、正しい姿勢をキープするのが苦手な方には、低反発になっている本製品は利用してみる価値があります。

優れた通気性

椅子に座っていたら腰が痛く感じてしまう方は、椅子にクッションを敷きたくなりますが、暑い夏場の季節になったら腰がムレてしまう事があります。

このようなケースが起きてしまうのは、通気性が悪いクッションを利用いしている事が関係しているのです。

もしも腰がムレてしまうようなクッションを利用していたら、座り心地が悪くなってしまうので、腰を少し動かしたくなってしまいます。

腰痛の方が腰を動かしてしまえば、腰が痛く感じやすいので、注意しなければいけません。

所が、本製品の座面は『凹凸形状』になっている事から、熱が放出されやすくなっているのです。

そのため、高い通気性を実現しているので、暑い夏場の季節でも利用しやすくなっています。

ズレづらいクッション

腰を動かす事がなくても、クッションがズレてしまえば、腰に大きな負担をかけてしまいます。

そのため、腰痛の方はズレづらいクッションを利用する事が重要です。

実は、本製品は、2ヶ所にリングが付いているので、このリングにヒモをつければ椅子に固定する事ができます。

そうすればクッションがズレづらくなりますが、ヒモは本製品に付いてこないので注意して下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

様々な活用法

多くの方たちは、クッションは部屋に設置している椅子の座面に敷くものと思っているかもしれませんが、このクッションは様々な活用法があります。

そこで、本製品を詳しく知りたい方のために、どのような活用法があるのか紹介するので参考にしてみて下さい。

正座で利用

洋室であれば、椅子の座面にクッションを敷く事ができますが、和室では利用できないクッションが多くあります。

所が、本製品は正座して使用する事ができるので、座布団の代わりに使用する事ができるのです。

実際に、多くの現代人は正座ではなく、あぐらをかいてしまいますが、あぐらは腰に大きな負担をかけてしまいます。

なぜなら正座のほうが背筋を伸ばしやすくなっているので、腰にかかる負担を軽減できるからです。

そのため、和室にいる時が多い方には、本製品を利用して正座する方法はおすすめです。

車のシート

腰痛の方を悩ませる問題で、車の運転が挙げられます。

実際に車は振動してしまうので、正しい姿勢をキープする事は難しいですし、車の振動が腰に負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

所が、本製品に長いヒモを付けて、車のシートに装着させれば、安定しやすくなります。

そのため、車のシートに座った時に、腰が痛く感じやすい方は本製品を利用してみる価値があります。

ただし本製品は、ブラックカラーをしているので、車のシートのカラーに合わない場合もあるので、シートのカラーがブラックでない場合は注意して下さい。

本製品の詳細情報

本製品の特徴や活用法が分かった方たちの中には、このクッションを購入したくなった方は多いかもしれません。

しかし本製品の商品情報も把握しておかなければ、このクッションを購入した後に後悔する可能性もあり得るので、詳しく紹介します。

サイズと重量

自宅の部屋に設置している椅子や、車のシートに本製品を敷く場合には、まず本製品のサイズを把握する必要があります。

もしも自宅に設置している椅子や、車のシートが、本製品のサイズに合わなければ、利用しづらなくなってしまうので注意しなければいけません。

実際に本製品のサイズは、幅470×奥行420×高さ55mmになっています。

そして本製品の重量は、わずか1.6kgなので、あまり腰に負担をかけないで持ち運ぶ事ができるのです。

コストパフォーマンス

本製品は腰痛でも利用しやすいように作られている事もあって、ある程度までコストをかけています。

そのため楽天市場では、送料別で税込価格5,400円で販売されているのです。

実は、日本で販売されているクッションの中には、1,000~2,000円で購入できる商品があります。

そのため、本製品はそれほどコストパフォーマンスが高いクッションとは言えないので、値段の安いクッションを探している方は注意して下さい。

ただし値段が安いクッションを購入しても、腰痛が悪化したら意味がないので、腰痛に悩んでいる方は本製品を検討してみる価値はあります。

利用者たちの口コミ

腰痛でも利用しやすいクッションでも、値段が高くなっているので、本当に価格以上の価値があるのか、心配になってしまう方もいるでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品はゲルを採用している上に、通気性が優れている事から、座り心地がよくなっている所を満足している方がいました。

実際に腰痛の方が利用しやすいクッションでも、座り心地が悪ければ、長い間に渡って利用する事が難しいです。

そのため、座り心地がよくなっているのは、本製品の大きな魅力です。

そして本製品は低反発クッションを採用しているのに、弾力が優れている所を気に入っている方もいました。

そのため、他の低反発クッションが身体に合わなかった方でも、本製品を試してみる価値はあります。

悪い口コミ

本製品は凹凸形状になっている事から、少し目立ちやすいデザインをしています。

そのような形状をしているので、職場では利用しづらく感じてしまう方がいました。

そのため、周りの方たちの視線を気にしやすい方は、注意したほうが良いです。

そして本製品はゲルを採用している事から、このクッションを利用していたら、少し冷たく感じてしまう方もいたのです。

実際に腰を冷やしてしまえば、血行不良に陥ってしまうので、疲労物質が溜まりやすくなってしまう事から腰痛が悪化する可能性があるので注意して下さい。

まとめ

本製品はゲルを採用している事から、体圧を分散できるので、必要以上に腰が沈み込まないように作られています。

そのため腰痛の方でも利用しやすいクッションですが、腰が冷えてしまうケースもあるので注意しなければいけません。

そのようなクッションなので、冬場の季節に腰の痛みが強くなる方は、本製品の上に薄いバスタオルを敷いたほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション